So-net無料ブログ作成

もうまじめにやるのは止めよう [日常]

6月11日(月)

2周遅れの現状をせめて1周遅れの状態にしようと提言したら、「いや、先頭に追いつかなければ!」と反対されて、結果的に3周遅れになる展開。

自分、なんのためにやってるのだろう?
つくづく虚しくなる。

もうまじめにやるのは止めよう。
「なんちゃってジェンダー論」、「なんちゃってセクシュアリティ論」の講師なんだし、「なんちゃって法改正提言」でいいのだ。

週に1回くらい、通勤ストレスがない都心の大学で講義するだけで、あとはできるだけ家にいて、書きたい原稿を書いていたい(無理して出版しなくてもいい)。

今さら頑張ったところで、どこかの大学に就職できるわけではないし、もともと嫌いな「運動」に協力したところで、自分が生きている間(あと5~10年)に世の中が大きく変わる見込みはないし。

あと10年くらいならなんとか暮らしていける貯えはあるし、(たまに野猫さんと遊ぶくらいで)あまり世交わりせずに、大好きな家猫さんとのんびり余生を過ごしたい。

そもそも、60歳で隠居するはずだったんだ。
なのに、なんでこんなことになってるのだろう?

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

可愛い真樹猫ちゃん

>そもそも、60歳で隠居するはずだったんだ。

以前、引退、隠居、余生などと書き込まれていみゃしたにゃ。

今からでも遅くにゃいので、尼寺(修道院)で祈りと労働の
日をおくられることをお勧めしみゃす。
トラピスチヌは遠いにょで、県内でも修道院がありみゃす。



'Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved,
How precious did that grace appear,
The hour I first believed.

神の恵みこそが 私の恐れる心を諭し
その恐れから心を解き放ち給う
信じる事を始めたその時の
神の恵みのなんと尊いことか

Through many dangers, toils and snares
I have already come.
'Tis grace hath brought me safe thus far,
And grace will lead me home.

これまで数多くの危機や苦しみ、誘惑があったが
私を救い導きたもうたのは
他でもない神の恵みであった
by 可愛い真樹猫ちゃん (2018-06-16 00:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。