So-net無料ブログ作成

4月26日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第3講「『性』と社会を考える(2)―セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月26日(火) 晴れ  東京  25.1度  湿度47%(15時)

8時半、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
IMG_7354.JPG
シャワーを浴びて、髪と体を洗う。
髪はブローしてにあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
IMG_7358(2).jpg
10時40分、家を出る。
今日も暖かい。
もっと薄着でよかった。
東急目黒線からいつもは都営地下鉄三田線に入るのだが、今日は東京メトロ南北線で行ってみる(少し安い)。
永田町駅で半蔵門線に乗り換えて、神保町駅へ。
う~ん、時間的にはあまり変わらないけど、やっぱり永田町駅の乗り換えが面倒だ。
神保町の裏通りを歩いて駿河台下の明治大学へ。
IMG_7360.JPG
今日は6年目にして「発見」した、裏口から入る。
11時55分、講師控室に到着。
レジュメは2枚×360部を印刷。
コンビニで買ったお握りで昼食。

今日は教室のリバティホール(大講堂)を就活セミナーで12時55分まで使っていて、レジュメのセットや、パワーポイントのセッティングなどの事前準備ができない。
3コマ目は13時開始なのに、実際に教室に入れたのは12時57分。
3分間で360人に、レジュメとコメント票を配布するのは不可能。
結局、講義開始は7分遅れ。

しかも、就活セミナーの人たち、重い教卓を舞台の袖に片寄せたまま、いなくなってしまった。
それを力いっぱい押して、所定の位置(中央)に移動するだけで、もう大汗。
なんで、準高齢者の講師にこんなことをさせるのだろう(泣)。
明日は筋肉痛だなぁ。

13時07分、講義開始。
まず、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを片付ける。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (4)ジェンダー概念の問題性
-------------(ここから)-------------------------
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り35分で、第3講「『性』と社会を考える(2)―セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。
1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性 
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

毎度のことながら「セクシュアリティの構築性」のところで、性的欲望と羞恥心の歴史的変化を、「乳」のイメージの変遷を例に丁寧に解説していたら、時間がなくなってしまった。
性欲があることは生物としての人間の本能的なものだが、性欲の質(何に欲情するか?)は社会的・文化的に構築された部分が大きいという話。
セクシュアリティ論の大事なポイントなので、どうしても話過ぎてしまう。
第2・3講が残ってしまうのは、毎年のことで織り込み済だが、もう少し進みたかった。
やはり、今日はスタートのロスが響いた。

講師控室に戻って、残りレジュメの整理とコメント票の仕分け作業。
15時30分、辞去。
(続く)


4月25日(月)某出版社へ [お仕事(執筆)]

4月25日(月)  曇り  東京  23.1度  湿度38%(15時)

10時、起床。
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の洋梨のデニッシュとコーヒー。
15081020(1).jpg

化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。

12時半、家を出る。
この季節、いつも楽しみにしているお宅のつつじが見事。
IMG_7341.JPG

東急目黒線、東京メトロ南北線、都営大江戸線を乗り継ぐ。
麻布十番駅の乗り換えが遠い・・・。

詳しくは書けないが、某出版社へ。
出版のお願い。
頭を下げてお願いするのは、心理ストレスが強い。

帰り道、編集者さんとカフェでおしゃべりをして、少し気が晴れる。

東銀座駅まで歩き、メトロの日比谷線に乗る。
昼食を食べ損ねたので、とてもお腹が空いた。
乗り換えのついでに中目黒駅で降りて、駅前の「吉そば」へ。
IMG_7350.JPG
IMG_7348.JPG
↑ かき揚げ天そば(350円)。
立ち食いだが、お値段を考えれば味はまずまず。

18時、自宅最寄り駅前で家猫さんと待ち合わせ。
買い物をして、いっしょに帰る。

夕食は、ラム肉の漬け焼き。
IMG_7351.JPG
野菜炒め。
IMG_7352.JPG
ラムチョップのハーブ塩焼き(撮り忘れ)
白魚のお刺身(美味)
IMG_7353.JPG

食後、「連れ込み宿」データベースの補充(20点ほど)。
お風呂に入って温まる。

就寝、3時。

4月24日(日)家でラーメン [日常(料理・食べ物)]

4月24日(日)  曇り  東京  19.0度  湿度31%(15時)

12時半、起床。

朝昼ご飯は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のクリームロールとコーヒー。
IMG_7337.JPG

午後、「連れ込み旅館」広告の画像データーベースを作成作業。
夕方、やっと一段落。

夕食は、醤油ラーメンを作る。
IMG_7338.JPG
「東急ストア」で売っていた麺と汁のセットを茹でて、野菜炒めと焼豚。
お店で食べるのに比べたら、ずっとシンプルだけど、自分の好みに作れるから、おいしく感じる。

少しくつろいで、NHK海外ドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」を見る。
相変わらず人がたくさん死ぬ。
1620年頃のフランスって、こんなに殺伐としていたんだ。
まあ、日本もまだ戦国の遺風が残っていた時代だけど。
今夜(第4回)はミレディ様は出てこなかった。

お風呂に入って髪を洗う。
就寝、3時。

「連れ込み旅館」広告の画像データーベース [性社会史研究(連れ込み旅館)]

4月24日(日)

金曜日の夜から週末を費やして、1953~56年(昭和28~31)の東京の「連れ込み旅館」広告の画像データーベースを作る。

5年ほど前に同じようなものを作ったのだが、パソコンのトラブルで失われてしまい、一から再構築。

『内外タイムス』に掲載されている広告から抜粋してスキャニングしていく。
前回はデジカメで撮影していたので画像に歪みがあったが、今回は歪みが少なく画像の精度も高い。
また、前回は入っていなかった掲載年月日も記録して、学術的使用に耐えられるようにする。
2日夜鍋して(眠るのは朝7~12時)、350点ほどを収集。
まだ少し拾い残しはあると思うが、やっと一段落。

かなり疲労・・・。
でも、これで後が楽になる。
このデータベースを基に、この時期の東京の「連れ込み宿」の設備と立地を分析した論考を書くつもり。

参宮橋(みやこホテル・19560304).jpg
↑ 参宮橋「みやこホテル」(1956年03月04日)
お風呂がたくさんある旅館。
しかも、25→30→35と増えていく。

麻布霞町(霞ホテル・19531030).jpg
↑ 麻布霞町「霞ホテル」(1953年10月30日)
麻布霞町で都電6系統(渋谷~新橋)、7系統(四谷三丁目~品川駅前)がクロスする。
当時の交通路としての都電の重要性がわかる広告。

渋谷(山のホテル・19550702).jpg
↑ 渋谷「山のホテル」(1955年07月02日)
渋谷の道玄坂上にあるホテルだが、すっかり高原の山荘のイメージ。

蒲田(川梅・19560621).jpg
↑ 蒲田「川梅」(1956月06月21日)
謎の「ヨーマ風呂」。
「ローマ風呂」の誤植かと思うが、何度も出てくる。

男性ホルモン注射剤の広告(『内外タイムス』1954年8月4日) [性社会史研究(一般)]

4月23日(土)
「1本の注射で1カ月有効!」
持続性 強力男性ホルモン注射剤「デポ-エナルモン」の新発売を告げる大きな広告(帝国臓器)。
男性ホルモン剤(『内外タイムス』19540804).jpg
掲載誌は『内外タイムス』1954年(昭和29)8月4日号。
男性ホルモン注射剤の大量生産・大量販売が始まった時期がこの頃であることがわかる。

ただ、不思議なのは、この大きな広告が医学雑誌ではなく、現代で言えば『日刊ゲンダイ』に相当するナンパ系の一般紙の娯楽頁(多分に性風俗を含む)に掲載されていること。

ちなみに、すぐ隣は浅草や新宿のストリップショーの広告。
SCN_0046 (2).jpg
ということは、この男性ホルモン剤の広告は、ストリップショーが大好きな性行動が旺盛な男性向けなのかもしれない。

でも、経口剤ではなく注射剤・・・。
当時は、現在よりも注射器・注射針の管理が甘く(というか、ほとんどなく)自己注射が広く行われている状況があった。
たとえば、ヒロポン(覚醒剤)の自己注射とか(ヒロポンは、1951年に「覚せい剤取締法」がされて原則禁止)。

つまり、精力を維持したエロオヤジが、この広告を見て男性ホルモン注射剤を購入し、自己注射していたのではないか?という推測が浮かぶのだが、どうだろう。

それにしても、この広告から60年後、女性として生まれた人が「治療」の名のもとに男性ホルモン注射剤を大量に使用する時代になるとは、薬剤開発者は夢にも思わなかっただろう。


4月22日(金)鍼がずーんと来る [日常(通院)]

4月22日(金)  曇り  東京  23.7度  湿度60%(15時)

11時半、起床
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
朝食は、ダークチェリーパイとコーヒー。
IMG_7312.JPG
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
IMG_7316(2).jpg

14時15分、家を出る。
今日も暖かい。
たんぽぽの綿毛が飛んでいる。
もう春も終わりなんだなぁ。
IMG_7314.JPG

東急東横線で渋谷に出て、東京メトロ半蔵門線に乗り換えて表参道駅で下車
15時半、北青山の「ポルクス整骨院」へ。
S先生曰く「なんだか体が冷えてますね」。
肩と腰を中心に鍼・灸治療。
今日は、ずーんと来る鍼が多い。
自分が思っているより、あちこち凝っていて、疲労が溜まっていたようだ。
その後、オイルマッサージとストレッチ。
脹脛もけっこう張っている。
サービスで10分延長、じっくり施術してもらって、だいぶ循環が良くなった。

16時半過ぎ、辞去。

昨日から食欲がなかったのだが、循環が回復して急に食欲が出てきた。
治療院のすぐ脇の路地の奥のインド料理「ディップマハル・青山店」で遅い昼食
IMG_7321.JPG
IMG_7320.JPG
↑ レディース・ターリーセット(1000円)。
カレーは、エッグキーマとチキンのミディアム・ホット。
すいません、また嘘をついてしまいました。

18時、家猫さんと「東急ストア」で待ち合わせして買い物。
19時 帰宅。

夕食は、麻婆茄子を作る。
IMG_7322.JPG
丁寧に作ったので、おいしくできた。

それと、竹の子の煮物。
IMG_7323.JPG

お風呂に入って温まる。

夜中、1953~56年(昭和28~31)の東京の「連れ込み旅館」広告の画像データーベース作成に着手。

就寝、6時半。


米バージニア州控訴裁判所判決「体の性と同じトイレ使うべきことを強要するのは差別」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月21日(木)

アメリカにおけるトランスジェンダーのトイレ使用問題。
ちなみに、日本では、今回の控訴審判決の判断の根拠になった「教育での性差別を禁じた法律」すらない。
-----------------------------------------------------
「体の性と同じトイレ使うべきと強要=差別」 米裁判所

体と心が一致しない「トランスジェンダー」の高校生が、学校でどのトイレを使えるかが争われた訴訟で、米バージニア州にある控訴裁判所は19日、地元の教育委員会の「体の性と同じトイレを使わなければならない」という規則が、教育での性差別を禁じた法律に反するという判決を言い渡した。

米メディアによると、この法律によってトランスジェンダーの権利が保護されると控訴裁レベルで認められたのは初めて。米国では現在、トランスジェンダーの人たちのトイレ利用が注目されており、他の州にも影響がありそうだ。

今回の訴訟は、女性の体で生まれ、現在は男性として生きる生徒が起こしていた。生徒は学校側にトランスジェンダーであることを伝え、男子トイレを利用していた。地域の住民から「他の生徒のプライバシーが侵害される」「トイレ内の事件につながる可能性がある」などの意見が出たため、教育委員会は2014年末に、使うトイレは体の性で判断する規則を決めた。生徒が男子トイレの利用を求めて提訴し、一審では敗訴していた。

19日の判決は、教育における性差別の禁止を定めた法律をめぐり、連邦政府が15年に「トランスジェンダーの生徒については一般的に、心が一致する性で扱わなければならない」と発表していることを重視。教育委員会の決定はこれに反していると述べ、生徒の権利を認めなかった一審判決を破棄した。

米国ではこの1~2年でトランスジェンダーの権利が重視されるようになる一方、トイレの利用を体の性別に限定させる動きも出ている。ノースカロライナ州では3月、学校のトイレなどについてこうした利用を義務づける法律が成立したが、「差別につながる」として、複数の企業が同州への進出を断念したり、ミュージシャンのブルース・スプリングスティーンらが州内の公演を中止したりしている。ノースカロライナ州は19日に判決を出した控訴裁の管轄内にあり、判断は同州にも効力を及ぼす。(ニューヨーク=中井大助)

『朝日新聞』2016年4月20日11時16分
http://www.asahi.com/articles/ASJ4N2GMQJ4NUHBI00B.html

英南部の小学校、児童に「ジェンダー選択」求める [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月21日(木)

「学校が誰にとっても安全な場所であることを確かにする手助けをしたい」
という考え方、とても重要。
トランスジェンダーの児童にとっても、学校は安全な場所であるべきだ。
----------------------------------------------------------
英南部の小学校、児童に「ジェンダー選択」求める

【4月21日 AFP】英イングランド(England)南部ブライトン(Brighton)の小学校が、同校に通う4歳以上の児童の保護者に対し、「児童の自己認識と最も一致」するジェンダー(社会的な性)を選ぶよう求めている。地元市議会が20日、述べた。

ブライトン・ホーブ市議会(Brighton & Hove City Council)のエマ・ダニエル(Emma Daniel)議員は声明で「親や保護者に、子どものジェンダーを男性および女性から選ぶよう求めている」と述べた。

また「問い合わせへの対応として、包摂的なアプローチを示すために、性別認識の項目に追加の文章を付け加えた」とし、入学届出書のジェンダーの項目は、子どもが「その他の性自認」の場合、空白にしておくことができるという。

ダニエル議員は「全国のトランスジェンダーの多くが、学校でいじめられたことを報告している」と説明し、「われわれとしては、学校が誰にとっても安全な場所であることを確かにする手助けをしたい」と述べた。(c)AFP
.
「AFP」2016年04月21日 23:11 発信地:ロンドン/英国
http://www.afpbb.com/articles/-/3084828?cx_part=txt_topics

三重県伊賀市で「同性パートナーシップ宣誓制度」開始。全国で3番目 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月21日(木)

この1週間、地震ブログ化していたので、その間の資料を収集。
--------------------------------------------
伊賀市が「3番目」になるとは、昨年11月の段階では誰も予想できなかったと思う。
地方都市でも、その気になれば、実現可能というお手本。

ただ、自治体レベルの「証明書」交付が増えていくのは悪いことではないが、国政レベルの議論が遅々として進まないのが気がかり。
本筋はそっちなのに。
--------------------------------------------
理解を願い、希望の一歩 伊賀市で同性パートナー公的書類1組目
三重県伊賀市.jpg
手渡された受領証を掲げるカップル=伊賀市役所で

同性カップルを「パートナー」と認め、公的書類を交付する制度を四月から伊賀市が始めた。LGBT(性的マイノリティー)への理解を深め、多様性のある社会を実現するのが目的。東京都世田谷区、渋谷区に続いて全国三例目で、十五日には一組目となるカップルが受領証を受け取った。

十五日午後、市役所一室で岡本栄市長から受領証を受け取ったカップルは、戸籍上はともに女性。一人は体と心の性に違和感を覚える「トランスジェンダー」という。

「女とか男とかは関係ない。性別は気にしていない」と互いを大切に思う気持ちを強調し、目を見合わせてほほ笑んだ。

「当事者がいることは間違いない。でも手を挙げたり、声を上げたりしてくれるかどうかは確信がなかった」。市人権政策・男女共同参画課の田中克典課長は打ち明ける。

受領証は、市営住宅に入居する際や市立上野総合市民病院で活用することができる。同様の制度を既に始めている渋谷区や世田谷区はいずれも大都市。人口十万人に満たない伊賀市とは人口規模や街の雰囲気が違う。コミュニティーが狭いだけに、当事者が周りから興味本位の視線にさらされるのではという懸念もあった。

同性愛者であることを公表している東京都豊島区議の石川大我さん(41)は「都市部以外の自治体で、実際に制度を必要としているカップルが現れたのは大きいこと」と指摘する。「日本中全ての自治体に関係することで、取り組む必要があることをわかってもらいたい」と訴える。

伊賀市が制度開始を検討していると明かしたのは昨年末。実現に向け加速し、四月からの導入にこぎ着けた。二月に市議会に説明すると、議員からは「時期尚早」との意見が相次いだ。岡本市長は取材に「これが特別な関心を呼ぶことではない時代が来るのが良い」と強調し、制度を導入した理由を二つ示した。

一つは七万人を対象とした民間の調査で人口の約7・6%がLGBT当事者と推計されるデータが示されたこと。もう一つは市職員への人権調査で、千二百二十九人の回答者のうち、性別の欄で「男性・女性と回答しにくい方」としたのが1・1%(十三人程度)に上ったこと。岡本市長は「行政としては無視することができない。多様性のある社会は誰にとっても住みやすいはず」と話す。

津市に住むゲイの男性(30)は伊賀の制度に「驚きと希望」を感じたという。友人や親には同性愛者であることを明かしているが、当初は「からかわれるかもしれない」との不安もあった。パートナーがいれば、伊賀への移住も真剣に考えると言い、制度の全国的な広がりを願う。

市は啓発のリーフレットやLGBTの理解者であることを示す「ALLY(アライ)」と描いた啓発ステッカーを作り、民間との懇談会で制度への協力を求めるなどの対策を進める。

受領証を受け取った二人は記者会見で「希望」という言葉を口にした。「私たちが小さい一歩でも踏み出すことで、まちがっていない、正しいということの証明になったら」
(中山梓)
『中日新聞』2016年4月18日(三重)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20160418/CK2016041802000019.html
--------------------------------------------
20代女性カップルに「証明書」…伊賀市初交付

同性カップルを夫婦と同じようにパートナーと認める「証明書」の交付制度を始めた三重県伊賀市は15日、市内在住の20歳代の女性カップルに第1号の証明書を交付した。西日本の自治体では初めてのケース。

市内に住む20歳以上の同性カップルが対象で、宣誓書に署名すると、証明書にあたる受領証を渡す「伊賀市パートナーシップ宣誓制度」。性的少数者(LGBT)支援の取り組みとして1日から始めた。

2人は約5年前に知り合い、昨夏から同居。交付を受けた後、「私たちのような女性同士の関係を証明してもらえる制度。大きなことです」「すごくうれしい。支援が広がり、過ごしやすい環境になるよう願います」と喜びを語った。

同様の公的書類の交付は東京都渋谷区、世田谷区が昨年11月から開始。兵庫県宝塚市も6月頃、那覇市も7月開始を目指している。

『読売新聞』2016年04月16日
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160416-OYO1T50003.html

九州中部(熊本県~大分県)の地震活動(その3、21日~22日) [地震・火山・地質]

4月21日(木)

この前、20日22時35分から約7時間近く震度3以上の地震がなく、21日になって震度3以上の地震の回数はかなり減ってきた。
しかし、震源域の拡大は止まっていない。

06時45分のM3.0(最大震度3)の地震の震源は大津町付近で、従来の震源集中域よりかなり北。
こうした北寄りの地震は、20日午後からいくつか起こっている。
20160421064910395-210645.jpg

また、南西への拡大傾向も続いていて、21時55分のM3.7(最大震度3)の地震の震源は、八代市の南部。
20160421215906395-212155.png

【追記(23日0時)】
21日、23時20分頃の四国沖のM4.3(最大震度3)の地震 あまり地震が起こらない場所だけに、ちょっと不気味・・・。

22日になって、地震活動は大幅に減衰。
もちろん、油断は禁物だが。 

----------------------------------------
(この前、20日22時35分から約7時間近く、震度3以上の地震なし)
4月21日
05時16分頃 大分県中部   M3.5 震度4 別府系
06時14分頃 大分県中部   M2.3 震度3 別府系
06時39分頃 大分県中部   M3.0 震度3 別府系
06時45分頃 熊本県熊本地方 M3.0 震度3 かなり北
07時03分頃 大分県中部   M2.7 震度3 別府系
08時48分頃 大分県中部   M2.6 震度3 別府系
11時17分頃 熊本県熊本地方 M3.1 震度3
12時20分頃 熊本県阿蘇地方 M3.0 震度3 阿蘇系
13時15分頃 熊本県熊本地方 M3.1 震度3
13時48分頃 熊本県阿蘇地方 M3.1 震度3 阿蘇系
18時43分頃 熊本県阿蘇地方 M4.2 震度4 阿蘇系
21時52分頃 熊本県熊本地方 M3.9 震度3
21時55分頃 熊本県熊本地方 M3.7 震度3 南西系
23時20分頃 四国沖     M4.3 震度3 不気味・・・。

4月22日
07時47分頃 熊本県熊本地方 M3.9 震度3
14時19分頃 熊本県阿蘇地方 M3.0 震度3 阿蘇系
16時41分頃 熊本県熊本地方 M3.5 震度3
17時39分頃 大分県中部   M3.0 震度3 別府系
18時28分頃 熊本県熊本地方 M3.7 震度4