So-net無料ブログ作成

山口県岩国市の「性同一性障害者」自死事件 [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月9日(木)
朝日新聞170206.jpg

お子さんに自殺されたお母さんには、さぞお辛いだろうと同情する。

その上でなのだが、このお母さん、いまだに性別違和というものを理解していないし、またこういう記事を書いている記者も同様なのではないだろうか。

それと、記事を読んで、あらためて気づいたことなのだ、自殺された方、性同一性障害であると職場でカミングアウトしながら、どうも診断書はとっていなかったようだ。
記事の中に、通院・診断・治療のことがまったく出てこないからだ。

現在、性同一性障害を理由にした解雇は違法であるとの判例はほぼ確立している。
ちゃんと医師の診断書があれば、訴訟でもかなり有利になる。
逆に、診断書がないと、性同一性障害であるという証明ができないので、職場に対しても、訴訟の場でも、かなり不利になる。

どうも、この方、段取りというか、順序を踏んでなく、その点、もう少しなんとかならなかったのか?と思えてならない。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

Gen

先生、こんばんわ。
この記事、ネットのニュースではタイトルに「わが娘」という言葉を使ってました。
一般の読者から「わが子でなくわが娘でいいのか?」という声が出て数日後に「わが子」に訂正されてました。
が、お母様はいまだに「私の娘は・・・」という認識でしたね。
ご本人は知識が不足しており、お母様は全然子供の状況を理解できていない・・・・。

また、一般の認識は「でも告白とかされたら困る」とか的外れ・・・。
この人が男女どちらを好きになるのかすら分からないのに、一般の認識ではすぐそういう方向に話が行ってしまう・・・。
「彼」がどっちにも興味ない可能性だってあったのに。
みんな既成概念に当てはめたがる。
それ以外は存在しないみたいに。
日本って、こういう場面ではすごく息苦しい国だと感じます。

インドのある村では特定の「木」とまず結婚してから普通の結婚をするそうです。
よそから見れば驚きの風習ですが、でもみんなハッピーならそれでいいではないですか。
そういう風に受け止めるのは難しいことなんですかねぇ・・・・。





by Gen (2017-02-26 23:45) 

三橋順子

Genさん、いらっしゃいま~せ。

ご指摘の通りで、ご本人は知識不足、母親は理解不足、そして記者は認識不足なのです。

いろいろな意味で、哀しくなる話です。
by 三橋順子 (2017-03-03 21:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0