So-net無料ブログ作成

いったい誰が「特別枠」化を望んでいるのか? [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月13日(木)

NHKで「LGBT専用の服のお直しサービス」なるものを紹介していたらしい。

こういう「特別枠化」がはたして良いことなのだろうか?

私の場合、25年前から、地域の普通の「お直し屋」(数軒)にお願いしているが、断られたことは一度もない。
ちょくちょく「お直し」に出すので、むしろ「お得意さん」扱いだった。

マイノリティを別枠にするのではなく、マジョリティと同じ扱いをすることが差別解消だと思う。

そもそも「LGBTトイレ」や「LGBT専用の服のお直しサービス」のような「特別枠」化を、いったいLGBTの誰が望んでいるのだろう?
Tは「便利だ」と思う人もいるだろうけども、私も含めてあまり望んでいないと思う。

LGBの人たちが「特別枠」化を望んでいるのだろうか?

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ルクス

当事者より
マジョリティな人達だと思います。^^

勘違いさんなマジョリティさん達
by ルクス (2017-07-13 18:12) 

三橋順子

ルクスさん、いらっしゃいま~せ。

そうなんですよ。
勘違いだけど「善意」なので、余計に困るのです。
by 三橋順子 (2017-07-19 22:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0