So-net無料ブログ作成

2014年(上半期)の仕事 [お仕事(講義・講演)]

7月31日(木)
あわただしい日々が続き、「2014年(上半期)の仕事」をまとめるのを忘れていました。
1カ月遅れでまとめましたが、忙しかった7月の分は入っていません。

【執筆】は、形になったのは「(一般社団法人)現代風俗研究会」の「東京の会」の研究誌『現代風俗学研究』15号に載せていただいた「『着物趣味』の成立」だけでした。
私にとって最初の着物文化論の論文になりました。
秋には「『台記』に見る藤原頼長のセクシュアリティの再検討」が倉本一宏国際日本文化研究センター教授編の『日記・古記録の世界』(思文閣出版)に掲載される予定です。

【講演・講義・研究報告】は、ルーチンの講義に加えて、学会報告など3回、ゲスト講義4回、研究報告1回と、まずまず充実していました。
なんといっても2月の「WPATH 2014 Symposium in Bangkok」は、久しぶり(9年ぶり)の大きな国際学会への参加で、いろいろな意味で大きな刺激になりました。
また、6月の第110回日本精神神経学会学術総会でお話しできたことも、うれしかったです。
学会やゲスト講義でお世話になった方々にあらためて御礼申し上げます。
しゃべる仕事は、スケジュール的に可能な限り、お引き受けしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------
【執筆】
4月 「『着物趣味』の成立」
  (『現代風俗学研究』15号 現代風俗研究会 東京の会 2014年3月  P54~70)

【講演・講義・研究報告】
1月16日 早稲田大学理工学部「越境する文化」ゲスト講義
 「トランスジェンダーと社会」

1月22日 恵泉女学園大学(稲本万里子教授)特別講義
 「絵から考える 江戸時代のジェンダーとセクシュアリティ」
 「性別越境の文化」「衣服とジェンダー&セクシュアリティ」

2月3日 群馬大学医学部「医の倫理学 講義・実習」(服部健司教授)ゲスト講義
 「性同一性障害」問題を考える-過剰な病理化がもたらしたもの-」。
 「(アメリカでは)「性同一性障害」がなくなった―精神疾患の分類と診断の手引(DSM)」の改訂をめぐって―」

2月15日 「WPATH 2014 Symposium in Bangkok」、UNDP(国際連合開発計画)、UNAIDS(国際連合エイズ合同計画)、WHO(世界保健機関)、UNWOMAN(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)支援スペシャルセッション・シリーズ(連続シンポジウム)「Trans People in Asia and the Pacific」
「Asian and Pacific trans community leaders working in health and rights」報告
 「The transgender history of Japan」
 http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-20-3

3月29日 Dr. Sam Winter(香港大学)来日記念シンポジウム
「『性同一性障害』という疾患概念の行方」(慶應義塾大学・三田)報告
 「『Trans People in Asia and the Pacific』シンポジウム報告」

4月20日 関西性慾研究会(2014年第2回:京都・井上章一先生室町別邸)研究報告
 「東京・新宿の『青線』について(1)」

5月31日 専修大学商学部(2部)「総合科目Ⅳ」(久米晶文講師)ゲスト講義
 「私の軌跡―新宿歌舞伎町の女装ホステスからトランスジェンダー研究者へ―」
 「性別越境の文化―『双性原理」を考える―」

6月28日 第110回日本精神神経学会学術総会委員会シンポジウム(パシフィコ横浜)
 「性同一性障害の概念と精神医学の関わりを再検討する-DSM-5 の発表を受けて-」報告
 「精神医学の外側から見た性別違和と異性装」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-06-29-1

1月14日~21日 都留文科大学「ジェンダー研究1」(2回)     
4月15日~6月24日 明治大学「ジェンダー論」講義(10回)
4月17日~6月26日 東京経済大学「ジェンダー関係論」講義(11回)

【参照】
2013年(下半期)の仕事
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-29
2013年(上半期)の仕事
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-07-06
2012年(下半期)の仕事
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2012-12-29-2
2012年(上半期)の仕事
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2012-12-26-3
2011年(下半期)の仕事
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2012-12-26-2
2011年(上半期)の仕事
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2012-12-26-1
2010年の仕事
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2012-12-26
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

三橋順子

大口さんから、いただいたコメント。
メールアドレスを削除して再掲します。
------------------------------
三橋様
長年、勝手に「たそがれ日記」を読ませていただいているものです。
そのお礼にもならないのですが、最近分担執筆した『ジェンダー史』(山川出版社刊)をお送りしたいので、よろしかったら宛先をご指定ください。
出講されている大学とも思ったのですが、前期は終わってしまったようなので、この欄を借りてお訊ねする次第です。
by 大口 (2014-07-31 23:20)
by 三橋順子 (2014-08-02 14:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0