So-net無料ブログ作成

4月13日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第1講「ガイダンス-身体・社会・「性」を考えることの意味-」 [お仕事(講義・講演)]

4月13日(金) 晴れ  東京  20.9度  湿度26%(15時)

8時半、起床。
朝食はクリームパンとコーヒー。
IMG_0887.JPG
10時55分、家を出る。
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
11時55分、明治大学和泉キャンパスに到着。
ちょうど1時間。
今日は乗り継ぎが良かったので、余裕をみて通勤時間1時間10分か。
IMG_0889.JPG
↑ 正面が教室がある「第一校舎」、左が講師控室がある「メディア棟」、右が図書館。

初講義の「身体と社会」の、履修者数がぜんぜん読めない。
文学部事務室に寄ったら「昨年度の履修は100人でした」とのこと。
なんでも同じ枠に人気講座があるらしい。

レジュメ何部、印刷しよう?
余っても足りないよりはいいからと思い150部印刷しようと決める。
でも、印刷機(リソグラフ)のキーを押すときに+10して160部にした。

印刷を終えて腹ごしらえ。
IMG_0891.JPG

12時50分にレジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
学生、あまりいない。
ところが開始5分前に行ったら、けっこう席が埋まっている。

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
第1講は「ガイダンス-身体・社会・「性」を考えることの意味-」。
例によって3部立て。
まず、シラバス(授業計画)のプリントを渡して説明。
次に、講師の自己紹介を兼ねて、私が研究してきたこと、そして、今までの軌跡について話す。
パワーポイントで写真を見せながら簡潔に。
最後に、講義を受講する「動機づけ」として、身体、社会、「性」の「性」を考えることの意味について話す。

Ⅰ 講師の自己紹介
 1 プロフィール
 2 私の軌跡 -新宿歌舞伎町の女装ホステスからトランスジェンダー研究者へ-
 (1)性別違和感の自覚と女装技術の習得
 (2)ネオンの似合う「女」になる
 (3)トランスジェンダーの当事者として語る
 (4)「女」性研究者としてのスタート
 (5)大学の教壇に立つ
 (6)海外に視野を広げる
 (7)トランスジェンダー研究者として 
Ⅱ  身体・社会・「性」を考えることの意味3 「性」を考えることの意味
 1 自分の身体をもっと知ろう!
 2 身体だけでは語れない
 3 社会の中で身体と「性」を自己決定する

少し時間を残して15時08分、終了。

結局、受講生は152人で、160部印刷して正解。
150部では足りなかった。
この道、30年、老非常勤講師の勘の冴え(笑)

178人収容の教室なので、ほぼ満席。
でも、今日の人数なら、なんとか収まるが、来週増えたら溢れる。
私の講義、だいたい初回より2回目で増える。
しかも2割くらい・・・。
その旨、帰りがけに事務室に寄って伝達。
IMG_0896.JPG
↑ 中庭の八重桜。
今年はもう盛りを過ぎていて残念。

15時40分、辞去。

駅に向かう途中の「なか卯」で遅い昼食。
IMG_0897.JPG
↑ どっちも中途半端だった(失敗)。

17時、自宅最寄り駅に戻り、「ドトール」で休憩。
IMG_0898.JPG
↑ 無性に甘い物が食べたかった。
やはり、馴れない場所、初めての科目の初講義で消耗したのだろう。
IMG_0899 - コピー - コピー.JPG
コメント票を整理。

18時、帰宅。

----------------------------------------------------
【初回受講者の内訳】
1年生   69人
(必修)14組(現代社会学専攻)44人
(選択)1~12・15組     12人
(選択)13組(臨床心理学専攻)13人
2年生   72人
(必修)14組(現代社会学専攻) 4人
(選択)1~12組       53人(内、10組 地理学 17人)
(選択)13組(臨床心理学専攻)15人
3年生    1人
4年生    6人
他学部    3人
-----------------------------------------------------
計    151人


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。