So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ、白人女性が和服を着ることが人種差別なのか? [着物]

2月16日(木)

まったく意味がわからない。
白人の女性モデルが着物を着て撮影することがなぜ人種差別になるのだろう?
C4p25xdVcAA9BCc.jpgC4p26jvUMAASeDJ.jpg
C4p27ZYVMAAbUEa.jpg

日本人のほとんどは、着方が変だとは思っても、そこに悪意は感じない。
文化誤解はあっても、ひとつの文化的表現だと受け取るだろう。
まして人種差別とは思わない。
差別対象の日本人が怒っていないのに差別問題化される不思議。

で、思い出した。
2年前(2015年7月)にボストン美術館で行われた「和服の試着イベント」が「人種差別」と批判されて中止になったことがあった。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2015-07-10-2

抗議は、その時と同じ「文化の盗用」という論理で、抗議しているのも同じような連中だと思う。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/16/vogue_n_14788604.html

日本人でなければ和装をしてはいけないなんて、すごい偏狭な考え方だ。
私の知人にも、白人女性で着物を着る方がいるが、それを日本人は喜びこそすれ「文化の盗用」なんてほとんど思わない。

植民地帝国主義下における文化侵略(服飾文化も含む)という歴史事実を念頭に置けば「文化の盗用」という論理もわからなくもない。
しかし、私は「盗用」に抗議する権利があるのは「盗まれた」人たちだと思う。
少なくとも、「盗まれた」人たちが抗議の主体になるべきだ。
つまり、仮に和装(着物)が「盗まれた」としたら、抗議するのは日本人だということだ。
中国人や韓国人などの「アジア人」ではない。
なのに、日本人の意向を無視して「アジア人」による抗議が行われていることに、とても違和感がある。

それと、トランスジェンダーの立場からすると、服装表現は基本的に自由であるべき、という思いが強い。
誰が何を着ようが基本的には自由であるべきだ。
そこに社会的(TPO)な制約はあるのだが、それは最低限にすべきだと思う。
---------------------------------------------
カーリー・クロスが謝罪、撮影で日本人女性の格好

モデルのカーリー・クロス(24)が、ファッション誌「ヴォーグ」の撮影で日本人の女性の格好をしたことを批判されて謝罪した。

カーリーは黒髪のウィッグに和を意識した衣装を着て、実際に日本のさまざまな場所で撮影を行った様子。写真家のマイケル・ヤンソンが手掛けていて、相撲力士と写る写真もあった。

しかし、これらの写真に人々はカーリーが“イエローフェイス”で撮影したと批判し、「人種差別」「ヴォーグ、本気なの?」とコメントしている。

批判を受けてカーリーはツイッターに、「文化的に敏感ではない撮影に参加してしまって、本当に申し訳ありません。私の目標はいつも、これからも女性を力づけて、インスパイアしていくことです。これからの撮影やプロジェクトではそのミッションを反映したものであることを約束します。心から、カーリー」と謝罪した。【ハリウッドニュース編集部】

『日刊スポーツ』2017年2月16日10時43分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1779780.hml

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

マミー

日本人に対して悪いイメージを持つ様に誘導しようとする人達がいます。日本人でさえもあまり着物を着る事が無くなった昨今、外国の方に興味を持っていただいて着ていただくのはとてもいい事だと思いますがね。何でもかんでもなんくせつけて戦争にでも持って行こうってのかしら? 
by マミー (2017-02-17 13:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。