So-net無料ブログ作成

新・国際疾病分類「ICD-11」の 新病名案 [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月1日(火)

日本精神神経学会が、世界保健機関(WHO)の国際疾病分類第11版(International Classification of Diseases 11th Revision: ICD-11)の新病名についてパブリックコメントを募集中。

https://qplusapac.au1.qualtrics.com/jfe/form/SV_74HOhjN5XEkVxTn

--------------------------------------
「ICD-11」 新病名案

18 Conditions related to sexual health (性の健康に関連する状態)
 18.1 Gender incongruence(性別不合)
  18.1.1 Gender incongruence of adolescence or adulthood
     (青年期および成人期の性別不合)
  18.1.2 Gender incongruence of childhood
     (小児期の性別不合)
--------------------------------------

今まで、いろいろ検討してきた通りの新病名案なので、ほぼ「性別不合」で決まりでしょう。

細かいこと言うと「Conditions related to sexual health (性の健康に関連する状態)」なので、「病名」と言っていいのか微妙。
厳密に言えば「状態名」だと思うが、今度は日本語として微妙・・・。

なお、18章には、下記が「お仲間」として並びます。
--------------------------------------
 18.2 Sexual dysfunctions(性機能不全群)
  18.2.1 Sexual arousal dysfunctions(性的興奮不全群)
  18.2.2 Orgasmic dysfunctions(オルガスム不全群)
  18.2.3 Hypoactive sexual desire dysfunction(性欲低下症)
 18.3 Sexual pain disorders(性疼痛症群)
  18.3.1 Sexual pain penetration disorder(性疼痛・挿入困難症)
  18.3.2 Dyspareunia(性交疼痛)
--------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。