So-net無料ブログ作成

将棋の藤井聡太四段、29連勝の新記録 [世相]

6月26日(月)

将棋の史上最年少棋士藤井聡太四段(14)が、竜王戦トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝利。
これで29連勝となり、30年ぶりに連勝記録を更新。
しかも、デビュー以来、一度も負けなしの29戦全勝。

すごいなぁ。
今日の対局、夕食休憩の前までは押されていた(やや劣勢)のに、じわじわ盛り返して逆転。
連勝新記録達成の瞬間をNHKがニュース速報で伝え、現在、感想戦を中継中で、名人戦以上の扱い。

従来の連勝記録は、神谷広志八段(56)が五段時代の1987年に達成した28連勝で、これを30年ぶりに塗り替えた。
ちなみに、神谷八段は、名人戦がB級1組止まり、竜王戦は1組1期のみ、タイトル獲得も挑戦すらも、棋戦優勝もなく、一流棋士とは言い難い。

藤井四段には、いちばん高いところまで行くだろう。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

テンポ

故団鬼六氏が生きていたら、どんな観戦記を書いたのか。
読んでみたいですね。
故小池重明氏との勝負も。
100万円乗せたら彼は応じたでしょう。
藤井君といえども、どうなるか分からないはずです。

by テンポ (2017-06-27 20:36) 

三橋順子

テンポさん、いらっしゃいま~せ。4

>100万円乗せたら
藤井君は中学生ですよ。
賭け将棋の世界に誘ってはいけません。
by 三橋順子 (2017-07-02 11:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0