So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

4月22日(日)ドキュメンタリー映画「スカーレットロード」を観る [現代の性(一般)]

4月22日(日)

渋谷・代官山「アマランス ラウンジ」で、映画「スカーレットロード(Scarlet Road)」(Catherine Scott監督、2011年、オーストラリア)を観る。

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の女性セックスワーカー、レイチェル・ウオットンの活動を中心に描いたドキュメンタリー・フィルム。

レイチェルは、セックスワーカーと障害者を結ぶ「タッチング・ベース」を立ち上げた活動家で、大学院に学び博士号を目指しているポジティブでアクティブな30代半ばの女性。
スカーレットロード2.jpg
↑ セックスワーカーの権利運動の象徴である赤(スカーレット)のアンブレラをもつレイチェル。

映像は、世界を股にかけるセックスワーカー活動家としてのレイチェルとその同志たち、恋人、そしてレイチェルの顧客である障害者とその家族を、たんたんと描いていく。
何か大きなトピックがあるわけでもないが、顧客の望みを時間をかけて聞き出し、そのセクシュアル・ファンタージーに応えていくレイチェルの丹念で誠実な仕事ぶりがリアルに描かれていて、飽きさせない。
スカーレットロード1.jpg

日本のセックスワーカーが置かれている現状、あるいは「障害者の性」の状況と比較すると、あまりの違いにショックを受ける。

とは言え、オーストラリアもセックスワークが自由化されているのはニューサウスウェールズ州だけで、他の州ではさまざまな規制があり、セックスワーカーへの抑圧が続いている。
レイチェルが、全オーストラリアのセックスワーカー団体のネットワーク組織「スカーレット・アライアンス」の活動にも力を入れているのは、そうした状況があるからだ。

とても良い映画だと思うし、なによりレイチェルの人間性が魅力的だ。
もっと大勢の人に観てもらいたいが、日本の現状ではなかなか難しい部分があるとのこと。

フィルムを提供してくださったSWASH代表の要友紀子さん、上映会を企画してくださったEdoさん、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

4月21日(土)「現代風俗研究会 東京の会」第19期「新風俗学教室」(第4回) [お勉強(研究会)]

4月21日(土)  晴れ  東京  26.0度  湿度53%(15時)

15時10分、明治大学(駿河台)へ(10分遅刻)。
「現代風俗研究会 東京の会」第19期「新風俗学教室」第4回に出席。

報告は、安城寿子さん(服飾史家)の「五輪ユニフォーム考-2000年シドニーオリンピック日本代表選手団公式服装「虹色マント」とは何だったのか?―」。

歴代のオリンピック日本選手団「公式服装(開会式用ユニフォーム)」の中で「ワースト1位」として知られる2000年シドニーオリンピックの虹色のマントに注目するとともに、「公式服装」の歴史的変遷をたどった報告。

語られていそうで語られていない服飾史で、とても面白かった。

日本選手団「公式服装」でお馴染みの上が赤、下が白の日の丸カラーは、1964東京オリンピックから採用。
1964東京.jpg
通説では、服飾デザイナー石津謙介(1911~2005)のデザインとされているが、まったくの誤りで、実際は東京神田で洋服店を営んでいた望月靖之(1910~2003)のデザイン。
ちなみに、当初、JOCは赤いブレザー(を男子選手・役員が着ること)に強い何色を示した。
https://news.yahoo.co.jp/feature/342

2000シドニーオリンピックのレインボーカラーのポンチョは、NUC(日本ユニフォームセンター)のデザイン。
2000シドニー五輪.jpg
選手個々に似合うかどうかより、選手団全体のカラフルさが優先されたのではないか? 
ポンチョの採用も色が使える面積が広いからではないか?

いずれにしても発想が変。

現在だったら、LGBTの連帯を示すレインボー・フラッグがすぐに連想されるが、2000年当時、デザイナーもJOCの幹部もまったく知らなかったと思う。
しかし、欧米や、オーストラリア(シドニーは世界最大級のLGBTの祭典「マルディグラ(MARDI GRAS)の開催地)の人は気づいていたはず。
そう思うと、無知を露わにしたという点で余計に恥ずかしい。
nice!(1)  コメント(0) 

4月20日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第2講「「性」と身体 ―性分化の仕組み―」 [お仕事(講義・講演)]

4月20日(金)  晴れ  東京  26.4度  湿度29%(15時)

8時半、起床。
朝食はグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_1132.JPG
11時10分、家を出る。
IMG_1133.JPG
長袖では暑い。

東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
12時20分、明治大学和泉キャンパスに到着。
今日は乗り継ぎが良くなかったので、通勤時間1時間10分。
IMG_1136.JPG
事務室に寄って、履修状況を確認。
履修登録期間が終わって170人とのこと。
教室は178人定員なので、なんとか収まる。
あとは、履修変更期間に増えないことを願う。

レジュメは180部、印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
IMG_1134.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
第2講は「「性」と身体 ―性分化の仕組み―」。
1 生物学的性(身体的性) セックス(Sex)
 (1) 生物学的性の要素
  ① 遺伝子の性 
  ② 染色体の性
  ③ 性腺の性
  ④ ホルモンの性
  ⑤ 内性器の性 
  ⑥ 外性器の性
  ⑦ 脳の性 
  ⑧ 身体外形(第二次性徴)の性  
 (2) 「イブ原理」-性分化の仕組み-
2 性分化疾患(DSD)/インターセックス(Intersex=IS)
3 ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)

メインの内容に加えて「受精と妊娠の仕組み」や「女性ホルモンと月経周期」など基礎的なことを解説していたら、少し時間が足りなくなってしまった。

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
今日の出席者は160人ほど。
コメント票の整理。

15時50分、辞去。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

4月19日(木)いろいろ執筆 [お仕事(執筆)]

4月19日(木)  晴れ  東京  22.2度  湿度57%(15時)

体調イマイチ。
全身がだるく、眠気。

それと左足の脹ら脛から足首にかけて痛みがある。

夜中、依頼されたばかりの月刊『We learn(ウィラーン)』(日本女性学習財団)の巻頭言「LGBT運動とジェンダー」(800字)を書く。

NHKの別府温泉イベントのリーフレットに載せる文章(400字)を書いて送る。

月刊『女性&運動』(新日本婦人の会)の連載「人の数だけ「性」がある」第1回「性の多様性は必然的」のゲラをチェック(初校なしでいきなり最終校)して返送。

疲れた。
明日は講義日だから、寝ます。

就寝2時。
nice!(1)  コメント(0) 

霧島連山・硫黄山が噴火 [地震・火山・地質]

4月19日(木)
えっ? 同じ霧島連山でも、新燃(しんもえ)岳でなく、硫黄山が噴火!

地学マニアなら、新燃岳や硫黄山がある加久藤カルデラの破局的巨大噴火をテーマにした小説『死都日本』(石黒耀著、講談社、2002年)をご存じのはず。
どうしても、それを連想してしまう。

NHKの写真。
霧島・硫黄山(20180419)2.jpg
NHKの中継画像。
霧島・硫黄山(20180419)).jpg

---------------------------
【噴火速報】
<霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で噴火が発生>
発表日時 19日15時43分
対象火山:霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)

nice!(1)  コメント(0) 

イタリア料理「バール・デルソーレ・武蔵小杉」 [日常(料理・食べ物)]

4月19日(水)
(続き)
19時、東急東横線武蔵小杉駅改札で「おなかがすいたにゃあ」と鳴いている家猫さんを拾って「ららテラス」のイタリア料理「バール・デルソーレ」へ。

突き出し。
180418-3 (1).JPG
季節野菜のバーニャカウダ
180418-3 (3).JPG
ゼッポリーネ(海苔入り揚げパン)
180418-3 (2).JPG
牛スジの赤ワイン煮込み
180418-3 (4).JPG
しらす、ボッタルガ(イタリアのカラスミ)春キャベツのパスタ
180418-3 (5).JPG
オレンジタルトとエスプレッソ
IMG_1121.JPG
ああ、おいしかった。

21時、帰宅。

1時間ほど仮眠。
お風呂に入って、髪と身体を洗う。
夜中、メールのお返事書き。

就寝、4時。

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりに「オカマルト」へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月19日(水)
(続き)
水曜日は隔週で16~18時に渋谷で整体マッサージを受けるのだが、今日は予約の都合で14~16時だった。

そこで、思い立って東京メトロ副都心線に乗り新宿三丁目駅で下車。

超久しぶりに、二丁目「新千鳥街」の「オカマルト」へ。
IMG_1114.JPG
ミルクティーを飲みながら、店主のマーガレットさんやお客のEdoさんと、いろいろ情報交換プラス、楽しみな新企画が立ち上がる。

2時間弱の滞在だったが、有意義な時間だった。

18時10分、辞去。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

4月18日(水)さよなら「富士商業ビル」 [日常(通院)]

4月18日(水)  雨のち曇り  東京  14.7.度  湿度91%(15時)

12時、起床。
珍しく1時間寝坊。
大急ぎで身支度
13時、家を出る。
東急東横線で渋谷へ。
昼食は、「しぶそば」で「季節のおすすめ天そば」(530円)。
IMG_1108.JPG
まったく同じ物を渋谷本店で食べると武蔵小杉店より50円高い。
ちなみに、今まで不明だったお魚は北海道産のチカであることが判明。

渋谷駅西口、JR線路の西側・国道246号線の南側のブロックの再開発が近々始まる。
IMG_1109.JPG
JR線の東側(渋谷川沿い)はすでに超高層ビルになっているが、古い雑居ビルが立ち並んでいる西側(桜丘町2丁目)も、いずれ2棟の超高層ビルに生まれ変わる。
IMG_1110.JPG
IMG_1111.JPG
ということで、それらの雑居ビルの1つ「富士商業ビル(1971年竣工)」5階にあった「東洋気功整体院」も立ち退き。
IMG_1112.JPG
今日がこの場所での最後(近くのビルに引っ越し)。
IMG_1113.JPG
この古いビルに何年通ったのだろう?と思って「日記」を調べたら、2013年4月からで、ちょうど5年。

14時過ぎ、いつものようにY先生に施術してもらう。
上半身(首・肩)が意外に凝っている。
右足の状態(痛み・痺れ)ばかり気にしていたら、左足の状態も良くない。
とくに脹ら脛の凝りがひどく、解されて激痛。
お陰で、だいぶ循環が良くなった感じ。
15時45分、辞去。

さよなら「富士商業ビル」。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

満遍なく増えている [お仕事(講義・講演)]

4月17日(火)

夜中、コメント票の整理。

あれほど「友達を連れてこないように」と言ったのに、連れてきたのはどのクラスだ?と思って調べたら、突出して増えているクラスはなくて、ほぼ満遍なく「連れてき」ていた・・・。

他学部からの履修が過去最高になりそう。
いよいよ悪名が他学部にまで及んだか。

-------------------------------------------------------
3年
1組(日本文学)  26→ 27
2組(英米文学)  15→ 18
3組(独文学)   12→ 14
4組(仏文学)    7→ 10
5組(演劇学)   12→ 15
6組(日本史学)  25→ 26
7組(アジア史学)  4→  6
8組(西洋史学)  18→ 19
9組(考古学)    8→ 11
10組(地理学)    3→  7
12組(文芸メディア)18→ 18
13組(臨床心理学) 31→ 36
14組(現代社会学) 29→ 30
4年        37→ 38
他学部       10→ 15
合計       255→290
nice!(1)  コメント(0) 

かつおのお刺身がおいしい [日常(料理・食べ物)]

4月17日(火)
(続き)
自宅最寄り駅の「ドトール」で休憩。
IMG_1105.JPG
残りレジュメの整理」。
19時40分、帰宅。

夕食は、お刺身(かつお、石鯛)。
IMG_1106.JPG
かつお、美味。

天麩羅の残り。
IMG_1107.JPG

ちょっと疲れてしまい、食後、1時間ほど仮眠。
お風呂に入って温まる。
夜中、コメント票の整理など。

就寝、4時。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -