So-net無料ブログ作成

熊本地方で大地震、益城町で震度7の激震 [地震・火山・地質]

4月14日(木)

熊本地方で大地震。
20160414213615395-142126.jpg
------------------------------------------------
14日21時26分頃、震源地は熊本県熊本地方(北緯32度44.5分、東経130度48.5分)で、
震源の深さは約11km、地震の規模(マグニチュード)はM6.5。
発震機構は南北方向に軸をもつ横ずれ型。

熊本県益城町で震度7、熊本市、玉名市、西原村で震度6弱を観測。
------------------------------------------------
震源の深さ11kmの典型的な直下型地震。
局地的だが被害が出ている可能性が高い。
震源は内陸なので、津波の心配はない。

22時06分頃、熊本地方で大きな余震。
M5.7、震度6弱を観測。

熊本地方は、1889年(明治22)7月28日にM6.3の地震があり、熊本城で被害が出たほか死者20人を記録した「熊本地震」があるくらいで、比較的被害地震が少ない地域。
激震の益城町の位置などから推定して、動いたのは阿蘇外輪山の西側斜面から宇土半島の先端に伸びる布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯の一部と思われる。
SCN_0033(2).jpg
震源の位置は、布田川(ふたがわ)断層帯と日奈久断層帯が分岐するあたり。

【被害】
益城町を中心に倒壊家屋がかなりあるようだが、夜間で被害の確認が難しいのが心配。
倒壊家屋を確認して、下敷きになっている人を早く救出しないと・・・。

23時20分、NHKのヘリコプターによる益城町の空撮映像。
燃えている家が2軒、見える。
塀もしくは壁が倒壊している建物が見える。
ほぼ全域で停電。
暗闇の中で、何軒の家が倒壊しているのか?
建物が倒壊して道を塞いでいる。
屋根瓦が落ちている家もある。

0時03分頃、最大震度6強の大きな余震。
M6.4で、本震とほとんど同じ規模。
これだけ大きな余震が連続すると、被害がますます拡大する。

0時25分の情報。
九州新幹線の回送列車(6両編成)が、熊本市の車両基地に向かう途中で6両とも脱線。
益城町の倒壊家屋は10数軒、火災は6カ所。

0時46分の情報。
熊本赤十字病院で、地震被災者1名死亡。

道路がひどく陥没している箇所があり、もしかすると地震断層が地上に現れている可能性がある。
明日朝になって空中から観察するとわかるだろう。

1時10分、死亡確認3名に。

【余震活動】
2016年04年14日
21時26分頃 熊本県熊本地方 M6.4 震度7  本震
21時37分頃 熊本県熊本地方 M3.9 震度4
21時42分頃 熊本県熊本地方 M4.9 震度4
21時53分頃 熊本県熊本地方 M4.0 震度4
22時00分頃 熊本県熊本地方 M3.0 震度2
22時03分頃 熊本県熊本地方 M3.3 震度2
22時07分頃 熊本県熊本地方 M5.7 震度6弱  大きな余震
22時09分頃 熊本県熊本地方 M4.3 震度4
22時16分頃 熊本県熊本地方 M4.2 震度4
22時19分頃 熊本県熊本地方 M3.3 震度3
22時22分頃 熊本県熊本地方 M4.6 震度4
22時26分頃 熊本県熊本地方 M3.6 震度3
22時31分頃 熊本県熊本地方 M3.3 震度3
22時38分頃 熊本県熊本地方 M5.0 震度5弱  大きな余震
22時51分頃 熊本県熊本地方 M3.5 震度3
23時00分頃 熊本県熊本地方 M3.3 震度3
23時28分頃 熊本県熊本地方 M4.4 震度4
23時43分頃 熊本県熊本地方 M5.0 震度4
00時03分頃 熊本県熊本地方 M6.4 震度6強 本震並みの大きな余震
00時13分頃 熊本県熊本地方 M3.9 震度3
00時20分頃 熊本県熊本地方 M4.0 震度3
00時34分頃 熊本県熊本地方 M4.5 震度4
00時47分頃 熊本県熊本地方 M3.3 震度3
00時50分頃 熊本県熊本地方 M4.2 震度4
00時53分頃 熊本県熊本地方 M3.8 震度4
01時08分頃 熊本県熊本地方 M3.9 震度3
01時21分頃 熊本県熊本地方 M4.0 震度3
01時53分頃 熊本県熊本地方 M4.8 震度5弱  大きな余震
01時59分頃 熊本県熊本地方 M3.6 震度3
02時14分頃 熊本県熊本地方 M4.2 震度3



夕食はインド料理の「JAGA」へ [日常(料理・食べ物)]

IMG_7255.JPG4月14日(木)
(続き)
夕食は、遅くなったので、家族を呼び出して外食。
新丸子駅西口のインド料理の「JAGA」へ。

サービスのスープ。
IMG_7252.JPG
カロンジ ムルグ カバブ。
カロンジ(ブラッククミン)をまぶして焼いたチキン。
IMG_7254.JPG
赤い辛いソースで食べる(美味)。
IMG_7255.JPG
今日のナンは巨大。
IMG_7257.JPG
カレーは4月のスペシャルのジンガ・ベンティ(海老とオクラのイエローベースのカレー)。
IMG_7256.JPG
海老の出汁が出ていてコクがあり、私好みの味でおいしい。
珍しく完食。

ああ、おいしかった。
IMG_7260.JPG

21時前、帰宅。
パソコンに向かっていたら、21時26分過ぎ、熊本で大地震の第1報。
テレビとネットで情報収集。
(詳細別記)

お風呂に入り、温まる。
就寝、3時。

4月14日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第1講「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」 [お仕事(講義・講演)]

4月14日(木)  雨のち曇り  東京  17.6度  湿度84%(15時) 

11時、起床。
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
朝食は、クリームロールとコーヒー。
IMG_7227.JPG
13時、化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。

14時、家を出る。
武蔵小杉駅まで歩く。
途中、咲き始めた八重桜を撮影。
IMG_7229.JPGIMG_7230.JPG
武蔵小杉駅構内の「讃岐うどん」で昼食。
IMG_7233.JPG
↑ かけ(並)+鶏天+れんこん天(590円)。

JR南武線14時34分発の南武線快速に乗車。
15時14分、立川駅に到着、15時14分発(2分延発)のJR中央線に乗り換え。
15時26分、国分寺駅で下車。

大学まで歩く。
IMG_7234.JPGIMG_7236.JPG
↑ 殿ヶ谷庭園の八重桜。

半年ぶりで、ずいぶん景色が変わっている。
殿ヶ谷の交差点の先の広い空き地だった場所に、巨大なマンションが建設中で、国分寺崖線が見えなくなった。

崖線の長い坂を平地と同じスピードで上がっても、ほとんど息切れしないので、体調はまずまず。

15時35分、国分寺の東京経済大学に到着。
正門の桜はもうほとんど散っている。
IMG_7238.JPG
欅や銀杏の若葉が目に眩しい。
IMG_7239.JPG
↑ 武蔵野のケヤキの若葉。
IMG_7241.JPG
↑ 銀杏並木も芽吹く。

コミュニケーション学部の「ジェンダー関係論」、早いもので今年で6年目。
昨年度は履修登録99名の最高記録だったが、今年度は大幅減少が見込まれる。
理由は明白で、今年度の1年生から適用される新カリキュラムでは「ジェンダー関係論」が無くなり、1年生が履修できなくなったから。
学生の側に受講したいという需要がどれだけあっても、実学志向を強める大学側は「役に立たない講義」は切り捨てる姿勢。

なので、レジュメは40部だけ印刷。
30部でもいいかなと思ったが、念のため。

14時20分、2016年度東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」開講。
第1講は「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」。
まず、シラバス(授業計画)のプリントを渡して説明。

次に、講師の自己紹介を兼ねて、私の今までの軌跡と研究してきたことについて話す。
時間の関係で、パワーポイントで写真を見せながら簡潔に。
--------------------------------
■ 私の軌跡 -新宿歌舞伎町の女装ホステスからトランスジェンダー研究者へ-
(1)性別違和感の自覚と女装技術の習得
(2)ネオンの似合う「女」になる
(3)トランスジェンダーの当事者として語る
(4)「女」性研究者としてのスタート
(5)大学の教壇に立つ
(6)海外に視野を広げる
(7)トランスジェンダー研究者として 
--------------------------------
最後に、ジェンダー研究の講義を受講する「動機づけ」として、「性」を考えることの意味について話す。
■ 「性」を考えることの意味
(1) 「生」と「性」の不可分性
(2) 「性」を内省することの必要性
(3) 性別二元社会の仕組みを知る
--------------(ここまで)------------------
(4) 女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5) 「性」を考えることの普遍性と今日性
--------------------------------
ちょっと説明が残ってしまったが、まずまずの進度。
17時50分、終了。

結局、受講生はわずか18名。
昨年度の5分の1の大幅減。
300人越えの明治大学に比べれば負担は少ないし、今年度はじっくり講義するのにちょうど良い人数だが、来年度は3、4年生だけになるので、おそらく受講生は5人前後になるだろう。
続けるべきかどうか悩むところ。

前期の木曜日(もしくは金曜日)、私に講義させてくれる大学はありませんか?

講師控室で後片付けをして、18時20分、辞去。

JR中央線国分寺駅18時23分の高尾行きが5分延発でホームにいたので乗りこむ。
立川駅でJR南武線18時42分発川崎行に乗り換え。
運良く分倍河原駅で座れた。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。
IMG_7249.JPG
(続く)