So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリアのテレビ番組の新宿ゴールデン街のロケ [お仕事(出演・取材協力)]

6月8日(木)
(続き)
19時15分、約束の時間に渋谷・ハチ公前広場に到着。

今夜はこれから、イタリアテレビ番組の新宿ゴールデン街のロケ。
IMG_4610.JPG
↑ 大きなテレビカメラを担いだ人やイタリア人スタッフらしき人たちがいる。

待つことしばし、日本側スタッフのHさん(イメージ・フィールド)が来る。
概要の説明は受けたが、今一つ、段取りがわからないうちに撮影が始まってしまう。
IMG_4614.JPG
↑ 原宿「探検」のペアが出発。

私が新宿ゴールデン街に案内するのは、ローマから来たイタリア人女性の2人組。
女優さんとエアロビクスのインストラクターらしい。

ワゴン車で新宿へ移動。
区役所通りの入口で車を降りて、「四季の道」を通ってゴールデン街へ。
撮影したお店は「花園三番街」の「Coo(空)」「キネマ倶楽部」「Kenzo's Ber」。
要した時間は、全部で1時間45分ほど。

22時前、撮影終了。
22時、辞去。

ともかく、あきれるくらい、すごくグダグダ。
まず、出発地点の渋谷ハチ公前で、てきぱき事を運ばないからスケジュールがどんどん押して、取材対象の店に迷惑かける。

イタリア人の現場責任者がその場の思いつきで設定や段取りを変えるから、今、どうすべきかが、スタッフさえわからなくなる。

私は、ゴールデン街の歴史に詳しい人として呼ばれたはずなのに、そんな話は一度も求められなかった。

そして、何より最悪なのは、スタッフも出演者もイタリア語を話しているのに、イタリア語の通訳がいない。

だから、イタリア人スタッフと日本人スタッフの間の意思疎通が不十分、お店の人や日本側出演者である私はイタリア人出演者(女性2人)とまともに会話ができない。
片言の英語でやり取りするが、3分の1も通じない。
「パングリッシュ」(アメリカ兵士相手の街娼「パンパン」が使った超ブロークンな英語)をこんなに駆使したの、いつ以来だろう?

「お前ら、そんないい加減な段取りで仕事するから、いつも戦争に負けるんだ」って言ってやりたくなった。

結論、若いうちならともかく、還暦過ぎてする仕事じゃない。

IMG_4616 - コピー.JPG
↑ 新宿「花園三番街」の「Kenzo's Ber」で。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

真樹猫ちゃん

>イタリア人の現場責任者がその場の思いつきで設定や段取りを変える

さ、さすがにイタリーですにゃ。その昔、リビアでDAKもイタリアと一緒で大変な思いをしたとか。

by 真樹猫ちゃん (2017-06-10 11:57) 

三橋順子

真樹大姉様、いらっしゃいま~せ。

「次はイタリア抜きでやろうな」という話は、本当だと思いました。
by 三橋順子 (2017-06-16 12:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。