So-net無料ブログ作成

秩父・宮側町「ホルモン亭 ばりんち」 [日常(料理・食べ物)]

3月30日(木)
(続き)
妹と姪っ子夫婦の4人で夕食に出る。
秩父の飲食店は木曜日休業のところが多く、新規開拓したい行きたい店が閉まっている。
以前行った創作イタリア料理のお店に行くことにして出掛けた。
ところが、店の入口に「満席です。またの来店をお待ちします」の札。

呆然として、周囲を見回すが、東京と違って、飲食店が多いわけではない。
うろうろすると、闇の中に明かりが・・・。
IMG_3256.JPG

覗いてみると、客は誰もいない。
どうしようかと考えるが、また何キロ(車でだが)も移動するのは嫌なので、思い切って入る。
IMG_3255.JPG
秩父・宮側町の「ホルモン亭 ばりんち」。
おばさんが1人だけでやっているごく小さい店。
テーブルが3つしかなく、私たちが座った4人掛けの他は2人掛けが2つ。
つまり、8人しか座れない、

「ウーロン茶、4つ」と注文すると、「なら、ボトルの方が安いから」と言って、2リットルボトルと氷&グラスを持ってきてくれた。
「なんか、商売っ気ないなぁ」と思いながら待つと、炭火がおきた七輪がテーブルの置かれる。
今、流行りの無煙ロースターではない。
コート類を車に避難(姪っ子の夫を酷使)。

で、最初に出てきたシロ。
IMG_3244.JPG
厚いけど、やわらかい。
「あっ、これは当たりだ」と思う。

次に出てきたハツの厚さに驚く。
IMG_3245.JPG
「おばさん、不器用で薄く切れないのではないか?」と思ったが、どうも冷凍していない、ほんとうの生肉なので、こうなるらしい。
やわらかくて、おいしい。
「これは大当たりだ」と思う。

見るからにおいしそうな上質なカシラ肉。
IMG_3246.JPG
冷凍していない、タレに漬けてない、塩もふっていない、ほんとうの生肉。
しかも、分厚い。
で、問題はお値段なのだが・・・。
なんと、これだけで390円!

もう、どんどん行く。
タン(手前)とはらみ(奥)。
IMG_3247.JPG
のどぶえ(上なんこつ)。
IMG_3251.JPG
レバー(手前)とロース(奥)。
IMG_3252.JPG

ご飯は白胡麻が入っていておいしい。
IMG_3254.JPG

結局、シロ、ハツ、カシラ、タン、のどぶえ(上なんこつ)、トントロ、はらみ、レバー、ロース(各390円)
キャベツ(150円)、焼き野菜(400円)、ご飯3(200円×3)、ウーロン茶(ボトル・600円)で、トータル(4人で)5260円(1人1315円)。
東京だったら、軽く1万札が飛ぶ。

安くて、おいしい!
絶対、また来たい。
ただ、ちょっと不安なのは、これで店が続くのか?
おばさん、頑張って続けてください。

21時、帰宅。

また、いろいろおしゃべり。

就寝、1時半。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0