So-net無料ブログ作成
検索選択

「イスラム国」で拘束された湯川遥菜氏の前歴と性別 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月19日(火)
「イスラム国(IS)」支配地域(シリア北部)でスパイ容疑で拘束され安否不明になっている「民間軍事会社」代表の日本人男性、湯川遥菜氏の前名が湯川正行氏であり、幕張にあった「ミリタリーショップ日高屋」の経営者だったことが判明した。
http://web.archive.org/web/20041109054940/http://www.hidakaya-int.jp/co/index.html
この店は、1997年の創業でサバイバルゲーム関係ではかなり知られた店だったが、経営不振になり2004年頃に閉店(経営権譲渡)している。
民間軍事会社「PMC」(=Private Mlilitary Company)の代表(CEO)の前身は、軍事オタクにモデルガンなどを売る模型屋のオヤジだった。
それ自体は、すごい「出世」なのだが・・・。

以下は、彼のブログの記述からの推測だが、事業に失敗した後、2007~08年頃、男性器切断(自己去勢)による「自殺」を図ったものの、死にきれずに救命される。
その時、「(自殺に)失敗した時は女性として生きようとも思っていた」そうで、女性として生きようとして本名の「正行」から女性的な「遥菜」に改名したと思われる。
その際、女性的な名前に改名するための診断書をもらうために、性同一性障害関係のクリニックを受診している可能性が有る。
しかし、女性として社会適応ができず、「遥菜」という女性的な名前のまま男性としての生活に戻ったのだろう。
現状は、戸籍上の性別は男性のまま(パスポートの記載で確認)、本名は女性的な「遥菜」(パスポートの記載で確認)、身体は男性器(陰茎&睾丸)欠失状態(本人のブログから)と思われる。
造膣手術など性器外形の女性化はしていないと思われる(憶測)。

社会逃避的な動機で衝動的に性転換を図り、転換後の性別での社会適応に(当然のことながら)失敗した事例と考えられる。
サバイバルゲームレベルの知識・技量でシリア紛争地帯に入るという今回の無謀な行動と一脈通じるものを感じる。

ブログによると、彼は自らを「男装の麗人」川島芳子(1907~48年)の生まれ変わりと考えているようだ。
そのことと、彼の自己去勢とは関連があるのだろう。
ただ、「男装の麗人」に憧れたから自己去勢して女になろうとしたのか、自己去勢して男性器を失ってから「男装の麗人」にあこがれたのかは、わからない。
もし、彼が「イスラム国」でスパイとして処刑されてしまったら、国民党政府に「漢奸」として銃殺された川島芳子の最後と同じになってしまう。
私としては、そうはなって欲しくないが・・・。

それにしても、まさかこの問題に性別転換問題が関わってくるとは思いもしなかった。
最初の報道で「ユカワハルナという男性」と聞いた時、男性にしては珍しい名前だなと思った。
その疑問は、「ハルナ」が「遥菜」と書くことを知って強まった。
言うまでもなく「菜」で終わる名前は1990年代以降に流行する女性名だからだ。
そして、Face Bookの彼の写真を見て、ピンと来るものがあった。
そこで、少し気合を入れて調べたら、彼のブログが見つかり、自己去勢(男性器切除)の前歴があることを知った。

「声優アイコ昏睡強盗事件」の容疑者もそうだが、最近、思いがけないところで性別転換問題が関わってくることが多くなったように思う。
近年、性別を転換する人がそれだけ多くなった(分母が増えた)ということなのかもしれないが、どうもそれだけではないような気がする。
私の感覚では「性別を拗(こじ)らせている人」が増えているのだと思う。
では、なぜ「性別を拗(こじ)らせている人」が増えるかというと、性同一性障害に関する情報・知識の流布の仕方に歪みがあることに原因があるのではないだろうか。
「性別を変更さえすれば、いろいろな問題が片付いて(リセットされて)ハッピーになれる」という幻想が、いつの間にか社会に広まっているのではないだろうか?
現実の性別の移行って、そんな生易しいものではないのだが・・・。

nice!(7)  コメント(42)  トラックバック(2) 

nice! 7

コメント 42

マミー

どこかに湯川さんが田母神さんや、自民党議員、外務省元大使などと写ってる写真がありましたが、日本軍をシリア辺りに投入するきっかけ作りとして使命でも受けたんですかね?
by マミー (2014-08-19 14:09) 

三橋順子

マミーさん、いらっしゃいま~せ。
それらの写真からいろいろ憶測している人もいますけど、もともとは模型屋のオヤジさんで、そんな大物じゃあないです。
田母神将軍にしても、自民党議員にしても、選挙に出る人は、他人とツーショットを撮るのも仕事(支持者拡大)の内ですから、あまり重く考えない方がいいと思います。
もし、田母神さんが湯川氏に重要使命を託したのだとしたら、相当にヤキが回ってます。
by 三橋順子 (2014-08-19 14:45) 

NO NAME

些細な事ですが、Privatで合ってますでしょうか?
by NO NAME (2014-08-19 15:14) 

三橋順子

ご指摘ありがとうございます。
スペルミスです。訂正しておきました。
by 三橋順子 (2014-08-19 15:28) 

A Horse with No Name

初めてこちらにうかがいました。新天地を夢見て、苦しい故国を脱出しても、移民の暮らしは楽じゃないということですね。ひとつの性から逃げ出しても、必ずしももうひとつの性への転換が果たせるものではないのだなと、なるほどと思いました。新しい性の側に何らかの受け入れ機関やサービス、プログラムなどが必要ですね。たぶん、あるんだろうとは思いますが。
やっぱり、目のまえの困難な現実から目を逸らし、目をつぶって飛び込むというのじゃ、それはただの勢いにしかならなくて本当の積極性にはなりませんよね。
また、読みにきますね。
by A Horse with No Name (2014-08-19 16:43) 

カナッペ

男性性器さえ切ればさえ切ればなんとかなる。
とりあえず中東地域に行けばなんとかなる。
同じ発想ですかね。
by カナッペ (2014-08-19 17:19) 

ひろし

佐世保もオナベだったしな。
by ひろし (2014-08-19 22:30) 

onion

やはりそういった過去があったのですね。
名前の違和感と肌の感じから、
なにかしら性に違和感を感じていた方なのだろうと思っていましたが・・
by onion (2014-08-19 23:16) 

パロディ

信じられない内容だなぁ。

by パロディ (2014-08-19 23:33) 

三橋順子

by A Horse with No Nameさん、いらっしゃいま~せ。
男性から女性へ、あるいは女性から男性に「移民」したとしても、周囲の扱いは変わりますが、その人の基本的な人格や能力は変わりません。
まあ、環境が変わったことで、人生が開けるということは有ると思いますが、何もかもが劇的に改善されるというのは幻想です。
by 三橋順子 (2014-08-19 23:41) 

三橋順子

カナッペさん、いらっしゃいま~せ。

はい、同じ発想を感じました。
そして、方法的に微妙に(かなり)頓珍漢なところも同じ・・・。
by 三橋順子 (2014-08-19 23:43) 

三橋順子

ひろしさん、いらっしゃいま~せ。
佐世保の少女は、現代の少女に多い「僕っ子」でしょう。
性別違和というより、明らかなサイコパスだと思います。
by 三橋順子 (2014-08-19 23:44) 

三橋順子

onionさん、いらっしゃいま~せ。
名前の違和感、肌の質感、脂肪の付き方・・・、最初に感じた違和感の原因はとりあえず説明がつきました。
by 三橋順子 (2014-08-19 23:46) 

三橋順子

パロディ さん、いらっしゃいま~せ。
>信じられない内容だなぁ
まあ基本資料が、彼のブログですからね。
嘘を書かれていたらどうにもなりません。
ただ、こう考えると、いろいろ説明がつくように思うのです。
by 三橋順子 (2014-08-19 23:48) 

ran

> 性同一性障害に関する情報・知識の流布の仕方に歪みがあることに原因があるのではないだろうか

だからこそ、精神科医が「門番」として、ちゃんと「鑑別」しなければという方向に行ってしまいそうです。。。(>_<)
by ran (2014-08-20 02:23) 

三橋順子

ranさん、いらっしゃいま~せ。
引用された部分、私はメディアの伝え方の歪みを意識して書きました。
確かに、こういう事例が重なると、精神科医による「鑑別」強化の必要性という方向は出てくるかもしれません。

私は、ゲート・キーパーの役割をするなら、もっとちゃんとして欲しいし、そうでないのなら、一切、フリーにした方がいいと思っています。
現状は、なんとも中途半端な気がします。

by 三橋順子 (2014-08-20 02:50) 

ユミ

三橋先生の推理、的確です。
最近、こじらせ系と言うか、なんちゃって性同一性障害の方が
多いのは、どうしてなのでしょうか?

また、自らの性器への嫌悪感から、切断に走った訳でもなさそうなのに、彼を性同一性障害の診断をするジェンダークリニックも
どうかと思います。
by ユミ (2014-08-20 20:02) 

にか

はじめまして。
湯川さんの写真と名前を拝見して、違和感を感じておりました。
失礼な言い方になってしまうのですが、腐刑の方や、宦官のような感じ・・・
無論、実際のそうした方に会った事も無いのですが、小説、伝記、映画・・等などで知ったイメージに、体格などが近しい気がしてなりませんでした。

こちらのブログを拝読し、推理とは言え、感心&得心いたしました。

by にか (2014-08-20 23:32) 

三橋順子

ユミさん、いらっしゃいま~せ。
>最近、こじらせ系と言うか、なんちゃって性同一性障害の方が
>多いのは、どうしてなのでしょうか?
やっぱり、性同一性障害が「流行病」になってしまったからだと思います。
今、「流行」だから自分も・・・という感じ。

>性同一性障害の診断をするジェンダークリニックもどうかと思います。
「自分で切断するくらい、性別違和が強かった」と主張されたら、医者もなかなか否定はできないでしょう。
性同一性障害の診断なんてそんなもんなんですよ、実は・・・。


by 三橋順子 (2014-08-21 02:10) 

三橋順子

にかさん、いらっしゃいま~せ。
>宦官のような感じ・・・
はい、感じわかります。
「類宦官」容貌という感じ。

清朝最後の皇帝(宣統帝)にして満州国初代皇帝の溥儀に仕えて「最後の宦官」と呼ばれた孫耀庭氏が亡くなったのが1996年。
本当の宦官に会った人って、これからどんどん少なくなっていくのだなぁ。

by 三橋順子 (2014-08-21 02:16) 

通りすがり

危険地帯に入るにはあまりにも
準備がなさすぎると感じていたが、
自殺に失敗したからといって
性転換するのも安易だと思う。
性同一性障害を舐めてないか?

通院歴もあるようなので
単純に性格だけの問題じゃないのかも
しれないが、根本的に考えが
浅い人であるように思える。
あまり人には理解してもらえないですね。
by 通りすがり (2014-08-21 09:59) 

しましま

こんにちは。
私はニュースで彼の事を知って以来、彼女では?とずっと思っていました。

元ネタとなるご本人のブログの信憑性はともかく、こちらのブログを拝見し、腑に落ちました。
ここ一週間ぐらいのわたしのモヤモヤを一蹴していただき、ありがとうございました。
by しましま (2014-08-21 14:44) 

三橋順子

通りすがりさん、いらっしゃいま~せ。
>根本的に考えが浅い人であるように思える
まあ、簡単に言ってしまえばそういうことです。
ペニス切断したから女として生活する、モデルガン売ってたから傭兵会社を設立する・・・、普通の思考では「そう簡単にいくものではない」と考えるわけですが、この方は「それでいける」と考えるようです。
でも、現実にはそう簡単にはいかない・・・。
by 三橋順子 (2014-08-26 21:46) 

三橋順子

しましまさん、いらっしゃいま~せ。
モヤモヤを晴らすお手伝いになったら、何よりです。

by 三橋順子 (2014-08-26 21:47) 

マッダーム

こんないい加減に生きてる人を救出するために、間違っても政府は身代金を払ってはいけない!
そもそもどんな理由であれ、戦場をなめている。
命がけでそこにいる人たちに対して失礼な!ビジネスで出かけて行くなど言語道断と思っていたが、知れば知るほど腹立たしい。
もういい。放っておいてあげましょう。

by マッダーム (2014-08-28 12:18) 

三橋順子

マッダームさん、いらっしゃいま~せ。
はい、「戦場をなめている」、その通りだと思います。
戦技訓練もしたこともない、軍務経験もない、戦場の現実も知らない、去勢男性が、いきなり「傭兵会社」を設立してシリアに行ってしまうことが、無謀極まりないです。
日本国が国民の税金で何10億円を払うような話ではないと思います。
by 三橋順子 (2014-08-29 00:14) 

志保里

初めまして。
最後の段「性別を拗らせている人」の行に共感を覚えました。
かくいう私も、性同一性障害という診断を受けて、生きながらえているものです・・・。その点では、「性別を拗らせている人」の中の一人なのでしょうけど。。。だけど、ご指摘の状況は、しばしば感じることがございます。そして、その当事者のみならず、大した知見もない人々が奇妙な見解や曲解を流布して、それが簡単に広がっちゃう環境を危惧しています。
by 志保里 (2014-08-31 16:37) 

三橋順子

志保里さん、いらっしゃいま~せ。
GIDの診断を受けて、望みの性別で前向きにしっかり生きている方は「性別を拗らせている人」ではないです。
FtMのはずなのに女装して昏睡強盗を働いたり、女性名に改名したのに髭面で傭兵ごっこしているような人は、かなり「拗れている」と思いますが。
いずれにしても、性別移行を安易に考える人が増えているような印象はありますね。
by 三橋順子 (2014-09-01 04:16) 

A.J.

またまた引用?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140929-00048829-toyo-soci&p=3

まあ三橋さんの意見は、すでに引用もとを示す必要もないくらいの、一般的社会通念として広がるということでしょうね。。
by A.J. (2014-09-29 14:08) 

三橋順子

A.J. さん、いらっしゃいま~せ。
ご指摘ありがとうございます。
ある方に言わせると、「無断引用はマスコミ業界の習い(習慣)」だそうで、学問世界の常識は通用しないみたいです。
by 三橋順子 (2014-10-03 01:06) 

あ

前はおばさんみたいな顔だったけど
イスラム国が公開した映像ではおっさんだなw
by (2015-01-20 23:04) 

三橋順子

あさん、いらっしゃいま~せ。
きっと、女性ホルモン剤が切れたのでしょう。
by 三橋順子 (2015-01-20 23:50) 

riki

↑なるほど!!!
by riki (2015-01-21 08:45) 

NO NAME

初めまして。湯川氏をググたら辿り着きました。
何だろう…無謀というか暴走を止める人が居なかったのかな?
拘束が報道されて、自己責任論者が祭り立て、数年前イラクで人質になり首を落とされた香田氏の事を思い出しました。
どんな人でも、同じ日本人が危害を加われるのは気持ちのいいものではありません。
無事に帰ってきて、たっぷりと説教ですね。
by NO NAME (2015-01-22 02:12) 

三橋順子

NO NAMEさん
心情的には、帰って来て欲しいですが、客観的に見て難しいかもしれませんね。
by 三橋順子 (2015-01-22 12:53) 

くるりんぱ

はじめまして。
関連記事をよかったらご覧ください^^

イスラム国日本人人質事件の報道されない?真相
http://hitodichi.seesaa.net/?1422093869
by くるりんぱ (2015-01-24 19:20) 

ザネ

初めてコメントを書きます。
結局、湯川さんは、オカマですか?
by ザネ (2015-01-24 22:17) 

三橋順子

「オカマ」という言葉は多義的なので、単純にはお返事できません。
彼のブログから判断すると、男性が好きなわけではないようです。
女性になりたい気持ちはあったように思いますが、自殺する方法として、完全去勢(陰茎・睾丸切断)という方法を選択するのは、かなり珍しいことで、性同一性障害より統合失調症的なものを感じます。
by 三橋順子 (2015-01-24 23:07) 

フジム

軍事ヲタクと戦場ジャーナリスト、同列に扱う日本のマズゴミも あれれ〜〜〜な感じですね。
日本も集団的自衛権を行使する国になれば、テロの対象となる日が来るかもしれません。隣国に、ならず者国家が3国もある日本ですから。
by フジム (2015-01-26 09:48) 

ちびっこ野間

素人のミリタリーオタクだろ!アホだろ!しかし、自衛隊経験無し!で傭兵会社設立?仕事依頼なんか全く来ないでしょ!実際、仕事依頼が無いから、経験を積む為に10日で身体を鍛えてシリア入り!10日で何が鍛えられるのかが不思議だ!陸上自衛隊経験有りの俺も簡単に殺されるのに、素人が傭兵?傭兵舐めすぎだよ!
by ちびっこ野間 (2015-01-26 21:03) 

優乃 悠

始めまして。

今回のイスラム国の事を調べていてここを訪問しました。

……びっくり!!!!!!

何となくだった違和感がスッキリしました。

また、読ませてください。

お邪魔しました。ありがとうございました。
by 優乃 悠 (2015-01-29 19:07) 

Kaoru-B

邦人人質関係のリンクをたどって来ました。情報収集・分析は流石だと思いました。
皆さんのコメントも読みながら思ったのは、「はやり病でも何でも、性自認に基づきトランスしたければすればいい。ただし、他人がどう扱ってくれるかは性他認次第。当事者の性自認を押し付けることはできない。」という事でした。
本当に性別違和に苦しみトランスするなら、その先をしっかり見据えて着実に歩を進め、幸せになって欲しいと思います。
その一方で、今回の件を含め、中途半端な気持ちで突っ走ってしまった人には、同情できないなと思うのです。
by Kaoru-B (2015-02-02 05:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2