So-net無料ブログ作成

1945年5月17日の新宿 [性社会史研究(遊廓・赤線・街娼)]

3月10日(日)

1945年(昭和20)5月17日、アメリカ軍が撮影した新宿の空中写真。
19450517(米軍) (2).jpg
黒っぽく見える地域は焼け残っていて、白っぽく見える地域はすでに焼けている。
四谷方面は、4月13日の空襲で焼けていて、新宿2丁目と1丁目の境界の道路、新宿通りで焼け止まったことがわかる。
右上の(現在の)歌舞伎町方面も焼けているように見える。
靖国通りの北側は、番衆町(現:新宿5丁目)は焼け残っているが、東京医大あたりから四谷寄りの富久町は焼けている。

「新宿遊廓」(新宿2丁目:下図で赤で囲った部分)はまだ焼けていない。
遊廓の西側と南側に白っぽい所が見えるのは、延焼防止目的の戦時強制疎開か。
19450517(米軍)2.jpg

しかし、焼け残っているエリアも、8日後の5月25日の空襲(東京山の手大空襲)で灰燼に帰す。

それにしても、これだけ精密な空中写真を、やすやすと敵機に撮影されている(B29により高高度偵察飛行)のだから、敗戦はもう必然だった。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。