So-net無料ブログ作成
検索選択

相続税の申告書に捺印 [日常]

3月9日(木)

税理士から郵送されてきた相続税の申告書に判を捺す。

これでやっと一段落と思うと同時に、納税額の大きさにあらためて心が重くなる。

それにしても、いろいろ手間はかかったが、ウチは相続財産も比較的単純な上に相続人が2人、何も揉め事もなく、スムーズにいったはずなのだが、気づいてみれば、相続税納付期限(相続発生=被相続人の死亡から10カ月後)の1カ月ちょい前。

これでは、財産構成が複雑で、相続人がたくさんいるお家は、さぞ慌ただしいことだろうと思う。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

よつば

税申告お疲れ様でした。
親が遺言信託していましたが、先日、財産目録ができるまで半年ほどかかると銀行に言われました。
不動産無しで預金と債権(多分国債)のみなのに随分かかります。
その間、個人でバタバタする必要はありませんが、それは銀行の飯の種。
税金は高く、銀行、税理士への支払いですから、この上揉めて弁護士でも入ったら大変です。
有耶無耶にしておくと二次相続で子どもが苦労するようですから、三橋さんも頑張り甲斐があったのではないでしょうか。
by よつば (2017-03-11 17:25) 

三橋順子

よつばさん、いらっしゃいま~せ。

おっしゃる通りで、いずれ息子が相続することを考えると、ちゃんとしておかないといけないと思いました。
でも、税理士さんへの支払い、高い・・・。

不動産が少なく、預金などが多い相続は、まだ良いと思います。
これが、不動産が多く預金が少ない相続だと、相続税の支払いが大変です。
その点、うちは、まずまずバランスがとれていたので助かりました。
by 三橋順子 (2017-03-11 18:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0