So-net無料ブログ作成

鈴木邦男さんの「森友問題」論 [政治・選挙]

8月4日(金)

『朝日新聞』の夕刊で新右翼「一水会」元代表の鈴木邦男さんが「森友学園問題」について語っている。
「『愛国心』は、他人を無意味に批判、排除する際にも使われる、愛のない言葉です。教育現場に持ち込むべき言葉ではありませんよね。」
実に真っ当な見解。

逆に言えば、安倍首相夫妻とその取り巻き連中(さらに、その支持者たち)が、右派としていかにレベルが低い(思想、人間性、そして知性という点で)かがよくわかる。

10年ほど前に、あるパーティで同席して、お話をうかがったことがある。
081220-8.jpg
↑ 鈴木邦男さんと(2008年12月20日)

私とは考え方に違いはあっても、お話にしっかり筋が通っていて、「ああ、筋金入り右翼とはこういう方なのだ」と思った。
そして、礼儀をわきまえた、すてきな紳士だった。
私より一回り上だが、お元気そうで何より。
-----------------------------------
(論! 森友・加計問題)「愛国心」を疑わず、お墨付き 鈴木邦男さん
『朝日新聞』2017年8月4日16時30分

■新右翼「一水会」元代表・鈴木邦男さん(74)

森友学園が新設する予定だった小学校は「愛国心教育」を掲げていました。

50年近く愛国、右翼運動に携わっており、前理事長である籠池泰典容疑者の気持ちはわかります。だけど「愛国心」を口にする人に僕がまず抱くのは、不信感です。「愛国心に基づく行動は何ログイン前の続きでも許される」と誤解した人たちを、多く見てきたからかもしれません。

また「愛国心」は、他人を無意味に批判、排除する際にも使われる、愛のない言葉です。「俺は愛国者だから韓国が嫌いだ、中国をやっつけろ」という風に。教育現場に持ち込むべき言葉ではありませんよね。

学園の系列幼稚園では、教育勅語の素読もさせていたとのことですが、教育勅語は右翼団体のなかでさえ「終わったもの」と捉えられ、集会で朗読することもなくなりました。ある程度の判断能力がついたときにその存在を教えるならまだしも、何もわからない小さな子どもに教え込む意味がわかりません。

こうした学園の教育方針を、安倍晋三首相の妻昭恵氏が評価していたようです。しかし、それが森友学園の問題を引き起こした一番の根っこでしょう。

「愛国心」を掲げる相手がいたら、不信感を抱いて距離を置きます。昭恵氏はなぜそうしなかったのか。かつての右翼運動を理解していれば、違ったのかもしれません。間違った「お墨付き」を与えたことが、役人の「忖度(そんたく)」疑惑を招くきっかけになったと思っています。
(聞き手・釆沢嘉高)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13072461.html

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。