So-net無料ブログ作成

「連れ込み旅館」広告の画像データーベース [性社会史研究(連れ込み旅館)]

4月24日(日)

金曜日の夜から週末を費やして、1953~56年(昭和28~31)の東京の「連れ込み旅館」広告の画像データーベースを作る。

5年ほど前に同じようなものを作ったのだが、パソコンのトラブルで失われてしまい、一から再構築。

『内外タイムス』に掲載されている広告から抜粋してスキャニングしていく。
前回はデジカメで撮影していたので画像に歪みがあったが、今回は歪みが少なく画像の精度も高い。
また、前回は入っていなかった掲載年月日も記録して、学術的使用に耐えられるようにする。
2日夜鍋して(眠るのは朝7~12時)、350点ほどを収集。
まだ少し拾い残しはあると思うが、やっと一段落。

かなり疲労・・・。
でも、これで後が楽になる。
このデータベースを基に、この時期の東京の「連れ込み宿」の設備と立地を分析した論考を書くつもり。

参宮橋(みやこホテル・19560304).jpg
↑ 参宮橋「みやこホテル」(1956年03月04日)
お風呂がたくさんある旅館。
しかも、25→30→35と増えていく。

麻布霞町(霞ホテル・19531030).jpg
↑ 麻布霞町「霞ホテル」(1953年10月30日)
麻布霞町で都電6系統(渋谷~新橋)、7系統(四谷三丁目~品川駅前)がクロスする。
当時の交通路としての都電の重要性がわかる広告。

渋谷(山のホテル・19550702).jpg
↑ 渋谷「山のホテル」(1955年07月02日)
渋谷の道玄坂上にあるホテルだが、すっかり高原の山荘のイメージ。

蒲田(川梅・19560621).jpg
↑ 蒲田「川梅」(1956月06月21日)
謎の「ヨーマ風呂」。
「ローマ風呂」の誤植かと思うが、何度も出てくる。