So-net無料ブログ作成

年間被曝線量20mm/Svでの帰村なんて・・・ [世相]

3月9日(木)

テレ朝「報道ステーション」で福島県飯館村の「避難解除」のことをやっているけど、放射線学の常識として、年間被曝線量20mm/Svでの帰還なんてあり得ない。

百歩譲って、先が短い高齢者がどうしても帰りたいと希望するならともかく、まだ先が何10年ある人や、まして妊娠の可能性のある女性、そして子供は絶対に駄目だ。

その前のNHKニュースでは、飯館村の避難解除→帰還を前提に、村で酪農を再興する話をやっていた。
「牛が地元の草が食えない状態で飼うのは無理でしょ」と、独り突っ込みを入れる。
いくら「福島の食べ物はおいしいから皆さん食べてください」と言っても、その背後で、ガイガーカウンターの高線量の警告音がピーピー鳴っている状況では、消費者の不安はぬぐえない。
酪農家の方は、まったくの被害者。
でも、飯館村での酪農再開は、現時点では無理だと思う。

「放射脳」のひとがうるさいから、放射線のことは書かないことにしてるのに、あまりひどい話なので、つい書いちゃった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0