So-net無料ブログ作成

早春の奈良へ(その4:京都・東寺、六孫王神社) [旅]

3月5日(日)
(続き)
【東寺】
京都駅八条口のコインロッカーに荷物を預け、15分ほど歩いて東寺へ。
IMG_2619.JPG
↑ 紅梅・白梅がきれい
IMG_2622.JPG
「京の冬の旅・特別公開」の五重塔の初層を拝観。
江戸時代前期の再建だが、堂内荘厳はかなり復元的なように思う。

金堂と講堂の仏象を見る。
講堂の「立体曼荼羅」は何度見ても壮観だ。

さすがに疲れてしまい、茶店で休憩。
IMG_2626.JPG

【六孫王神社】
東寺を出たのが16時過ぎ、でも、帰りの新幹線の時間まではだいぶある。
お寺の拝観はもう時間的に無理なので、時間の制約がない神社へ。
10分ほど歩き壬生八条の六孫王(ろくそんのう)神社へ。
IMG_2628.JPG
祭神は「六孫王」源経基(みなもとのつねもと、?~961年)。
経基は、清和天皇の第六親王・貞純親王の子で、第六親王の子(天皇の孫)なので「六孫王」と呼ばれた(文献的な証拠なし)。
平将門の乱、藤原純友の乱の鎮圧に関わったが、実際には武功はほとんどなく、武蔵・信濃・筑前・但馬・伊予の国司を歴任、正四位下陸奥鎮守府将軍となった。
子の源満仲・満政・満季が武士として活躍したことから、清和源氏の祖とされるようになった(経基は、陽成天皇の皇子、元平親王の子であり、清和源氏ではなく陽成源氏とする説もある)。
社伝では、経基の邸宅「八条亭」の跡地・墓所に嫡子の満仲が社を創建したことになっている。
IMG_2630.JPG
経基から8代目の源頼朝(経基ー満仲-頼信ー頼義ー義家ー義忠ー為義ー義朝ー頼朝)が鎌倉幕府を開き、源義家の四男・源義国の子孫の足利尊氏が鎌倉幕府を開き、さらに義国の長男義重を祖とする新田氏の子孫と称した(系譜に接続)徳川家康が江戸幕府を開いたことから、「六孫王神社」は歴代の幕府の庇護を受けた。
我が家も、清和源氏を称しているので、源家の再興を祈願する。

バスで京都駅に戻り、お茶をした後、買い物。
18時26分の「のぞみ250号」に乗車。
20時25分、新横浜駅に到着。

JR横浜線で菊名駅へ。
東急東横線に乗り換えようとしたら、20時21分頃、祐天寺駅で発生した「人身事故」のため、渋谷~自由が丘駅間は不通で、上り電車はすべて自由が丘駅止まり。
電車の行き先表示も駅の掲示板も、みな「自由が丘」。
C6JzvALVMAI_OWU.jpg
私たちは武蔵小杉駅まで動いていれば帰宅に支障はないのだが、菊名駅で駅員さんが「運転再開は21時40分の予定」と言っているのが聞こえた。
運転再開まで1時間20分というのは、接触事故程度ではなく、警察の現場検証が必要な飛び込み自殺&轢断事故だと思った。
(14歳の男子中学生がホームから飛び込み自殺。運転再開は22時10分頃)。

この種の「人身事故」でいつも思うことだけど、死にたいのなら勝手にすればいいけど、死ぬ方法はできるだけ他人様に迷惑をかけない方法を選んでほしい。

21時過ぎ、帰宅。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0