So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ「ALL GENDER」トイレを「LGBT用のトイレ」と言い換えるのか? [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月11日(木)

これで、同性愛の人たちも安心してトイレを使えますね、よかった、よかった(棒読み)。

「ドンキ(渋谷本店)」が作った「ALL GENDER」トイレを「LGBT用トイレ」と書き換えてしまう共同通信の記者の認識、かなり問題がある。

そもそもトランスジェンダーや性同一性障害の人の多くは専用トイレなんて求めていない。
なぜなら、それがアウティング装置になりかねないから。

まして、同性愛の人が専用トイレを使う需要が果たしてどれだけあるのか?
同性愛の人が(ゲイもレズビアンも)専用トイレを使っている姿を思い浮かべると、ほとんどギャグとしか思えない。

いつも言っていることだが、トイレ問題は「多目的トイレ」の増設がいちばん多くの人の利便性が高く現実的だと思う。

【追記】
『毎日新聞』、見出しは「性別問わないトイレ」で「ALL GENDER」トイレの意味をちゃんと伝えているが、本文は「共同通信」の転載なので「同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)用のトイレ」のままで、やはりミスリード。
https://mainichi.jp/articles/20170511/k00/00e/040/371000c

----------------------------------------------- 
ドンキがLGBT用トイレ 先進地・渋谷の旗艦店に


東京・渋谷のドン・キホーテ店舗に設置されたLGBT用トイレの案内板=11日

ディスカウント店大手のドン・キホーテは11日、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)用のトイレを、差別解消を目指す先進地として知られる東京・渋谷の旗艦店に初めて設けたと発表した。小売業界では珍しい試みで、顧客の反応が良ければ他の店舗への導入も検討する。

旗艦店は「MEGA(メガ)ドン・キホーテ渋谷本店」で、12日にオープンする。渋谷区が多様性を認め合う地域づくりの一環で、同性カップルを夫婦と同等のパートナーと公的に認める証明書を交付していることなどに賛同した。

「ALL GENDER」の案内板を掲げた個室トイレ3室をつくった。

「共同通信」2017年5月11日 17:04
https://this.kiji.is/235294421518288376

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。