So-net無料ブログ作成

ハフィントンポストの記事に追記 [お仕事(執筆・成果)]

5月9日(火)

ハフィントンポストの記事(の最後の方)で「トランスジェンダーは、比率で言うと1対3くらいでMtFよりFtMが多いのです」と言ったら、読者から「間違い(反対)ではないか」という問い合わせが来たとのこと。

トランスジェンダー界隈にとっては当たり前の現実が、世の中に伝わっていないことを実感。

ということで、
「海外ではMtFがFtMより多いのが一般的だが、日本では少なくとも00年代後半から受診者レベルでFtMがMtFより多くなっている。日本精神神経学会の調査(2017年3月)でも戸籍を変更した人はFtMがMtFより約3倍多いと推計している。」
という形で註を加えました。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/25/junko-mitsuhashi_n_16222104.html?ncid=engmodushpmg00000004

【追記(11日0時)】
「FtMが多い理由」について、いくつかお尋ねがあったので私見を記しておきます。

なぜ、世界の中で日本だけがFtMの比率が顕著に高いのか、理由はまだわかりません。
ただ、遺伝子的にそういう傾向があるとは考えられず、やはり女性→男性という何らかの「社会圧」があると考えられます。

しかし、まったくのシスジェンダー&ヘテロセクシュアルの女性がいきなりFtM化するとは考えにくく、FtMの増加分の資源はレズビアンだと思います。
私はレズビアンの社会的隠蔽とコミュニティの未成熟が、一部のレズビアンのFtM化につながっていると考えています。

詳しくは、拙稿「日本におけるレズビアンの隠蔽とその影響」(小林富久子ほか編『ジェンダー研究/教育の深化のためにー早稲田からの発信―』 彩流社 2016年3月 P135~155)をご参照ください。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

宮崎留美子

また、コメントでごめんなさい。

ああ、それでかあ・・・
昨年11月にあった熊本でのパレードで、MTFのトランスジェンダーが少ししかいなかったのに、FTMの方がけっこういたんです(といっても10人もいませんが・・・もともと熊本は始まったばかりでパレードの人数も少ない)。なんで!!MTFの方が断然に多いはずなのに、熊本のMTFは元気がないのかなあ、なんて不思議に思っていました。
女装して楽しむ(自分の心を癒やしているかなあ)MTFはけっこういるはずだけど、受診も含めて社会的なかかわりをもとうとする人はFTMに多いということなのか、それとも、性教育にかかわる人の90%は女性だという部分があって、女性という立場が置かれた反映なのか、それとも、トランスジェンダーであっても免れない「性というと男はエッチをイメージし、女は生活をイメージする」というようなことがあるのか、三橋さんの分析はいかがでしようか。
by 宮崎留美子 (2017-05-10 15:03) 

三橋順子

宮崎留美子さん、いらっしゃいま~せ。

Twitterなどにも「理由」についての質問があったので、本文に私見を追記しておきました。
by 三橋順子 (2017-05-11 00:31) 

やま

Twitterで見かけるXジェンダーを名乗るアカウントに至っては、9割方がFtXです。(実感値ですけれど。)
レズビアンの隠蔽説を裏付けるものだと思います。ゲイならば、多少中性的であったり、スーツなどに違和感があったとしても、ゲイに包摂されているのではないでしょうか。
by やま (2017-05-11 10:22) 

三橋順子

やまさん、いらっしゃいま~せ。

おっしゃるとおりで、現象として、どう考えてもFtMが多すぎます。
ゲイからMtFへという動きはほとんど見られませんが、レズビアンからFtMへという移動は、かなりあるように思います。

by 三橋順子 (2017-05-15 16:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0