So-net無料ブログ作成
検索選択

女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その8)ーゲイボーイの写真ー [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月21日(日)
1960~1980年代に活動したアマチュア女装の秘密結社「富貴クラブ」の写真コレクションを昨年(2013年)2月に関係者から入手し、整理作業をしている。
その内の主なものは、何度かこのブログで紹介してきた。
今回は、昨日、画像に取り込んだ大判アルバムに貼り込まれていた写真を中心に紹介する。
------------------------------------------------------------
(関連記事)
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その1)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-02-27-1
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その2)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-03-08-1
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その3)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-03-18
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その4)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06-1
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その5)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06-3
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その6)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-04-28
女装秘密結社「富貴クラブ」関係写真コレクション(その7)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-10-18
------------------------------------------------------------
fu6-3(上野「バラの館』一美ママ) (3).jpg
(fu6-3)日本髪&和装のゲイボーイ。
スタイルが良い美貌。
裏面に「上野『バラの館』ママ 一美」とある。
内装も新しく、開店して間もないのかも。
写真の画質から1970年代の撮影だろうか。
上野にあった「バラの館」については未詳。
また調べなければならないことが増えた。

fu6-9(新宿二丁目「クラブ竹」・おとめ) (3).jpg
(fu6-9)和装のゲイボーイ。
長身だが女性的な容貌。
首がすっきり伸びて肩が下がっているポーズは、女形の修業をした人を思わせる。
細かいた立湧縞の着物も品が良い。
『風俗奇譚』1964年4月臨時増刊号掲載の西塔哲「新宿のメケメケ・バー」に同じ写真が掲載されていて、新宿「千鳥街」にあったゲイバー「クラブ竹」の「おとめ」ママであることがわかる。
「千鳥街」は新宿御苑の北にあった飲み屋街で、1965~1968年頃に「御苑大通り」の延長で立ち退きになり姿を消した。
「クラブ竹」の詳しい所在地は判っていない。
詳しくは下記を参照されたい。
三橋順子「新宿『千鳥街』を探して(その1)」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-05-05-1
三橋順子「新宿『千鳥街』を探して(その2)」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-28

fu6-35(千鳥街「ジミー」ジミー) (2).jpg
(fu6-35)洋装・美青年系のゲイボーイ。
前掲の西塔哲「新宿のメケメケ・バー」のトップに同じ写真が掲載されていて、「ジニーの悩艶ポーズ」とキャプションがついている。
ジミーは、新宿「千鳥街」にあったゲイバー「ジミー」のマダムで、本文には「新宿の草分け的存在ばかりでなく、十年衰えを見せない美貌」と評されている。
「ジミー」の詳しい所在地は判っていない。

fu6-8(大阪「炎」梨絵子ママ) (2).jpg
(fu6-8)和装のゲイボーイ。
『風俗奇譚』1965年2月号の「女装紳士録」に同じ写真が掲載されていて、「梨絵子 トリスバー並の値段で安心して飲める庶民的な店『炎』(大阪福島区仲江町)のママさん」と説明がある。
「大阪市福島区仲江町」は現在の此花区吉野2丁目付近か(中江公園がある)。
こういう庶民的な小さなゲイバーは、今となってはほとんどわからない。

fu6-19(「ナルシス」エリ子) (2).jpgfu6-21(「ナルシス」ユミ) (2).jpg
大阪の若い美人ゲーボーイ
左(fu6-19)の裏面に「エリ子」とあり、、右(fu6-21)の裏面には「ユミ」とある。
『風俗奇譚』1965年4月臨時増刊号掲載の西塔哲「『美女』のいる酒場」に同じ写真が掲載されていて、大阪の高級ゲイバー「なるしす」のホステスであることがわかる。
それぞれ「あどけない感じのえりさん」」「近代的魅力にあふれるユミさん」と説明されている。

「なるしす」は、1965年1月にそれまでの南区坂町から、千年町の五階建てのビルに引っ越して新装開店した。
fu4-48(大阪「ナルシス」ママひとみ)  (2).jpg
(fu4-48)は、その「なるしす」のひとみさん。
高級感あふれる紗の着物(盛夏用)を艶やかに着こなして大貫禄。

このコレクションの持主(女装秘密結社「富貴クラブ」の西塔哲会長と推定)は「なるしす」がお気に入りだったようで、同店関係の写真が多い。

今回は、あえて雑誌掲載のゲイボーイの写真を中心に取り上げたが、1960年代に撮影されたこの種の写真の原版が残されていたことが貴重。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

通りすがり

申し訳ございません…「なるしす」のママは創業以来ずっと順子ママです…
順子ママは美貌の人というよりも話芸の達人でした。
底の抜けた面白さで…他の追随を許しませんでした。
この方の情報が誤って後世に伝えられるのがつらくてコメントしております…
「なるしす」は順子ママのお店です。
by 通りすがり (2016-09-03 00:30) 

三橋順子

通りすがりさん、ご指摘ありがとうございます。
情報に混乱があるのかもしれません。
ご指摘を踏まえて、最低限の修正は施しました。
今後、さらに調べてみます。

by 三橋順子 (2016-09-03 01:28) 

通りすがり

有り難うございます。
by 通りすがり (2016-09-03 10:45) 

Allora

文中の「ジミー」は僕の叔父で、体をこわし名古屋の姉(僕の母)が引き取り、昭和57(1982)年に49歳で亡くなっています。
諸事情で僕が小1から中2まで育ててもらって、店にもちょくちょく子供ながら開店前などに出入りしてました。
昭和医大中退で、寺山修二さんの天井桟敷に毛皮のマリーだったかで出演したり華やかな時代もありましたが、本人にとって晩年は寂しいものだったと思います。
長文失礼。
by Allora (2017-06-18 20:45) 

三橋順子

Allora さん、貴重な情報と思い出、ありがとうございます。
1982年に49歳ということは、1933年頃の生まれということになり、ご健在でもおかしくないわけですが、壮年でお亡くなりになったこと、残念です。
お元気なころの写真を私が入手したのも、何かのご縁、ご冥福をお祈りいたします。
by 三橋順子 (2017-06-19 02:08) 

Allora

僕のブログ読んで下さりありがとうございました。
叔父ジミーの生きた痕跡がどこかにないか探して三橋さんのブログ記事を見つけました。
ジミーについて語りだしたらきりがないくらい、僕の中では大きな大事な存在です。
おっしゃるように何かのご縁があったわけで、冥福を祈って下さりジミーも感謝いていることと思います、重ねて御礼申し上げます。
by Allora (2017-06-19 15:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。