So-net無料ブログ作成

新宿5丁目「LE QUINE GUINE 」を訪ねる [交友]

8月8日(火)
(続き)
杉山文野くんの道案内で、靖国通りを斜めに渡って、新宿五丁目「3番街」に入る。
目立たない細長いビルの階段を上がり2階からエレベーターで最上階へ。
IMG_5717.JPG
おお、ここだ。
IMG_5716.JPG
今日の目的地、Bar「LE QUINE GUINE (キヌギヌ)」。
http://lequineguine.jugem.jp/
IMG_5714 - コピー.JPG
↑ マスターのシンスケさん 

ドアを開けて、まず思ったのは、カウンターが不思議な形をしている。
目が慣れてきたら、カウンターと同じ高さで、しかもぴったり接続されたグランド・ピアノだった。

壁面にもいろいろな楽器がたくさん。
IMG_5713.JPG
単なるディスプレイではなく、ほとんどは奏でられるとのこと。
実際、シンスケさんがピアノとコントラバスを弾いてくれた。 
IMG_5715 - コピー.JPG

その他にも、いろいろ仕掛けがあるらしいが、内緒。
ビルの中というのを忘れてしまいそうな落ち着いた雰囲気。
なんだか、アンティーク楽器屋さんで飲んでいるみたいで、すてきだ。

このお店、以前は、新宿通りと御苑大通りの交差点南西側に建っている極端に細長いビルにあった。
IMG_6245.JPG
そのビルこそ、1968年頃に御苑大通りの新宿通り南側への延長工事で、立ち退きになった飲み屋街「千鳥街」の名残り(道路が削り残した細長い三角形の土地)だった。
「千鳥街」は、今では幅の広いグリーンベルトがある道になっている。
千鳥街跡地現況.jpg

そのことを突き止めるまでの経緯を、このブログに「千鳥街を探して」という題で書いた。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-05-05-1
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-28
2013年の5~6月のことだ。
それを「千鳥街」に関心があったシンスケさんが見てくださって、それで知り合った。
知り合ったと言っても、ネット上で情報交換をしていただけだったが、2016年5月7日の「東京レインボープライド・フェスタ」の会場で、偶然、出会い、声を掛けていただいた。
20160508_1430444 (2).jpg
という、ちょっと不思議なご縁なのだが、今回、杉山文野くんが「LE QUINE GUINE 」の常連でシンスケさんの友人ということで、誘ってくださった。

ということで、やっと「LE QUINE GUINE (キヌギヌ)」を訪れて、シンスケさんとお話するという希望がかなって、とてもうれしい夜だった。
IMG_5709 - コピー.JPG

文野くん、連れて行ってくれて、ありがとう。
シンスケさん、また遊びに行きます。

【追記】
当日のシンスケさんの「日記」。
http://lequineguine.jugem.jp/?eid=926
ちと照れてしまう。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。