So-net無料ブログ作成

タクシー運転手との会話 [世相]

12月30日(土)

昨日、足は痛むし荷物は重いしで、新宿から神宮前までタクシーに乗った。
年配(と言っても私より少し下?)の運転手さんがいきなり「お客さん、ビットコインってどう思いますか?」と聞いてきた。

「えっ? なんでいきなり?」と思ったら、目の前(助手席の背もたれの裏側)にビットコイン取引の広告があった。

「う~ん、私の世代は、それなりの銀行や証券会社の株券が紙屑になるのを見ているからねぇ。ましてなんの実態もない仮想通過に投資する気にはなれないわよね」と返事をした。
すると、運転手さん「やはり、そうですよね。実は、私、その株券が紙屑になった証券会社に居たんですよ」

「え~っ!それはたいへんでしたね」と言ったところで、目的地に着いてしまい、「どこの証券会社ですか?」とまでは聞けなかった。
山一証券(1997年11月破綻)かな、それとも三洋証券(1997年11月破綻)かな。

以前、着物でタクシーに乗った時、いきなり着物の種類を言い当てた運転手さんがいたが、その人は倒産した着物屋の元・若旦那だった。

倒産やリストラで失業した男性で、タクシー運転手になった人はけっこう多いのだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。