So-net無料ブログ作成

なんでそうなる? トイレ前と中で夫婦死亡 [事件・事故]

7月31日(金)

ひどい話だなぁ。
最初、見出しだけ見て、てっきり70~80代の高齢者夫婦の話かと思ったら、40・50代の中年夫婦だった。
それにしても、この酷暑でエアコン使わず、食事は宅配業者って、いったいどういう生活してたのだろう。
住んでいるのもマンションだし、貧困という問題でもないように思うが・・・。

----------------------------
変死:トイレ前と中で夫婦死亡 東京・荒川のマンション

30日午後3時35分ごろ、東京都荒川区荒川のマンション2階の一室で、トイレ付近に男女が折り重なるように倒れて死亡しているのを訪ねてきた弁当宅配業者が発見した。警視庁荒川署によると、この部屋に住む40代の夫と50代の妻とみられ、いずれも外傷はなく死後2〜3日が経過していた。

同署によると、夫はトイレの前で倒れ、妻はドアを30センチほど開けてトイレの中から上半身だけ出すようにして倒れていた。妻がトイレに入った後、夫がドアをふさぐようにして寝込んでそのまま何らかの原因で死亡し、妻は出られなくなって脱水症状や熱中症などで死亡した可能性がある。夫は体重100キロほどの大柄な体格で病気治療のため薬を服用していたという。

夫婦の親族に同署が事情を聴いたところ、夫婦は2人暮らしで普段からエアコンを使っていなかったという。夫は27日に近所の親戚宅であった法事で酒を飲んで帰宅した。妻は28日未明、「夫がトイレの近くで眠ってしまった」と親族に電話をかけていた。

弁当宅配業者が28日以降、夫婦と会えなくなったため大家と一緒に室内に入り、2人を発見した。【曽田拓】
『毎日新聞』2015年07月30日 23時31分(最終更新 07月31日 00時41分)
http://mainichi.jp/select/news/20150731k0000m040165000c.html

7月30日(木)『アスティオン』打ち合わせ  [お仕事(執筆)]

7月30日(木)  曇り  東京  34.3度  湿度69%(15時)

9時、起床。
朝食は、マンゴーデニッシュとコーヒー。
IMG_1809.JPG
シャワーを浴びて、髪と体を洗い、髪はよくブローしてあんこを入れて頭頂部で結んで、和装用の髪飾りをつける。

11時、化粧と身支度。
水色の地に大輪の白百合の綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、白と水色の夏の帯締を掛ける
焼桐の台に濃紺の麻の葉柄の鼻緒をすげた右近下駄(浅草花川戸・長谷川)。
大きな籠バッグ。

11時40分、家を出る。
東急東横線(渋谷駅乗換)東京メトロ半蔵門線で、12時半、永田町駅へ。
紀尾井町方面へ出て、外濠にかかる弁慶橋を渡って「ホテル ニューオータニ・ガーデンコート」へ。
IMG_1820(2).jpg
「ホテル ニューオータニ」の一部ではあるけども、実際にはオフィスビルなので、ガードマンがたくさん立っていて、ちょっと物々しい雰囲気。
「え~と、どうするんだっけ?」と立ち止って書類を見ていたら、受付嬢が「どちらをお探しですか?」と声をかけてくれる。
「サントリー文化財団のYさんにガーデンコートクラブに来るように言われたのですが、三橋といいます」と答えると、「うかがっております。これで、29階にどうぞ」と、通行証を渡される。
エレベーターを降りると、きれいなおねえさんが待っていて「どちらさまでしょうか?」と声をかけてくる。
先ほどと同じ答えをすると、「お待ちしておりました。こちらのお部屋でございます」と案内してくれる。

実は、事前にインターネットで「ガーデンコートクラブ」を調べたのだが、会員制のクラブだという以外、ほとんど情報が出ていない。
早い話、安倍首相が経済界の偉い人と食事をしながら密談する際に使われる場所。
セキュリティが厳しいのは、そういう事情らしい。
ともかく、日ごろ地べたを這いずっているような野良講師にはまったく場違いな所。

ということで、定刻(13時)の7分前やっと打ち合わせ会場に到着。
サントリー文化財団が刊行している評論誌『アスティオン』の編集担当の方4人、同誌の編集委員長である田所昌幸慶應義塾大学教授(国際政治学)、今号の担当委員の苅部直東京大学教授(日本政治思想史)にご挨拶。
執筆者の川田順造東京外国語大学名誉教授(文化人類学)にもご挨拶。
川田先生の『マグレブ紀行』(中公新書、1971年)、『サバンナの博物誌』(新潮選書、1979年)などは、フィールドワーク好きの大学生だった私の愛読書だった。
それから40年近く、こうした場で隣席させていただきとても感激だった。
少し遅れて到着された谷口功一首都大学東京准教授(法哲学)にもご挨拶。
谷口さんは、12年前「性同一性障害特例法」制定の時、論敵。
あちらは積極推進派、私は徹底反対派だったが、まったく遺恨はない。

今号(83号)の特集は「マルティプル・ジャパンー多様化する日本ー」。
私に与えられたテーマは「日本におけるジェンダー・セクシュアリティの歴史と現在」。
食事をしながら、執筆構想をお話する。
なので、せっかくのお料理の味がよくわからなかった。
IMG_1821.JPG
IMG_1822.JPG
なぜ私などが、ここに呼ばれて、この雑誌に執筆することになったのか、いまだによくわからないのだが、ご飯をいただいてしまった以上、書くしかないと覚悟を固める。
IMG_1823.JPG
↑ 会場からの眺望(南方向)。視界が良くなく残念。

14時40分、辞去。

7月29日(水)「真夏の荒行 第2弾」明治大学文学部「ジェンダー論」レポート読み [お仕事(講義・講演)]

7月29日(水)  曇り  東京  32.5度  湿度60%(15時)

「真夏の荒行 第2弾」明治大学文学部「ジェンダー論」のレポート読み。

26日(日) 平常点記入
27日(月) 21本
28日(火) 24本(45)
29日(水) 30本(75)
残り    110本  

暑さのせいか、体調がいまひとつで、なかなかペースが上がらない。

「北干住駅」(大笑) [事件・事故]

7月29日(水)
北干住.jpg
北千住駅と言えば、(常磐線沿線の人が思う)都心の重要駅じゃないか。

「原因を詳しく調査中」って、発注者(東京メトロ)も受注業者も、小学校で教わるレベルの漢字の分別ができなかったってことじゃないの?

それにしても、最近、適当に作った新しい地名じゃなく、江戸の人なら誰でも知ってる有名な地名だよ。
間違えるにしたって程ってえものがあるだろう。

---------------------------------------
北千住駅が「北干住駅」に、ホーム看板27枚誤植で交換 東京メトロ千代田線

東京メトロは29日、東京都足立区の東京メトロ千代田線「北千住駅」のホームにある駅名表示板27枚が、7月頭から「北干住駅」になっていたと明らかにした。発注の際に「千」と「干」を間違えたのが原因。

東京メトロは原因を詳しく調査中。担当者は「一見すると気付きにくいが、ほかの看板と見比べれば明確な誤りと分かる。お恥ずかしい限り」と話している。

標識はLED照明に更新する際に取り換えられていた。21日に乗務員の指摘で発覚した。近く交換する予定で、応急処置としてシールを貼り修正している。

同駅にある27枚以外の看板や路線名の「千代田線」の表記、同じ路線の「千駄木駅」の看板の「千」に誤りはない。

同性カップル 世田谷も「公認」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月29日(水)

世田谷区居住(もしくはその予定)の同性カップルが「区にパートナーであることを宣誓し、区が押印した宣誓書の写しと受領の証書を交付する」という方式。

少なくとも数万円の費用をかけて公正証書を作らなければならない、渋谷区方式よりずっと簡便。
ただし、根拠となる条例も公正証書もなしなので、法的効力はゼロに等しい。

渋谷区の証明書は「地域振興券」並みの効力だが、世田谷区のは「神社の御札」くらいの効力はありそうだ。

それより、渋谷区の証明書発行が予定(10月末)より遅れそうなので(選挙終わったから急ぐ必要ない)、世田谷区の方が実施が早くなるかも。
さらに、手続きの簡便さや区内人口からして、世田谷区の登録者の方がずっと多くなりそう。

しかし、渋谷区の条例成立から4カ月で、やっと2区目。
東京の他の21区の中で、渋谷、世田谷に続く動きはあるのだろうか?
ぜんせん聞こえてこないのだが・・・。

【追記(31日)】
新聞各紙の関係記事を集めてみた。
『読売新聞』は記事が見つからなかった。

棚村政行教授(早稲田大学法学部:家族法)
「今回の要綱案では具体的な効果が期待できない。そのために実際に使う人が増えず、制度に広がりを欠くことにならないか心配だ」(東京新聞7月30日朝刊)
まあ、現実的にはその通りなんだけど、棚村先生、意外にシビアだな。
-------------------------------
同性カップル 世田谷も「公認」 区が公的書類発行へ

東京都世田谷区は29日、同性カップルの宣誓を認める公的書類を発行すると定めた要綱案を区議会に報告した。要綱案には区の発行する書類の具体的な効力は明記されていないが、公的機関が同性カップルを承認する制度が広がることで、性的少数者(LGBT)への偏見や不利益の解消が進むことが期待される。区は11月をめどに書類を発行する方針。

要綱案によると、同性カップルが区にパートナーであることを宣誓し、区が押印した宣誓書の写しと、受領の証書を交付する。宣誓するには、双方が二十歳以上で区内に居住するか、一方が区内に住み、もう一方が転入を予定していることなどが条件。区が十年間、宣誓書を保管する。

要綱は、自治体の事務の目的や手順を示したもので、条例のように議会の議決は必要ない。首長の権限で策定できる。

性的少数者は賃貸住宅の入居や病院の面会などで、戸籍上の家族ではないことを理由に断られるといった不利益があり、世田谷区はこうした差別の解消を目的に要綱案を示した。

今年四月には、同性カップルを結婚に相当する関係と認めて「パートナーシップ証明書」を発行する渋谷区の条例が施行し、区は十月末をめどに証明書の発行を目指している。この条例は法的拘束力はないものの、事業者に公平・適切な対応を求めており、差別的な行為をした場合は事業者名を公表する規定も盛り込まれている。

渋谷区の条例では、双方が互いの後見人となる契約を結ぶことが必要で、公証役場での手続きや費用が発生する。

一方、世田谷区の要綱案は渋谷区のような規定はないが、二人がパートナーシップを宣誓すれば、公的書類の交付を手軽に受けることができる。

この日開かれた区議会区民生活常任委員会では、区議が「宣誓書を見せれば、事業者が対応をするといった具体的効果を考えなければ理念にとどまるのでは」と質問。

区側は「性的少数者に基礎自治体が向き合い、啓発の第一歩となることに意味がある」と要綱の意義を強調した。

<LGBT> レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(体と心の不一致)の頭文字を取った性的少数者への総称。今年4月、電通ダイバーシティ・ラボが日本の成人約7万人を対象にした調査では、7・6%がLGBTに該当すると答えた。

『東京新聞』2015年7月29日 13時52分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015072990135241.html
-------------------------------
世田谷区、同性カップルに公的書類発行へ 渋谷区に次ぎ

東京都世田谷区は、区内の同性カップルから申請があれば結婚に準じる関係と認める公的書類を発行する方針を決めた。11月をめどに実施する。4月に同性パートナーシップ条例を施行した渋谷区が同様の書類を発行しており、全国で2例目となる。

29日の区議会常任委員会で区が報告した。対象は20歳以上の区内の同性カップルで、2人の住所や氏名を記した「パートナーシップ宣誓書」を提出すれば、保坂展人区長名で「受領証」を発行する。宣誓書は10年間保存するが、カップルの双方が望めば廃棄する。

渋谷区の条例は、区内の事業者が証明書に最大限配慮するよう定め、住居の賃貸契約や病院の面会時に戸籍上の家族ではないことを理由に断るなどした場合は、区が是正勧告をした上で事業者名などを公表できる。一方、世田谷区の受領証にこうした効力はない。(斉藤寛子)
『朝日新聞』2015年7月29日18時54分(30日朝刊社会面掲載)
http://www.asahi.com/articles/ASH7Y5KF5H7YUTIL02J.html
-------------------------------
東京・世田谷区も同性カップル認定へ 「宣誓書」受付

東京都世田谷区は同性カップルを対象にした「宣誓書」の受付制度を導入する方針を決めた。区が作る独自の誓約書を同性カップルが提出すると、その写しを交付したうえで、区長名の受領書を渡す。同様の事例として証明書を発行する条例を制定した渋谷区と違い、法的な裏付けはないが、事実上の証明書代わりにしてもらう。

11月にも始める制度の対象は、20歳以上の世田谷区内に住む同性カップルで、一方が区内への転入を予定している場合も認める。同性カップルは戸籍上の家族ではないことを理由に、住まいの賃借や病院での面会など日常生活で制約がある。独自の制度で性的マイノリティー(少数者)が生活しやすい環境づくりを後押しする。

関連条例は制定せず、区内の不動産業者や医療機関などに取り組みの趣旨を理解してもらうよう協力要請を検討する。

保坂展人区長は「区長の裁量としてできることの範囲内で、準備を進めていきたい」と制度導入の検討を表明していた。
『日本経済新聞』2015年7月29日 23時45分(30日朝刊社会面掲載)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HED_Z20C15A7CC1000/
-------------------------------
同性カップル:東京・世田谷「公認」 区が宣誓書発行 渋谷に続き、11月にも

東京都世田谷区が29日、同性同士のカップルについて区発行の「宣誓書」でパートナーシップを認める方針を明らかにした。9月議会での議論を経て11月から実施する意向だ。実現すれば、4月に条例化した渋谷区に続き、国内自治体で同性カップルを公的に認める制度として2例目となる。

世田谷区の制度では同性カップルが「互いを人生のパートナーとする」と宣誓する「パートナーシップ宣誓書」に区職員の面前で署名。区は宣誓を証明する「パートナーシップ宣誓書受領証」と、宣誓書の写しをカップルに交付する。

宣誓には、(1)双方が20歳以上(2)双方が区内に住所があるか、または一人が区内に住み、もう一人が区内への転入を予定している−−が条件。受領証に区長の署名が入る予定という。条例ではないが、宣誓書により同性カップルが緊急時の病院での面会や賃貸住宅入居などの場面で異性婚の配偶者同様に扱われる可能性がある。

同性カップルを公的に認める制度を巡り保坂展人区長は3月、区内在住者から要望を受け、「区長の判断でできることを早くやっていきたい」と回答。宮崎健二副区長は「区民が考えるきっかけになれば」と話している。【藤沢美由紀】
『毎日新聞』2015年07月30日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150730ddm041010171000c.html
-------------------------------
世田谷も同性カップル公認 11月めど、パートナーシップ宣誓書

同性カップルへの対応について検討を進めてきた世田谷区は、11月をめどに、「パートナーシップの宣誓の取り組み」を実施することが29日、分かった。区に「パートナーシップ宣誓書」を提出した同性カップルに、収受印を表示した宣誓書の写しと受領証を交付する。

区が交付する書類に法的な効力はないが、同性カップルとして区が“公認”することで、「存在を認めてほしい」という気持ちを受け止めるのが狙い。

宣誓書を提出しようとする双方が20歳以上で、区内に同一の住所を有するか、または一方が区内に住所を有し、かつ、もう一方が区内に転入を予定していることが条件。区は宣誓書を10年間保存するが、カップル双方が希望した場合は廃棄も可能という。

同区人権・男女共同参画担当課は「多様性を認め合い、女性や高齢者、外国人や性的マイノリティへの差別がなくなる一助となればいい」と話している。

『産経ニュース』2015年7月29日 19時59分更新
http://www.sankei.com/life/news/150729/lif1507290034-n1.html
-------------------------------
世田谷 同性カップル公認へ 識者「要綱案 さらに改良を」

東京都世田谷区が要綱案を示したことに、「第一歩を踏み出せた」と話す上川あや区議=29日、同区で
上川あや.jpg
東京都世田谷区が二十九日、同性カップルの宣誓を認める要綱案を区議会に示したことを受け、同区の性的少数者からは歓迎の声が上がった。一方で、要綱案には具体的な効力が明記されておらず、「現実的なメリットがなければ、使う人が増えないのでは」と不備を指摘する専門家もいる。 (宮畑譲)

「同性愛者のニーズを見える形にする第一歩が記せた。より多くの人が性的少数者について考える機会にもなる」。性同一性障害であることを公表している同区の上川あや区議が意義を強調する。同区に住むレズビアンの渡辺美和さん(39)も「パートナーが認められないのではと将来に不安を感じていた。社会的に承認されると思うと素直にうれしい」と喜ぶ。

要綱案によると、同性カップルが区にパートナーであることを宣誓すれば、区が押印した宣誓書の写しと受領の証書を交付する。宣誓するには、双方が二十歳以上で区内に居住するか、一方が区内に住み、もう一方が転入を予定していることなどが条件。区は十一月の発行を目指して準備を進める。

四月に渋谷区が施行した条例では、同性カップルを結婚と同等の関係と認める証明書を発行する。条例は区民や事業者に公平・適切な対応を求めており、差別的な行為をした事業者名を公表する規定もある。

しかし、世田谷区の要綱案は、証書をどんな場面で使えるのかといった具体的な効力は示していない。要綱が実施されても、賃貸住宅の契約や病院の面会を断られるなどの性的少数者の不利益を解決できるのかは不透明だ。

早稲田大学法学部の棚村政行教授(家族法)は「渋谷区に続いて基礎自治体が同性カップルに公的な証書を出す意味は大きい。今後、ほかの自治体も続いて国の法改正につながれば」と期待を寄せる。「の一方で、「今回の要綱案では具体的な効果が期待できない。そのために実際に使う人が増えず、制度に広がりを欠くことにならないか心配だ」と指摘し、要綱案のさらなる検討を求めている。
『東京新聞』2015年7月30日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015073002000132.html

佐藤かよさんの「春麗」コスプレ [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月29日(水)
モデル&タレントの佐藤かよさん(26)が、格闘ゲーム『ストリート ファイター』シリーズの登場キャラクター・春麗(チュン・リー)のコスプレ姿をインスタグラムで公開。
佐藤かよ(春麗:201507).jpg
う~ん、さすがだ、レベルが高い。
もっとちゃんと撮った写真が見たいな。

春麗はチャイニーズだから、いくら足が長くても欧米系の容貌のモデルさんでは、様にならない。
それに格闘家だから、あまりか細いタイプのモデルさんでも、おかしい。
純粋東洋系美人で、男性平均並みに背丈があり(172cm)、女性平均よりは骨格がしっかりしている佐藤さんは、まさにうってつけ。

佐藤さん、質量ともに圧倒的に優勢な生得的な女性モデル&タレントの中で、頑張っているなぁ、と思う。
トランスジェンダーの社会的ポジションは、この写真のように、それぞれの世界でそれぞれの人が身体を張って頑張ることでしか得られない。
ますますの活躍を願っている。

「少年売春」の摘発事例 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

7月28日(火)

なかなか表に出てこない「少年売春」の摘発事例。
「児童福祉法(児童淫行)」違反での摘発だが、これが少女だったら「売春防止法」第10条「人に売春させることを内容とする契約をする行為」(管理売春の禁止)違反になるケースだと思う。

また、買春した男性会社員(49)も、「児童買春禁止法」違反を適用すべきだと思うが、なぜ逮捕されないのだろう?

---------------------------------
「男子学園」の16歳少年に淫行させる 容疑で風俗店長の男逮捕

風俗店で少年に男性客相手のわいせつな行為をさせたとして、神奈川県警少年捜査課などは27日、児童福祉法違反(児童淫行)の容疑で、東京都荒川区の風俗店長、牧智之容疑者(28)を逮捕した。

逮捕容疑は、横浜市中区の風俗店「DG男子学園横浜店」の店長だった平成26年9月、従業員として雇った市内の会社員の少年=当時(16)=に、常連客の男性会社員(49)を相手にわいせつな行為をさせたとしている。「16歳とは知らなかった」と容疑を否認している。

同課によると、少年は昨年6月、スマートフォンのアプリを通じて同店からホストとしての勧誘を受け、面接で実際の仕事内容を知らされたという。少年は7月から9月にかけ約60人の男性客を相手にし、計約50万円を店から受け取っていた。

今年3月、少年が県警に相談して発覚。ホームページによると、DG男子学園は全国で十数店舗を展開している。

『産経新聞』2015年 7月27日(月)19時38分配信
http://www.sankei.com/affairs/news/150727/afr1507270046-n1.html

『月刊サイゾー』「マツコ・デラックス特集号」の取材 [お仕事(出演・取材協力)]

7月27日(月)
(続き)
国分寺駅14時30分発の青梅特快に乗車(6分延着)。
遅れをかなり取り戻して、14時53分に新宿駅に到着(2分延着)。
パウダールームで大急ぎで化粧直し。

15時過ぎ、東南口改札で、ライターのS氏と待ち合わせ。
東口の「椿屋喫茶店・新宿茶寮」へ。
『月刊サイゾー』の「マツコ・デラックス特集号」の取材を受ける。
4月の「ニコニコ超会議」でプレゼンした、双性(Double Gender)+異形≒神性=最強という持論を解説する。
16時30分、辞去。

この「椿屋喫茶店」、その昔の「談話室 滝沢」なのだが、分煙が実にいい加減。
というか、分煙する気がないのでは。
本来、コーヒーの香りと味を楽しむはずの喫茶店が、喫煙高齢者のたまり場になっているのは哀しい。

JR山手線(目黒駅乗換)東急目黒線で、自宅最寄り駅へ。
「東急ストア」で夕食の材料を買い物。
うまい具合に息子に出会ったので、荷物を自転車で運んでもらう。

18時、帰宅。
今日の暑さの中、動き回って、さすがに身体にこたえた。
しばらく何もする気になれないくらい疲労困憊。

夕食は、イワチクの「銀河離宮のまかないカレー(ポーク)」(レトルト)を使って、とんかつと夏野菜のオイル炒めをのせたフェイク夏野菜カレー。
IMG_1793.JPG

「真夏の荒行 第2弾」明治大学文学部「ジェンダー論」のレポートを読み始める。
暑さでバテてしまい、21本。

就寝、3時。

「旨辛ラーメン 表裏(ひょうり)国分寺店」 [日常(料理・食べ物)]

7月27日(月)
(続き)
昼食は、東京経済大学の南側を通る道沿いにある、以前から気になっていたラーメン屋に行ってみる。
IMG_1791.JPG
「旨辛ラーメン 表裏(ひょうり)」という店。

食券販売機の前で迷ってしまい、イケメンの店員さんに「あまり辛くないのはどれですか?」と尋ねる。
「鷹の爪ラーメンです」という返事。
聞き間違えたかと思って「えっ、この鷹の爪ラーメン?」と聞き直す。
「はい」という返事。
半信半疑で鷹の爪ラーメン(700円)を注文。
待つことしばし、出てきたのは黄色の太麺を使ったシンプルなラーメン。
IMG_1787.JPG
↑ タイムサービスの味玉子がなかったら、具はもやしだけ。
IMG_1789.JPG
↑ かなりの太麺。

恐る恐る食べてみると、なるほど名前ほどは辛くはない。
ん、この麺、なかなかだぞ。
私は太麺は好きではないのだけど、これはおいしい。
「小麦の種皮」を使っているとのこと。
さらに、スープもおいしい。
説明によると、豚骨、鶏、香味野菜を18時間煮込んだ濃厚スープだそうだが、味にコクがあって、麺とよく合う。

終盤、ちょっと口が飽きてきたので、目の前にある「辛みパウダー」を入れてみる。
IMG_1790 (2).JPG
うん、このくらいの辛さがちょうど良い。
でも、これが大失敗。
「ごちそうさま、おいしかったです」と店を出た直後から、ただでさえ気温35度の猛暑なのに、カプシサイシン効果で大発汗。
緩い坂道を急ぎ足で上り、国分寺駅に着いた時には、汗まみれで、化粧ドロドロ。

東京経済大学「新次郎池」の現況 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

7月27日(月)
(続き)
IMG_1764.JPG
国分寺崖線の森を下り、毎年恒例の「新次郎池」の観察。
「新次郎池」は、、東京経済大学の構内にある国分寺崖線の湧水を集める池で、野川(多摩川の支流)の水源のひとつ。
IMG_1769.JPG
↑ 今年の水量は、満水ではないが、まずまず。
IMG_1770.JPGIMG_1771.JPG
↑ 西側の湧水はかなり豊富で十分な量が池に流入している。
IMG_1772.JPGIMG_1773.JPG
↑ 北側の2か所の湧水はやや少な目。
IMG_1768.JPG
↑ 流出量も、ちょうど良い感じ。
IMG_1767.JPG
↑ 野川の源流のひとつになる小川もちゃんと流れている。
IMG_1779.JPG
↑ 近所の母娘が散歩がてら涼んでいた。
IMG_1777(2).jpg
私も、ここで一息入れたかったが、次の予定があって、ゆっくりできず、残念。

(参照)
2013年7月30日の状況(渇水)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-07-30-3
2014年7月29日の状況(水量豊富)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-07-29-5