So-net無料ブログ作成
検索選択

シンポジウム「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月21日(火)
(続き)
論文を脱稿した後、1時間近くお風呂に入り(30分ほどは眠っていた)、30分ほど横になったら、少し体調が回復。

夕方から霞ヶ関の弁護士会館で開かれるシンポジウムを聴きに行くことにする。

16時過ぎ、家を出る。
北風が冷たい。
足の状態は良好で、痛みも違和感もなく、昔のように早く歩ける。
この状態が続けば、うれしいのだが。

遅い昼食は、武蔵小杉駅構内の「しぶそば」。
IMG_2299.JPG
↑ で赤むつと春菊のおすすめ天そば(480円)。
同じメニューなのに渋谷の「しぶそば」より50円安い。

東急東横線中目黒駅乗換)東京メトロ日比谷線で霞ヶ丘駅へ。
IMG_2301.JPG
↑ 晩冬の夕暮れ
IMG_2302.JPG
↑ 弁護士会館へ
IMG_2303.JPG
18時「東京弁護士会 性の平等に関する委員会」主催のシンポジウム「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」に参加。
大きな会議室が満席の大盛況。
パネラーは、牧村朝子さん(タレント・文筆家)、渡辺一樹さん(BuzzFeed記者)、荻上チキさん(「シノドス」編集長)。

で、感想だが・・・ぬるかった。
そもそも本の出版記念だし、パネラーの顔ぶれからして、突き詰めたシビアな話にはらないだろうと思っていたけど、やっぱりぬるかった。

3人のパネラーはそれぞれに熱の入ったしゃべりだったが、企画・構成そのものがぬるい。

「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」というテーマなのに、笑われる側の人がいないのだから、どうやっても切実な話にはならない。
牧村さんは牧村さんなりに苦労はしただろうけど、牧村さんを指さして笑う人はまずいないだろ。

その牧村さんにしたって、2015年秋の段階で「LGBTさん、さようなら」と言っているわけで、シンポジウムの司会者(主催者の弁護士さん)が期待するような話がなかなか出てこない。

まあ、弁護士さんはジェンダー&セクシュアリティの専門家でないわけで、理解が浅いのは仕方がない。
関心を持ってくださったことに感謝しないといけない。

あと、主宰者側の人(弁護士さん)が「メディアにLGBTが出るようになった2013年以後・・・」みたいなこと言っていたような気がする。
聞き間違いだろうか?
それとも、それ以前にメディアに出ていた人はLGBTではないのか?

歴史的な話は、牧村さんのプレゼンに入っていたし、荻上さんも1990年代に放送された「ニューハーフ50人」に言及していたけど、どうも主宰者側は歴史認識が希薄だった気がする。

まあ、弁護士さんは現在のことを法的に考えるのが仕事だから、仕方がないのだろう。

それと、些末なことだが、今日のシンポで面白かったのは、牧村さんが言った「おわコン」(もう終わった流行遅れのコンテンツ)が、司会者の弁護士さんにまったく通じなかったこと。
まあ、法廷用語じゃないし、司法試験にも出ないだろうし。

20時過ぎ、閉会。

21時、武蔵小杉駅に戻る。
お腹が空いたので「東急スクエア」の「南国酒家」へ。
IMG_2304.JPG
↑ 五目あんかけ焼きそば(1150円)
IMG_2305.JPG
ちょっと追加。
IMG_2306.JPG
↑ 熟成シュウマイ(200円)

22時前、帰宅。

就寝、3時。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0