So-net無料ブログ作成

「yui ただひとつの家族を結ぶ」について [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月6日(水)

「yui ただひとつの家族を結ぶ」というサイトが一部で話題になっている。
CfSDFGQUYAAXP0x.jpg
「『子どもを諦めたくない』というセクシュアルマイノリティをつなぐマッチングサービス」とあり、新手のLGBT向け斡旋ビジネスと思われる。

いったい何を斡旋してくれるのだろう?
CfSDFKfVIAA4IYV.jpg
「共に夢を叶える相手をさがしませんか。」
「yuiは詳細なプロフィールから、未来の家族候補を探すことができるマッチングサービスです」
これだけ読むと、一般的な男女の婚活サービスかと思ってしまうが、あくまでLG(レズビアン、ゲイ)のための斡旋サービスなので、「結婚」ではなさそう。
ポイントはその下の記載。
「誰でもいいわけじゃない。親友や親戚のような関係を築きたい」
「顔の見えないドナーは不要」
とりわけ注目は「ドナー」。

「ドナー」とは「提供者」の意味で、骨髄や臓器移植の際に使われる言葉だが、いったい何を提供するのだろう?

ここまできて、「ああ、そうか」と気づく。
この「yui」という組織は、子供が欲しいレズビアンに精子を、子供が欲しいゲイに卵子(と子宮)を提供する人(ドナー)を斡旋するビジネスなのだ。

しかも、その斡旋料がすごい!
CfSDE8KUsAAX9Or.jpg
入会金が31万円。
月会費が3万5000円。
一番安い「3カ月に6人」を紹介するコースだと41万5000円。
高い「12カ月で25人に会う」コースだとなんと73万円。
富裕なL・Gには屁でもない金額だろうが、貧しいTには目が回るような金額。

不思議なのは、これだけ具体的かつ高額の価格を提示しているのに、事業主体の情報がまったくないこと。
これは怪しい・・・。

そこで「子どもを諦めたくない人へ」で検索すると、5つ目に「セクシュアルマイノリティのための家族会議 『子どもを諦めたくない人へ』」という会合(組織?)がヒットした。
http://koyuki-higashi.blog.jp/archives/56954580.html
CfQ1fOMUEAAvSCD.jpg
あれ、これは著名な「LGBT活動家」の東小雪さんのブログではないか。
「yui」と「家族会議」は、桜並木の下を散策する家族の絵がまったく同じで、同一基盤の事業であるのは間違いない。
CfQ1fOMUEAAvSCD (2).jpg
推測するに、3月26日に開催された「セクシュアルマイノリティのための家族会議」の発展形が「yui」なのではないだろうか。
「yui」に東小雪さんが関わっていることは、マーガレット小倉さんや永易至文さんも指摘しているので、まず間違いないところだろう。

東小雪さんといえば、年初にゲイカップルのために代理母出産を斡旋するビジネスセミナーを開催して、多方面から批判された方だ。
(参照)2016年1月21日「ゲイカップルのための代理母ビジネスをレズビアンカップルが推進することへの疑問」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2016-01-22-2

今回の精子(卵子)提供者斡旋ビジネスも、禁止する法律はなく違法ではない。
しかし、厚生科学審議会生殖補助医療部会「精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療制度の整備に関する報告書」(2003年4月)では「精子・卵子・胚の提供に係る一切の金銭等の対価を供与すること及び受領することを禁止する」としている。
そして、この規定が「精子・卵子・胚の提供をめぐる商業主義的行為を防止するため」に設定されたことが明記されている。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/04/s0428-5a.html
つまり、精子・卵子の提供を「斡旋」という形でビジネス化することは、違法ではなくても「脱法」行為の疑いが強い。

上記の「報告書」で「精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療を受ける条件」として「子を欲しながら不妊症のために子を持つことができない法律上の夫婦に限る」としていて、同性愛カップルの存在はまったく想定されていない。
その点は、大いに問題ではあるが、だからといって、同性愛者のカップルが何をしてもいいというわけではない。

なぜ、こういう倫理的にデリケートで、法的にも微妙な事を安易にビジネス化しようとするのだろう?
ひとつ間違えば、と言うか、もうすでに怪しいブラック・ビジネスの臭いがかなり漂っている。
危ない橋を渡ってでも大金を稼ごうというのは、ご本人の勝手だ。
でも、そういうことを「LGBTアクティビスト」の名義でしてほしくないと思うのは、私だけではないだろう。

(追記)
ここで掲げた「yui」のサイトの内容、文字通り「一夜の内に」消えてしまった。
いったいなんだったのだ?
ますます怪しいではないか・・・。

レスリー・キー氏「OUT IN JAPAN」1000人撮影達成 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月5日(火)

渋谷某所のスタジオ。
シンガポール出身の写真家レスリー・キー(Leslie Kee)氏撮影による、日本のLGBTのカミングアウト・フォトプロジェクト「OUT IN JAPAN」の1000人撮影達成の現場に立ち会う。

IMG_7093(2).jpg
↑ 1000人目は、若い美形のMtFの「お嬢さん」(中田せらさん)。
IMG_7100(2).jpg
↑ 「ラスト・ショット!」、レスリーの声がスタジオに響く
IMG_7104(2).jpg
↑ 1000人撮影達成の瞬間。16時41分、舞う桜吹雪。
東京・大阪・福岡・名古屋・仙台と日本各地で9回の撮影会、1年がかりで第1次目標(1年間に1000人)を達成。
おめでとうございます。

1000人目の若い「お嬢さん」にお花(大きな桜の枝)を手渡す係を仰せつかる。
IMG_7106(2).jpg
老人から若者へ、LGBTの世代が継承される。

このプロジェクト、残念ながらT(MtF)の参加が少なかったが、第1次目標の1000人目の前後3人はMtFが並んだ。
IMG_7108(2).jpg
左から1001人目、999人目、1000人目。