So-net無料ブログ作成

服藤早苗・新實五穂編『歴史のなかの異性装』、近日刊行 [お仕事(執筆・成果)]

5月13日(土)

勉誠出版の『歴史のなかの異性装』、今月中に出版になります。

再校ゲラを持っていったとき(4月25日)「歴史学研究会の大会(5月27日)にはなんとしても間に合わせたい」と担当編集者さんが言っていましたが、なんとか間に合いそうです。

錚々たる先生方が真面目な学術論文を執筆されている中、私は編集者さんが読むのに困るようなエロなことを書きました。

例によって「色物」ということで(自分の立ち位置はよく理解しているつもり)、ご勘弁、願います。

----------------------------
アジア遊学 210
服藤早苗・新實五穂編
『歴史のなかの異性装』(勉誠出版、近日刊行、定価 3024円)

【概要】
多様な異性装の世界
衣服は身分や男女差を可視化できる故に、国家や社会による規制の対象とされることが多かった。異性装はいかなる社会的・文化的背景のもとで行われてきたのか。
日本とアジアを中心に、ヨーロッパ、アフリカなど諸国の異性装の事例を歴史・服飾・美術・ジェンダーなどの側面から照射し、女神の帰依・男巫の儀礼から同性愛・トランスジェンダーまで、多様な女装・男装の実体や異性装禁止命令の変遷を明らかにする。

【目次】

序論 歴史の中の異性装(服藤早苗)

Ⅰ 日本
平安朝の異性装―東豎子を中心に(服藤早苗)
中世芸能の異性装(辻浩和) 
(コラム)軍記絵のなかの異性装(山本陽子)
宮廷物語における異性装(木村朗子) 
日本近世における異性装の特徴とジェンダー(長島淳子)
女装秘密結社「富貴クラブ」の実像(三橋順子) 
女性装を通じた考察(安冨歩) 

Ⅱ アジア
唐代宮女「男装」再考(矢田尚子) 
異性装のヒロイン―花木蘭と祝英台(中山文) 
韓国の男巫の異性装とその歴史的背景(浮葉正親) 
衣と性の規範に抗う「異装」―インド、グジャラート州におけるヒジュラとしての生き方について(國弘暁子) 
タイ近代服飾史にみるジェンダー(加納寛) 
ブギス族におけるトランスジェンダー―ビッスとチャラバイ(伊藤眞) 

Ⅲ ヨーロッパ・アフリカ
初期ビザンツの男装女性聖人―揺れるジェンダー規範(足立広明) 
ヨーロッパ中世史における異性装(赤阪俊一) 
英国近世における異性装―女性によるダブレット着用の諸相(松尾量子) 
十九世紀フランスのモードと性差(新實五穂) 
異性装の過去と現在―アフリカの事例(富永智津子) 

あとがき (新實五穂)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0