So-net無料ブログ作成

知っている人のような気がする [世相]

4月20日(水)
CgX_RRtUYAAyPfe.jpg
親子で東京大学ってすごいなぁ。
優秀な遺伝子が継承されるということは、社会的に良いことだ。

で、学部、どこなんだろう?
やっぱり、お父さんと同じ理Ⅲかな

それにしても息子さん、イケメンだなぁ。

画面下で切れているコメントは「それなりには稼いでいます」と判読できる。
「それなりに」って、どのくらいなんだろう?

もう一度言う。Transgender Prideは「私たちは病気ではない」という所から始まる [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月20日(水)

「Tokyo Rainbow Pride」が広報サイトで「Transgender/性同一性障がい」としている件、これが「Pride」でなかったら「ああ、またか」で放置したと思う。
http://tokyorainbowpride.com/whats-lgbt
でも「Pride」だから放置できない。
なぜならTransgender Prideは「私たちは病気ではない」という所から始まっているから。

つまり、「Pride」の「原点」を勝手に書き換ることになってしまい、「私たちは病気ではない」という主張を掲げて長年運動している欧米、そしてアジアのTの活動家たちに顔向けができない。
このまま通してしまったら、はっきり言って「日本の恥・汚点」だ。

こうした基礎的な間違いが「Tokyo Rainbow Pride」のような大きなイベントの広報で出てくるのは、日本の「LGB」活動家の「T」への無関心・無理解の現れだと思う。
さらには、その根底に「LGB」の「T」への蔑視があるのでは?と疑ってしまう。

「LGBT」と横並びに書いているけど、実際のところ、「LGB活動家」は「T」のことを接尾語くらいにしか思っていない、という説を裏書きしているようなもの。
そこまで軽視するのなら、いっそ、6色のレインボーの旗から1色抜いて5色にしたらいかが?と言いたくなる。

わかりやすく書こう。
「病理維持」派のgid.jpの山本蘭代表は「性同一性障害はトランスジェンダーではない」とはっきり言っている。
「脱病理」派の畑野とまとさんや私は「トランスジェンダーを性同一性障害とするのは間違い」と言っている。
つまり、どちらの主張からしても「Transgender/性同一性障がい」じゃあないわけ。

性別移行の当事者の多くがトランスジェンダーと性同一性障害は概念の基盤が違うと言っているのに、Tokyo Rainbow Prideが「Transgender/性同一性障がい」という説明をするのは、おかしいでしょう、性的マイノリティの当事者集まりである運動体がTの当事者の主張を無視するのはおかしいでしょう、ということ。

マイノリティの中のマイノリティであるトランスジェンダーにも「Pride」があるし、絶対に疎かにしてはいけない「筋」ってものがある。
今回の件は、単に用語の問題ではなく、LGBT運動の本筋に関わる問題だということ、「Tokyo Rainbow Pride」の関係者が理解できないのだとしたら、たいへん残念だし、とても悲しい。

【追記】
Tokyo Rainbow Prideのサイトの「LGBTとは」、Transgenderの部分については、先ほど(20日18時過ぎ)訂正されました。
迅速な対応、ありがとうございました。