So-net無料ブログ作成

大将が出馬しない戦は、負け戦 [政治・選挙]

10月8日(日)

今日(8日)の党首討論会を見る限り、どうやら小池党首の出馬はないようだ。

政権選択を迫る総選挙で、野党第一党を目指す政党の党首が出馬せず、党首に代わる首班指名候補も明らかにしないということは、議会制民主主義のあり方としては、きわめて異例、はっきり言えばあり得ない。
もしくは、政権選択を迫るというのが嘘と見るべきか。

大将が出馬しない戦で勝てるはずがない(事例、関ケ原の戦いの西軍、大阪の陣の豊臣秀頼)。

実際、「希望の党」の比例区投票先は13%で完全に頭打ちで、自民党の32%とはダブルスコアー以上の大差(8日の『読売新聞』調査)。

このままの情勢で投票日を迎えれば、自民+公明党は議席を減らすものの過半数を超えることはほぼ確実で、安倍政権の継続となりそう。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。