So-net無料ブログ作成

男性ホルモン注射剤の広告(『内外タイムス』1954年8月4日) [性社会史研究(一般)]

4月23日(土)
「1本の注射で1カ月有効!」
持続性 強力男性ホルモン注射剤「デポ-エナルモン」の新発売を告げる大きな広告(帝国臓器)。
男性ホルモン剤(『内外タイムス』19540804).jpg
掲載誌は『内外タイムス』1954年(昭和29)8月4日号。
男性ホルモン注射剤の大量生産・大量販売が始まった時期がこの頃であることがわかる。

ただ、不思議なのは、この大きな広告が医学雑誌ではなく、現代で言えば『日刊ゲンダイ』に相当するナンパ系の一般紙の娯楽頁(多分に性風俗を含む)に掲載されていること。

ちなみに、すぐ隣は浅草や新宿のストリップショーの広告。
SCN_0046 (2).jpg
ということは、この男性ホルモン剤の広告は、ストリップショーが大好きな性行動が旺盛な男性向けなのかもしれない。

でも、経口剤ではなく注射剤・・・。
当時は、現在よりも注射器・注射針の管理が甘く(というか、ほとんどなく)自己注射が広く行われている状況があった。
たとえば、ヒロポン(覚醒剤)の自己注射とか(ヒロポンは、1951年に「覚せい剤取締法」がされて原則禁止)。

つまり、精力を維持したエロオヤジが、この広告を見て男性ホルモン注射剤を購入し、自己注射していたのではないか?という推測が浮かぶのだが、どうだろう。

それにしても、この広告から60年後、女性として生まれた人が「治療」の名のもとに男性ホルモン注射剤を大量に使用する時代になるとは、薬剤開発者は夢にも思わなかっただろう。


4月22日(金)鍼がずーんと来る [日常(通院)]

4月22日(金)  曇り  東京  23.7度  湿度60%(15時)

11時半、起床
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
朝食は、ダークチェリーパイとコーヒー。
IMG_7312.JPG
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
IMG_7316(2).jpg

14時15分、家を出る。
今日も暖かい。
たんぽぽの綿毛が飛んでいる。
もう春も終わりなんだなぁ。
IMG_7314.JPG

東急東横線で渋谷に出て、東京メトロ半蔵門線に乗り換えて表参道駅で下車
15時半、北青山の「ポルクス整骨院」へ。
S先生曰く「なんだか体が冷えてますね」。
肩と腰を中心に鍼・灸治療。
今日は、ずーんと来る鍼が多い。
自分が思っているより、あちこち凝っていて、疲労が溜まっていたようだ。
その後、オイルマッサージとストレッチ。
脹脛もけっこう張っている。
サービスで10分延長、じっくり施術してもらって、だいぶ循環が良くなった。

16時半過ぎ、辞去。

昨日から食欲がなかったのだが、循環が回復して急に食欲が出てきた。
治療院のすぐ脇の路地の奥のインド料理「ディップマハル・青山店」で遅い昼食
IMG_7321.JPG
IMG_7320.JPG
↑ レディース・ターリーセット(1000円)。
カレーは、エッグキーマとチキンのミディアム・ホット。
すいません、また嘘をついてしまいました。

18時、家猫さんと「東急ストア」で待ち合わせして買い物。
19時 帰宅。

夕食は、麻婆茄子を作る。
IMG_7322.JPG
丁寧に作ったので、おいしくできた。

それと、竹の子の煮物。
IMG_7323.JPG

お風呂に入って温まる。

夜中、1953~56年(昭和28~31)の東京の「連れ込み旅館」広告の画像データーベース作成に着手。

就寝、6時半。