So-net無料ブログ作成

羽生結弦、3年ぶり2度目の世界選手権、制覇 [スポーツ]

4月1日(土)

フィンランドのヘルシンキで開催されているフィギア・スケート世界選手権(男子)、羽生結弦選手がフリーで史上最高得点(223.20)。
トータル321.59で、SP5位(10.66差)から大逆転の優勝。
3年ぶり2度目の世界選手権、制覇。

SP2位の宇野昌磨選手はノーミスの演技で自己最高得点。
トータル319.31で羽生選手にわずか2.29及ばず2位。
日本勢は最高の1,2フィニッシュ。

2018平昌オリンピック、日本は男子3枠、女子は2枠。
男子は、羽生結弦と宇野昌磨は確実だが、あと1人は誰?
田中刑事は世界では通用しないし(今回19位)、やっぱり無良崇人かな。

女子は、宮原知子は確実で、もう1人は三原舞依、本田真凜、樋口新葉あたりの争いか。
「男子1枠返上するから、女子もう1枠ください」というのは駄目?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0