So-net無料ブログ作成

『月刊すばる』LGBT特集のインタビュー [お仕事(出演・取材協力)]

5月31日(火)
(続き)
17時少し前、神田神保町三丁目の「集英社」へ。
IMG_8042.JPG
何度も前を通っているが、中に入るのは初めて。

『月刊すばる』の「LGBT特集」のインタビューを受ける。
インタビュアーは外山雄太さん。
昨年3月、『朝日新聞』の原田朱美記者の紹介で知り合った方。
ご縁が形になってうれしい。

最初に撮影。
簡単な撮影かと思ったら、ちゃんとプロのカメラマンが待機していて、まず室内で、さらに、屋外に出て撮影。
着物、着てきてよかった。

その後、2時間半ほど、「わたしの光となった表現」というテーマであれこれしゃべる。

まず、1980年代までに青年期を過ごした私の世代は、そもそも世の中に性別越境についての情報が乏しく、それを見つける(実際には、偶然、出会う)ことがたいへんだったことを話す。
「性別違和」という自分の状況を説明する言葉も、「性同一性障害」という概念も日本には入っていなかった。
そんな状況の中で「自分を見つける」導きになった書籍として、
(1)存在への気づき、(2)「成りたい」自己イメージの形成、(3)自己肯定化の理論、という観点で、以下の3冊を挙げた。

(1)土田ヒロミ撮影『青い花ー東京ドールー』(世文社 1981年)
1970年代の東京の(女装の)ゲイボーイを主題にした写真集。
『青い花』1(2).jpg
『青い花』2(2).jpg
トランスジェンダー的な人をテーマに撮影した日本最初の写真集。
たまたまスポーツ新聞に出ていた小さな記事を見て知っていたのだが、2800円という価格もあって、なかなか入手できず、数年後、神保町の古本屋であまり状態の良くない本をやっと手に入れた。
性別を越えて生きる人たちが、ファンタジーではなくこの世の中に「現実に存在としているのだ」ということを確実に認識した意味で、私に大きなインパクトを与えた。
現在、古書店価格は10000円を超え入手困難とのことで、「エリザベス会館」の先輩の愛蔵本(遺品)を持参。

(2)館 淳一『ナイロンの罠』(ミリオン出版 1983年)
『ナイロンの罠』(1983年).jpg
姉と義兄の手で女性化されていく男子予備校生のお話。
読んだのは、初出の『別冊SMスナイパー』1980年11月号。
「ナイロンの罠」(1980年).jpg
当時、25歳だった私のセクシュアル・ファンタジーの形成に多大な影響を与えた作品。
現代のLGBTは、セクシュアルなことを公の場で語ろうとしない人が多くなっているが、私は自己形成という面でセクシュアル・ファンタジーはとても重要だと思っているので、あえて語った。

なお、「ナイロンの罠」をめぐる館淳一さんとの出会いは下記。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-06-16-1

(3)渡辺恒夫『脱男性の時代ーアンドロジナスを目指す文明学ー』(勁草書房 1986年)
『脱男性の時代』(1986年).jpg
抑圧された男性の問題解決の出口を「脱男性」に求め、女装、性転換、アンドロジナス(両性具有)の世界を探求し、文明の中に肯定的に位置づけた評論集。
現在ではすっかり忘れ去られているが、日本におけるトランスジェンダリズムの原点。
私が女装者として自己肯定していく過程で、理論的な面で大きな影響を受けた。

分量的に全部は載らないだろが、外山さんがどうまとめてくれるか、楽しみだ。

今日は、体質的に苦手な蒸し暑さの中、レジュメ1800枚(2回分)印刷して、1時間半講義して、1時間半事務処理して、その後、3時間ほどインタビューを受けるという、高齢者にはきつい労働で、かなり疲労困憊。

21時、自宅最寄り駅前の「ふくや」で、遅い夕食。
IMG_8044.JPG
↑ 玉子カツ丼(1000円)
大好物なのだが、あまりに消耗していて、味がよくわかならい。

22時、帰宅。
足がもつれてふらふら。
右足が何度も攣ってしまい、ビタミンB1を補充してもなかなか直らない。
1時間ほど経って、やっと薬が効いて、普通の状態になった。

お風呂に入って温まる。

疲れているのに、なぜか眠くならない。
夜中、調べ書き。

4時、就寝。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

たん

常に性的マイノリティみんなで活動しなけばならないという風潮のおかげで、セクシュアルな話をするのはLGBTの中のマイノリティ(アセクシュアルなど)を傷付けるからするなっていう人が最近多いのです。

具体的なセクシュアルな話が出来ないので、セクシュアリティに関するセルフイメージを、細かくセクシュアリティを分類することで埋めている、そんな風潮を感じます。
by たん (2016-06-01 20:39) 

ルクス

足攣り多いようですね。^^
脱水や疲労なら水分補給や足を休める、体質的なモノやホルモンバランスなどからなら
漢方の芍薬甘草湯、または小林製薬のコムレケアが効きます。私もよく足攣るので、ジャケットのポケットに、いつもコムレケア入ってます。




by ルクス (2016-06-02 01:58) 

三橋順子

たんさん、いらっしゃいま~せ。

なるほど、アセクシュアルへの気配りなんですか・・・。
そうなると、トランスジェンダーだけでなく、ゲイもレズビアンも、自らのセクシュアリティを語らなくなりそうですね。

自らのセクシュアリティを語らないセクシュアル・マイノリティって、いったいなんなんでしょうね。
by 三橋順子 (2016-06-02 02:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0