So-net無料ブログ作成

昭和大学附属烏山病院「ジェンダー外来 」の対象 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月15日(日)

4月から始まった昭和大学附属烏山病院(世田谷区北烏山)の「ジェンダー外来 」の「対象」は下記の通り。
---------------------------------------
12歳以上の性別違和感をお持ちの方、ご自身の性別やジェンダーのあり方でご相談を希望される方
LGBTQ(Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, Questioning)当事者の方
セカンドオピニオンはお受けしておりません。
http://www.showa-u.ac.jp/SUHK/department/special/gender.html
--------------------------------------
問題は2つ目。
日本では「ジェンダー外来」≒「性同一性障害外来」だったわけだが、この病院は、そこに対象者として「LGBTQ」を加えた。
TとQはともかく、LGBにはどんな「治療」をするというのだろう?
まさか、高電圧電気ショック療法(私の世代だと想像してしまう)ではないと思うけど・・・。

LGBは一般外来でいいのではないだろうか。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。