So-net無料ブログ作成

「目が怖い」おじさんの思い出 [日常(思い出)]

8月27日(木)

「山口組、分裂か?」のニュースを見て思い出したこと。

シノギに余裕があった頃のヤクザは、行動様式的にそれなりに「面白い」人たちだったと思う。
もちろん、直に付き合わずに、一定の距離を置いて見ていた場合だが。

10年ほど前、地元(目黒)の行きつけの居酒屋のカウンター関西弁のおじさんが話しかけてきた
「神戸から東京支店の開設準備のために単身赴任してきた金融業者」という自己紹介だったが、外見や話の内容から「菱の代紋系の街金が東京進出する先兵」なのは明らかだった。

出会う度に適当におしゃべりしたり、「街金」の仕組みを尋ねたりしていたが、3回目か4回目の時に「新宿のニューハーフがいる店に連れてってくれ」と頼まれた。
聴けば、関西時代にはキタやミナミのその系統の店でよく遊んでいたらしい。
「なんだ、 私に声をかけてきたのも、そういうことか」と納得した。
仕方がないので懇意な店に電話して、ママに「これこれで、どう見てもやーさんなんだけど、連れてっていい?」と確認すると、「いいわよ、ウチの店、そういうお客さん、何人も来るから」という返事。

で、案内することになった。
豪勢なことに目黒から新宿までタクシーに乗り、新宿区役所通りの入口で降りて、連れだって店に向かった。
当時の歌舞伎町区役所通りには客引きがたくさんいたのだが、私たちには誰も怖がって声をかけてこない。

そしたら、そのおじさん「新宿の客引きはなんで声をかけて来んのや? 姐さん、あんた相当に有名なんやな」と言った。
「あんたの目が怖いからやろ!」と、関西漫才風に思いっきりツッコミを入れたかったが、やっぱり怖いので止めた。

ほぼ1年後、私の携帯に「仕事のかたがついたので神戸に帰ります。良い店、紹介してくれたおかげで、寂しい東京生活の気が紛れた。ありがとさん」とメールが入っていた。

今、どうしているかな。
あの頃、50年配だったから、もう足洗って、引退しているかな。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

スクルー

姐さんコンバンワ。
分裂するのは菱だけじゃなく稲★会もだそうですよ。
どうも神戸と合同するみたいです。
原因となったK道会も、県警とツルんでいる一派との分裂とか。
なんで急にと思いますが、福島の除染利権、沖縄やオリンピックの建設特需を巡る砂利利権なんかで対立があったみたいです。それを陰で仕組んでいるのが、ユダヤ系金融グループと協力者のCIAでしょう。
韓国の離反が明らかになってきた昨今、日本の三権へのコントロールを強化する為には、邪魔になる半島系の利権はできるだけ潰しておきたいんじゃないでしょうか。
特に行政立法関係の大半はこの利権のおこぼれにすがって狗みたい扱われてますからね(苦笑)。
やはり、東アジアでの地域紛争~日本内戦は規定路線なんでしょうか?不安が募ってきます。
by スクルー (2015-08-28 22:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0