So-net無料ブログ作成

霧島新燃岳、溶岩流出 [天文・気象・生物]

3月9日(金)

活動が活発化している霧島火山群の新燃(しんもえ)岳、噴出した溶岩が火口を埋めていたが、ついに北西側にあふれ出した。
ただ、新燃岳の溶岩は粘性が高いので、5kmなんて流れない。

それより火砕流の方が心配。
大規模な火砕流だと5kmくらいは極めて短時間で走るので、まず逃げられない。

-------------------------------------------------
新燃岳、火口から溶岩あふれる「来ないか心配」
新燃岳.jpg
新燃岳の火口から流出したとみられる溶岩流(9日午前)=(C)NNN

気象庁は9日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃しんもえ岳(1421メートル)で溶岩流を確認したと発表した。

火口からあふれ、北西方向に流出している。同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、火口から3キロ圏内での噴石や火砕流への警戒を呼びかけている。

溶岩は粘性があり、流れる速度が遅いため、同庁は「ただちに避難する必要はない」としている。火口から西へ約5キロの鹿児島県霧島市の北東部には人家が点在しているが、同県と宮崎県内で住民への避難勧告などは出ていない。9日午後7時までの監視カメラの映像では、溶岩の急激な広がりは確認されていないという。

1日に始まった連続噴火は9日午前1時45分に停止したが、午後3時58分には空振を伴う爆発的噴火が再び発生。噴煙は高さ3200メートルに達した。

火口の南西約3・5キロにある霧島市牧園町の「新湯展望台」からは、山の斜面を流れる溶岩や白い噴気が確認できた。周辺には硫黄のにおいがかすかに漂い、「ゴォー」という音が響いた。火口から約7キロ離れたところに住む男性(70)は、「溶岩が近くに流れてこないか、心配だ」と話した。

『読売新聞』2018年03月09日 20時48分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180309-OYT1T50053.html?from=ytop_photo

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。