So-net無料ブログ作成

10月6日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第2講「セクシュアリティの基礎(1)ーセクシュアリティの構築性ー」 [お仕事(講義・講演)]

10月6日(金)  曇りのち雨  横浜  18.6度  湿度66%(15時)

10時、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュアとコーヒー。
171006-1 (1).JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
今日はかなり気温が低いので、完全な秋支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。

昼食は、タイ風チキンカレー。
171006-1 (2).JPG
12時15分、家を出る。
IMG_6941 - コピー.JPG
曇天、冷涼。
今日は、右足が痛い。

東急東横線で横浜駅へ。
京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」で時間調整を兼ねて休憩。
171006.JPG

13時16分発の特快(三崎口行)に乗車。
13時36分、金沢八景駅に到着。

13時46分発のバスに乗って関東学院大学へ。
14時、講師控え室へ。
レジュメは、前回分+10部の145部印刷。

15分前に教室(3号館5階502番)へ。
学生が1割ほど増殖している・・・。
少し多めに145部刷ったレジュメが15部ほど足りなくなる。
講師控室に戻り、増し刷り。
150人以上いる勘定。
誰だ「今年は少ないと思います」と言ったのは・・・。

15時10分、講義開始(10分遅れ)。
コメント票(受講動機)の感想を述べる。
第1講「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」の残りを解説。
■ 「性」を考えることの意味
(1)「生」と「性」の不可分性
(2)「性」を内省することの必要性
(3)性別二元社会の仕組みを知る
--------------(ここから)------------------
(4)女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5)「性」を考えることの普遍性と今日性

残り55分で第2講「セクシュアリティの基礎(1)ーセクシュアリティの構築性ー」に入る。
1 セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
2 セクシュアリティの構築性
3 セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
--------------(ここまで)------------------
4 セクシュアリティ観の変遷

話し過ぎて、説明が残ってしまった。
16時30分、終了。
講師控室に戻り、後片付け。
16時50分、辞去。

雨が降り出す。
海辺なので風も強い。
バスを待つ間、少し濡れる。
16時59分発のバスで金沢八景駅へ。

18時、自宅最寄り駅に戻り、駅前の「ドトール」で休憩とコメント票の整理。
仕事帰りの家猫さんと合流して、「東急ストア」で買い物。
本降りの雨の中、いっしょに帰る。
19時過ぎ、帰宅。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。