So-net無料ブログ作成

尾が短い原因遺伝子解明=日本猫が祖先の品種で [日常(花・街・山・猫・蝶)]

8月31日(水)

猫のタイプ分化の解明において重要な発見。
特に、和猫好きには・・・。

------------------------------------------------------------
尾が短い原因遺伝子解明=日本猫が祖先の品種で-中国・北京大チーム

【8月26日 時事通信社】日本猫が祖先で、1960年代から米国で繁殖が始まった品種「ジャパニーズボブテール」の尾が短い原因遺伝子を解明したと、中国の北京大チームが26日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。この遺伝子「HES7」は、人間の場合は変異があると誕生時から脊椎や肋骨(ろっこつ)に異常が生じる。

一方、英マン島に古来生息する猫「マンクス」の尾がなかったり極端に短かったりするのは、「Tボックス」と呼ばれる遺伝子群が原因であることが知られている。中国南部に生息する尾が短めの猫は、さらに別の遺伝子が原因であることも分かった。

ペットの猫(イエネコ)は約1万年前に中東でヤマネコが飼いならされ、世界に広まったと考えられている。それ以来、尾が短くなる遺伝子変異は少なくとも3回、別々に起きたと考えられるという。(c)時事通信社

「AFP」2016年08月26日 14:59 発信地:日本
http://www.afpbb.com/articles/-/3098791
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0