So-net無料ブログ作成
検索選択

女性的男子の軍隊生活の実態―一例として― [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

3月6日(日)

今、戦後混乱期のノガミ(上野)の男娼世界で抜群の美貌で知られた「人形のお時」姐さん(↓)についてまとめているのだが、それに関連して・・・。
人形のお時(『別冊怪奇雑誌』195101)(2).jpg

男性性優位原理(machismo)が支配する 旧・日本軍において、女性的な男性は、軍営内で過酷な「いじめ」にあっていたというのが一般的な見解である(ちゃんと実証的に検証した論文は知らないが)。
一般論として、それを否定するつもりはない。
ただ、常にそうだったかというと、どうも違うようだ。

お時姐さんは、女形役者として有楽座の舞台に出ていた時、召集令状を受け取り、長く伸していた髪を切って入営する。
時期は1943~44年(昭和18~19)、お時さん19~20歳の時だった。

その後の詳しい経緯は不明だが、1944年末~45年初頃、東京月島の高射砲第114連隊の1904部隊に配属されていた。
B29の空襲から帝都を防衛する重要部隊である。

お時さんは最下級の二等兵であるのもかかわらず、「なにしろ卵をむいたような色白の美貌だったので、古参兵などにはかわいがられたり、中隊長の当番兵になったりしていたので、いつも楽な勤務に回されていた」
(鎌田意好「異装心理と異装者の実態」『風俗奇譚』1965年7月号 文献資料刊行会)

「力仕事は一切免除され、みんなから『お嬢さん、お嬢さん』と呼ばれていた」
「女ッ気のない軍隊生活は、或はお時さんにとって結構楽しめたかもしれない」
そして「終戦にならぬ中『肺浸潤』というデタラメな名目で除隊」になる。
(三宅淑男「男になれぬ男 男娼のベテラン お時さん」『別冊 怪奇世界』性愛特集号 1951年1月 加賀屋書房)

お時さんは、月島部隊の班長(直属上官)の軍曹に愛されて「処女?を破られ」、それが敗戦後の男娼生活のきっかけになるのだが、少なくともその軍隊生活は過酷ないじめの連続という状況ではなかったようだ。

実は、資料を丁寧に当たっていくと、こうした事例は他にいくつも出てくる。

女性が不在の軍隊で、女性的男子がどう扱われたかは、一様ではなく、かなり多様であったのではないだろうか。



韓国人男性によるタイ人Trans-womanへの一方的暴力 [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月5日(土)

これはひどいなぁ。
動画を見るとわかるけど、加害者の韓国人男性が被害者のタイ人Trans-womanに馬乗りになって殴りかかり、それをもう1人の男性が引きはがそうとし、被害者の友人と思われる女性が加害者にキックを入れている。
(動画)https://www.facebook.com/Biwieez/videos/1099711790048175/
ほとんど一方的な暴力加害なのに、警察の扱いは「男性同士の喧嘩」ということで「両成敗」、加害者はお咎めなし。
理不尽と言うしかない。

パブでナンパして断られた腹いせに暴力を振るい、Trans-womanとは知らなかったとのことで、事件そのものはTrans-womanへの暴力ではなく、韓国に多い男性による女性への暴力事件の一つだと思う。

Trans-womanの人権無視も大問題だが、男性同士の喧嘩は「両成敗」でお咎めなしという韓国の法システムはとうてい現代のものとは思えない。

気になるのは、日本のLGBTの人権問題や性暴力問題に関心があるはずの人たちが、この件をスルーしていること。
なんでだろう?

----------------------------------------
タイ人ニューハーフ学生が韓国・ソウルで暴行被害、韓国男が振られた腹いせに路上で
Kittikhun-Sangtubtim.jpg
ソウルで暴行被害に遭ったKittikhun Sangtubtimさん [コピーライト]https://www.facebook.com/Biwieez/

韓国在住のタイ人ニューハーフが、韓国人男性に路上で暴行された事件が話題です。

暴行被害に遭ったのは、韓国に留学中のKittikhun Sangtubtimさん(24歳)。Kittikhunさんが自身のFacebookにその経緯を掲載したところによると、友人と共にソウル市内のパブへ遊びに行ったKittikhunさんは、一人の韓国人男性に気に入られ、何度も声をかけられたとのこと。しかしKittikhunさんはその韓国人男性に興味がなかったため、誘いに応じることなく無視をしていたのだそうです。無視されたことに腹を立てた韓国人男性は、パブの前でKittikhunさんを待ち伏せし、Kittikhunさんが出てくるやいなや殴る蹴るの暴行を加えたのだとか。

韓国人男性は何度も何度もKittikhunさんの顔面を殴り続け、血だらけになっても鼻が曲がってもなお殴り続けたとのこと。その間、周りの人々はただ見ているだけで、韓国人男性の暴行を止めることなく、Kittikhunさんを助けることもなかったそうです。(上記動画参照)

その後Kittikhunさんと韓国人男性は警察へ。警察官がKittikhunさんのパスポートを確認して、その性別の記載からKittikhunさんが男性であることが明らかになると、この件は男性同士のトラブルのため「喧嘩両成敗」ということになり、一方的に暴行をした韓国人男性には何のお咎めもなく解放され、何の罪にも問われないという結果になったとのこと。なお、韓国人男性はこの時になってはじめて、Kittikhunさんがニューハーフであることを知ったのだとか。

Kittikhunさんは、これ以上韓国に滞在する気はなく、出来るだけ早くタイに帰国したいとのこと。また、韓国を訪れる女性に対して、韓国人男性には十分気をつけるように注意を促しています。

「タイランドニュース」 2016年3月2日 配信
http://www.thaich.net/news/20160302t.htm

3月5日(土)気分が重い土曜日 [日常]

3月5日(土)  曇り  東京  16.3度  湿度60%(15時)

10時半、起床。
朝食は、ラズベリーパイとコーヒー
IMG_6290.JPG
シャワーを浴びて髪と身体を洗う。

昨日から悩んでいた原稿の大幅改稿要請の件、出版社の担当編集者に、原稿取り下げ&執筆自体のメールを出す(詳細別記)。

13時半、NHK(総合)の記者さんから取材の電話。
20分ほど話をする。

遅い昼食は、戸棚にあった古いマカロニを茹でて、ベーコントマトのソースを作ってかける。
IMG_6292.JPG
賞味期限が2009年だったが、まずまず食べられた。

今日も、心身のコンディションが良くないので、仕事はしないことにする。

夕食は、豚の生姜焼きを作る。
IMG_6294.JPG
ちゃんと作ったので、おいしくできた。
野菜が足りないので、もやし炒め。
IMG_6295.JPG

風呂に入って温まる

夜中、執筆依頼に対するお返事メールを書く。
1つは、悩んだ末にお断り(詳細別掲)。
ただし、代替案を提示。
1つは、快くお引き受け。

就寝、3時半。

なぜ今、精神医学専門誌が「LGBT」特集? [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月5日(土)

精神医学の専門雑誌が「LGBT」を特集するとかで、執筆依頼のメールが来たがお断りした。
なぜなら、依頼の論題が「日本の歴史に見られるLGBT」だったから。

他の本にも書いているが、私は基本的に「日本の歴史の中にLGBTはいない」という立場を取っている。
もう少し丁寧に言うと、歴史学を学んだものとして「LGBT」という現代の概念を、歴史を遡って適用するのは無意味であり、むしろいろいろな誤解を招き、危険であると考えているから。

もちろん、歴史の中には、同性間性愛や異性装(女装・男装)という現象はしばしば見られる。
しかし 、それは現代のLGBTとはかなり異なるもので、その異なる部分に歴史文化的な意味があると考える。

それにしても精神医学の専門誌が、今なぜ「LGBT」特集を組むのだろう。
まだ脱精神疾患化を果たしていない部分を含むTはともかく、LGBはもうかなり以前、1990年代に完全に脱病理化して、いかなる意味でも病気ではなく、治療の対象でもない。
つまり、LGBについては精神医学が首を突っ込む余地はないはずだ。

まあ、心理的支援ということなのだと思う。
微妙にきな臭い物を感じてしまったのは、私の思い過ごしだろう。

【追記(7日)】
私が提起した代替案を編者の先生&編集部が受け入れてくれたので、「同性間性愛・異性装文化の普遍性」という論題で執筆することになりました。
「微妙なきな臭さ」にしっかり水をかけるためにも、執筆したほうが良いと考え直しました。