So-net無料ブログ作成

隅田川への架橋(メモ) [性社会史研究(一般)]

1月18日(水)

隅田川への架橋。
江戸時代の架橋はは5本だが、明治期は1本のみ。
明治政府は、江戸時代の橋の近代化(鉄橋化)には努めたが、新し橋はほとんど架けなかった。
昭和初期に関東大震災復興事業(避難路の確保)で4本を架橋。
多くが古い「渡し場」に架橋。

千住大橋 文禄3年(1594)11月
両国橋  万治2年(1659)もしくは寛文元年(1661)
新大橋  元禄6年12月(1694)
永代橋  元禄11年(169年)8月 「大渡し(深川の渡し)」
吾妻橋  安永3年(1774)10月 「竹町の渡し」
--------------------------------------------------------
厩橋   明治7年(1874))10月「御厩の渡し」
白鬚橋  大正3年(1914)5月 「橋場の渡し」
--------------------------------------------------------
(関東大震災復興計画)
駒形橋  昭和2年(1927)6月 「駒形の渡し」
蔵前橋  昭和2年(1927)11月 「富士見の渡し」
言問橋  昭和3年(1928)2月 「竹屋の渡し」
清州橋  昭和3年(1928)3月 「中州の渡し」
--------------------------------------------------------
勝鬨橋  昭和15年(1940)6月 「勝鬨の渡し」
佃大橋  昭和39年(1964)8月 「佃の渡し」
隅田川大橋 昭和54年(1979)
桜橋   昭和60年(1985)
水神大橋 平成元年(1989)3月 「水神の渡し」
中央大橋 平成5年(1993)8月
千住汐入大橋 平成18年(2006)2月「汐入の渡し」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0