So-net無料ブログ作成

富岡八幡宮女性宮司襲撃殺害事件 [事件・事故]

12月7日(木)

ひどいな。
最初、通り魔的な犯行かと思ったが、この女性宮司さんをターゲットにした犯行のようだ。

深川(江東区)の富岡八幡宮と言えば、江戸時代から深川の、いえ江戸下町の人たちに愛されてきた神社じゃないか・・・。

なんでこんなことに?

続報によると、容疑者は実弟で、姉を殺害後に自殺。
女性宮司(58)とその運転手を、実弟(56)とその知人女性(30代)が日本刀とサバイバルナイフで襲撃。
宮司は死亡、運転手は重傷。
襲撃した側の女性も弟に刺されて死亡、実弟はその場で自殺。

宮司職をめぐり、姉弟間でトラブルがあったらしい。

ちなみに、この女性宮司さん、殺害される当日のブログで、神職の世界で「セクハラ、パワハラ、ネグレクト、嫌がらせ……が当たり前のように、横行している」ことを訴えている。
https://ameblo.jp/tomiokashrine/entry-12334480912.html

-------------------------------------------------
<富岡八幡宮>3人死亡 宮司、刃物で襲われ

7日午後8時25分ごろ、東京都江東区富岡2で「刃物を持った女がいる」との110番があった。警視庁深川署員が駆けつけると、近くの富岡八幡宮の敷地内やその周辺で、男女4人が刃物で切られるなどしているのが見つかり、病院に搬送された。このうち3人が死亡し、男性1人が重傷を負った。

死亡したのは富岡八幡宮宮司の富岡長子さん(58)と弟で住所職業不詳の富岡茂永容疑者(56)、一緒にいた女。警視庁捜査1課は姉弟間で何らかのトラブルがあったとみて、殺人容疑で調べる。

捜査関係者によると、富岡さんが運転手の男性と車で帰ったところ、茂永容疑者と一緒にいた女に刃物で切りつけられた。富岡さんは意識不明の状態で病院に搬送されたが、死亡が確認された。運転手の男性も右腕を負傷したが命に別条はないという。

茂永容疑者は直後に女の腹などを刺して殺害し、自身の胸と腹を刺して自殺した。現場には血液のついたサバイバルナイフと日本刀が落ちていた。

神社の氏子らによると、宮司職をめぐって姉弟間でトラブルがあった。富岡さんは2010年ごろに宮司を名乗ったものの、怪文書をまかれるなど嫌がらせを受けていたという。

現場は東京メトロ東西線門前仲町駅から東に約400メートルで住宅や商店などがある。

富岡八幡宮のホームページなどによると、創建は江戸時代の1627年。徳川将軍家の保護を受け「深川の八幡様」として親しまれ、勧進相撲の発祥地としても知られる。江戸三大祭りの一つで、担ぎ手を水で清める水掛け「深川八幡祭り」も催され、一年を通して参拝客でにぎわう。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】
『毎日新聞』2017年12月8日(金) 1:07配信

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。