So-net無料ブログ作成

殺害されたトランスジェンダー9年間で2343人以上 [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月1日(土)

「International Transgender Day of Visibility (TDoV) 」(毎年3月31日)に合わせて、TGEU(Transgender Europe) が「トランスジェンダー殺害データ(最新版)」を発表した。

2008~2016年末までのデータで、ネット上のニュースなどから拾ったトランスジェンダー殺害事件の統計。

9年間に世界で少なくとも2343人のトランスジェンダーが殺害されている。
1年間平均で260人。

◎ 地域別
中南米   1834人
北米     165
アジア    208
ヨーロッパ  117
アフリカ    13
オセアニア    6

中南米が全体の78%を占める。
北米を加えると85%。
アフリカはかなり調査漏れがあるのではないだろうか?

◎ 国別
ブラジルが圧倒的に多く938人で中南米の51%が集中。
ワースト2位がメキシコの290人。
3位はUSAで160人、北米の殺害事件のほとんどがUSA(カナダは5人)。
先進国であるはずのUSAが、トランスジェンダーにとって、いかにひどい状況かがわかる。
以下、4位コロンビア115人、5位ベネズエラ111人、6位ホンジュラス89人と中南米諸国が続く。
アジアでは、インドが62人で最多、フィリピ43人、パキスタン39人と続く。
この3国で、アジア全域の69%を占める。
ヨーロッパは、トルコが44人(←ヨーロッパなのか?)、次いでイタリア32人で、この
両国でヨーロッパ全域の65%を占める。
http://transrespect.org/en/tdov-2017-tmm-update/

日本の数値は示されてなく不明(末尾の追記を参照ください)。
2011年10月に軽井沢で白骨遺体で発見されたニューハーフ死体遺棄事件(死体遺棄罪のみで殺人罪は不起訴)が含まれていれば1名。
2015年11月の東京福生市のトランス男性不審死事件は病死の可能性大。
この種の事件はかなり丁寧にフォローしているが、他には記憶がないので、おそらく1~2名ではないだろうか。

日本の人口は、世界の1.4%ほど。
これを世界で殺害されたトランスジェンダー2343人に当てはめると33人ほどになる。
でも、実際には1~2人。
日本が国際比較的にトランスジェンダーにとって、どれだけ安全な国かよくわかる。

ちなみに、この間に、トランスジェンダーが犯人の殺害事件は、少なくとも1件ある。
2015年12月の菊池あずは容疑者による愛人男性撲殺事件。
(2004年にFtMが母親を殺害した名古屋の事件は、調査対象期間より前)

◎ 職業
殺害されたトランスジェンダーの約64%がセックス・ワーカー。

◎ 殺害方法
銃殺 863人(37%)
刺殺 462人(20%)
撲殺 247人(11%)

【追記】
私が見逃していた国別の表をA.Jさんに指摘していただいた。
http://transrespect.org/wp-content/uploads/2017/03/TvT_TMM_TDoV2017_Tables_EN.pdf
それによると、日本は総計1人(2015年1人)になっている。
これは上に記述したように、2015年11月の東京福生市のトランス男性不審死事件をカウントしたものと思われる。
しかし、この事件は殺人事件の疑いがあると報道されたが、結局、病死(薬物の過剰投与?)で、殺人事件ではなかった可能性が大きい。
それより、2011年10月に軽井沢で発見されたニューハーフ死体遺棄事件が、容疑者の暴行と死因との関係が証明できず、殺人罪では不起訴になった(死体遺棄罪で有罪)が、こちらをカウントすべきだと思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

AJ.

私も分析してみました。
表では日本は2015年に1名で合計1名となっていました。
http://transrespect.org/wp-content/uploads/2017/03/TvT_TMM_TDoV2017_Tables_EN.pdf
by AJ. (2017-04-02 22:01) 

三橋順子

AJ.さん、いらっしゃいま~せ。
参照・紹介させていただきました。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-09
ありがとうございました。
by 三橋順子 (2017-04-09 09:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0