So-net無料ブログ作成

40代未婚単身者の居住傾向 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月3日(水)

今、AIが注目の40代未婚単身者が、東京23区のどこに居住しているか、男女別の傾向を調べたグラフ(荒川和久氏作成)。
40代未婚単身者の居住地区.jpg
男性単身者が(西側を除く)周縁部(江戸川、大田、足立、練馬、板橋、北区)、および城東地区(葛飾、江東、墨田、荒川区)に多く住んでいる傾向がはっきり見て取れる。

で、男性単身者が多い区でちょっと異質なのが、新宿区と中野区(それと豊島区)。
これって、中年ゲイの人が多く住んでいるのが表われているのだろうか?

ちょっと試算してみる(試算すると、また叱られるからこの部分はTwitterには書かない)。
40代男性の20%が未婚単身として40代男性100人中20人、40代男性100人の2%がゲイだとして2人。
ということは、40代未婚単身男性の20人に2人(10%)がゲイということになり、だいぶ濃縮されて率が上がる。
でも、この程度で影響が現れるか微妙。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0