So-net無料ブログ作成

タイ王国のプミポン国王陛下のご逝去、88歳 [訃報・追悼]

10月12日(木)

タイ王国のプミポン国王(ラーマ9世)陛下のご逝去を心からお悔やみ申し上げます(合掌)。

タイは、いちばんたくさん(4回)訪れた国。
タイに一度でも行った人はわかると思うが、国王さまと王妃さまの肖像写真が、ほんとうにあちこちに飾ってある。
それだけタイの人々の敬愛を集めていたわけで、国民の悲歎はとても大きいと思う。

18歳でチャクリー王朝第9代国王として即位、貧しい農業国だったタイを70年の治世の間に、中進国に導いた。
さらに、どれだけ政情が混乱しても、最後は偉大なカリスマである国王陛下の意向で収まっていた国柄。
新国王にそれだけのカリスマ性はなく、今後が不安視される。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

マミー

初めてタイを訪れたのが30数年前、夫に連れられて行き、その後も何度も旅行しました。
熱心な仏教国というのが第一印象でした。それからやっぱり、タイのオカマは世界で一番美しいと思います。(順子さんは別格です、大好きです)
昔は昼の12時ちょっと前になると街に国歌が流れ国民が一斉に直立不動状態になり、音楽が終わるとまた一斉に動き出したのにはビックリしましたが、今はどうなのでしょうか?後進国と言われていましたが、日本よりタイ人の心は豊な感じもしましたよ。また訪れてみたい国です。
by マミー (2016-10-14 06:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0