So-net無料ブログ作成
検索選択

自分のブログに載せてしまおうか・・・ [お仕事(執筆・成果)]

6月14日(水)

今、ふと思い出したのだが、2016年の2月に執筆して編集者に送った「トランスジェンダーと法」という論文、どうしたのだろう?
もう1年4カ月も経つが、初校すらこない。

はじめに
1 文明開化期における女装・男装の法的禁止
2 女装と盗犯 ―虞犯者視の始まり―
3 「警察犯処罰令」の適用をめぐって
4 戦後混乱期における女装男娼への法適用問題
5 昭和戦後期における法適用 -「ブルーボーイ」事件の社会背景―
6 まとめにかえて ―性別移行の脱病理化と性別変更法の動向 ―

こんな内容で、日本近代以降のトランスジェンダーへの法律適用問題を、けっこう総合的に論じたつもり。
いささかマニアックだが、同じような内容の論文はないので、読みたい人も何人かはいるだろう。
もう掲載されるのはあきらめて、自分のブログに載せてしまおうか、と考えている。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

maRIna

ご無沙汰しています。
「トランスジェンダーと法」たいへんな労作とお見受けします。
是非、読んでみたいです。
なんとか、世に出るようにしていただきたいです。
by maRIna (2017-06-15 07:18) 

三橋順子

maRIna さん、ありがとうございます。

労作というほどではないですけど、近代日本におけるトランスジェンダーと法律の問題を(個別ではなく)通しで論じたものは他にないのです。

なので、出す気がないのなら、うちのブログでと思ってしまいます。
実際問題、出版部数なんてせいぜい2000部。
このブログの1日のアクセス数にも及びません。

by 三橋順子 (2017-06-16 12:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0