So-net無料ブログ作成

自民、LGBT法案の概要を策定 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月28日(木)

とりあえず情報収集。

『毎日新聞』が、自民党の基本方針について「憲法で同性間の婚姻を認めていないことを尊重したうえで、多様性を受容する社会を目指す。基本方針に基づきLGBTの理解促進に向けた議員立法を目指す」と述べていることが注目。
つまり、同性婚を否定する認識とLGBT理解促進法がバーターになっている。
LGBT基本法推進派のLGの人たちは、本気でこんな取引をしようとしているのだろうか?

2003年の「GID特例法」のまさに二重写し、再現フィルムになる予感。
いきなり法案が降ってきて、議論を深める時間もなく、拙速な可決成立を目指すこと、季節も4~6月でまったく同じ(通常国会の会期末)。

「お代官さま(自民党)がくれる饅頭(法案)は毒饅頭だ、食っちゃあならねぇ」という人たちと、「いや、毒饅頭でも食い物だ。腹空いてるんだから食うべえ」という人たちと、村は大分裂する。
結局、毒饅頭を食わされることになる。
やがて、毒がまわって口がしびれ何も言えなくなる(カミングアウトできなくなる)。

あの時、法律は一度、作ってしまうと、なかなか改正しにくいし、「独り歩き」し始める。だから慎重にならないといけない」と、いくら説いても、返ってくるのは「あいつは村(GID)の敵だ」という罵声ばかりだった。


-----------------------------------------
自民、LGBT法案の概要を策定 今国会にも提出へ

自民党は27日、性的少数者(LGBT)が抱える問題を検討する「性的指向・性自認に関する特命委員会」(古屋圭司委員長)を党本部で開き、政府がLGBTへの理解促進のための基本計画を定めることなどを盛り込んだ議員立法の概要をまとめた。早ければ今国会にも法案を提出する。

概要は、政府や地方自治体はLGBTへの理解促進に向け取り組む責務があると明記。政府に対しては、基本計画の策定のほか、関係省庁でつくる連絡会議の設置などを求めている。

委員会はあわせて、LGBTを取り巻く環境の改善や社会的支援の充実に向けた具体策を盛り込んだ政府への要望書も決定。「現行の法制度を尊重しつつ、網羅的に理解増進を目的とした諸施策を講ずることが必要」などとした党の基本的な考え方もまとめた。同性婚については「是非を含めた慎重な検討が必要」とした。

『産経新聞』2016.4.27 18:52更新
http://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270043-n1.html
-----------------------------------------
<性的少数者>憲法尊重、理解促す 自民基本方針

自民党の「性的指向・性自認に関する特命委員会」(古屋圭司委員長)は27日、LGBTなど性的少数者への差別解消に関する党の基本方針をまとめた。憲法で同性間の婚姻を認めていないことを尊重したうえで、多様性を受容する社会を目指す。基本方針に基づきLGBTの理解促進に向けた議員立法を目指すことも確認した。

基本方針では「婚姻は両性の合意のみに基づき成立する」と定め、同性婚を容認していない憲法24条や現行法を尊重したうえで、理解を促すための施策を講じると定めた。自民党は近く、基本方針に沿って法案を公明党と共同でまとめたい考えだ。自民党内の保守派の意見を踏まえ、LGBT差別の禁止や罰則などは盛り込まない理念法とする意向だ。

LGBTを巡っては、馳浩文部科学相(自民党)が会長を務める超党派の議員連盟が、LGBT差別禁止法案の提出を目指している。【加藤明子】

『毎日新聞』2016年04月27日 21:15

-----------------------------------------
自民がLGBT基本法まとめる

LGBTなど性的少数者への偏見について議論する自民党の「性的指向・性自認に関する特命委員会」(委員長=古屋圭司・元国家公安委員長)は27日、性的少数者への国民の理解が深まるよう基本計画作りなどを政府に義務づけた法案の概要をまとめた。差別禁止規定や罰則は設けていない。議員立法として今国会への提出を目指す。

概要では、恋愛感情がどの性別に向かうかを「性的指向」、自分の性別をどう認識するかを「性自認」と定義。性的指向と性自認の多様性を国民が理解し、尊重し合う社会の実現を目指す理念を掲げた。政府の基本計画の実施状況を国会に報告することも義務づけた。

東京都渋谷区などで始まった同性カップルを夫婦と同じような関係と認める「パートナーシップ制度」について、古屋氏は「ジェンダーフリー論とは一線を画す。両性の合意に基づいてのみ婚姻は成立するという憲法24条が前提だ」と述べ、導入を否定した。

性的少数者については、民進党が民主党時に、「性的指向」や「性自認」を理由にした差別を禁じる法案(骨子案)をまとめている。古屋氏は「我々の理念法とはだいぶん理念が違う」と述べ、修正協議には応じない姿勢を強調した。(岡村夏樹)

『朝日新聞』2016年4月28日07時10分
http://www.asahi.com/articles/ASJ4X2CSFJ4XUBQU00F.html
-----------------------------------------

4月27日(水)5月の爪はラベンダー色 [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

4月27日(水)  曇り  東京  21.8度  湿度62%(15時)

11時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_7369.JPG
シャワーを浴びて、髪と体を洗う。
髪はブローしてにあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。

13時過ぎ、家を出る。
駅までの道、つつじが満開。
IMG_7371.JPG
IMG_7373.JPG
IMG_7372.JPG
↑ これは何という花だろう?
(追記:モッコウバラとのことです)

東急東横線で学芸大学駅に移動。

14時、学芸大学駅西口のネイルサロン「プティマーナ」へ。
IMG_7378.JPG
迷った末に、ラベンダー色のグラデーションに、紫系のラメ。
160427 (1).JPG
↑ 私にしては上品な感じに・・・。
160427 (3).JPG
↑ 色味、もう少し濃くてもよかったかな。

DVDは「オーシャンズ13」(2007年、アメリカ)。
ラスベガスの超高級カジノホテルからダイヤモンドを盗む話。

いつも担当してくれる店長のIさん、5月半ばにグアム島で挙式とのこと。
おしゃべりの中でいつもは「ウチの彼が・・・」と言っていたのが、「ウチの旦那が・・・」になったのを、私は聞き逃さない。
おめでとう! ウェディング写真見せてね。
16時15分、辞去。

東口商店街の「かしわや」で遅い昼食。
IMG_7379.JPG
たけのこ天蕎麦(450円)。なかなかおいしい。

「仕事部屋」に寄って、郵便物の整理。
少し横になって休憩。

18時、自宅最寄り駅前で家猫さんと待ち合わせ。
買い物をして、いっしょに帰る。

19時、帰宅。
夕食は「東急ストア」で値引きで売っていた沖縄ハムの「トマトソース仕立ての豚肉ソーキ」パック。
沖縄フェアの売れ残りらしい。
IMG_7381.JPG
それほど期待していなかったが、おいしかった。
IMG_7382.JPG

お風呂に入って温まる。

夜中、竹の子のあく抜き。
IMG_7385.JPG

就寝、4時。

酒井泰斗ほか編『概念分析の社会学2: 実践の社会的論理』 [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月27日(水)
概念分析の社会学2.jpg
酒井泰斗・浦野 茂 ・前田泰樹・中村和生 編『概念分析の社会学2: 実践の社会的論理』(ナカニシヤ出版、2016年4月、3200円+税)。

鶴田幸恵さんからいただく(感謝)。

鶴田さんの論文「性同一性障害として生きるー「病気」から生き方へー」は、「性転換手術」(性別適合手術)を行うための「方便(手段)」だった「性同一性障害」概念が、「病気(医学概念)」として本質化していき、さらに「生き方」になっていくプロセスをエスノメソドロジー(会話分析)の手法で跡付けている。

前半部分、2006年にインタビューされた私の「語り」が何度も出てきて驚く。

同時に10年前に考えていた観察と分析が、今になって引用されるということは、そんなに間違っていなかったのかなと思う。

その点、読んでいて感慨深かった。

今期のジャイアンツの投手陣 [スポーツ]

4月27日(水)
ジャイアンツの現在のローテーション。

菅野智之 5試合 3勝0敗 0.68 大卒4年目(26歳)
高木勇人 5試合 2勝1敗 2.90 高卒→社会人2年目(26歳)
田口麗斗 5試合 1勝1敗 2.61 高卒2年目(20歳)
今村信貴 4試合 1勝0敗 2.45 高卒5年目(22歳)
ポレダ  4試合 1勝2敗 3.91 お雇い外国人2年目(29歳)

ローテーションを担うはずの、内海、マイコラス、杉内、大竹は故障や調整遅れで1軍にいない。
先発陣の一角と期待されたドラフト1位の桜井も2軍で調整中。

先発陣の平均年齢24.6歳で、30歳代は1人もいない。
今日、先発して初の完投勝利をあげた田口の背番号は90番、1軍投手の背番号じゃない。
20歳の高卒2年目がローテーションの3番手というところに、苦しい内情が現れている。

(中継)
マシソン 13試合 2勝 0敗 1セーブ7ホールド 3.14 お雇い外国人5年目(32歳)
山口鉄也 12試合 0勝 1敗 0セーブ8ホールド 1.59 育成枠から10年目(32歳)
戸根千明 10試合 1勝 0敗 1セーブ2ホールド 4.32 大卒2年目(23歳)
田原誠次 13試合 1勝 1敗 0セーブ3ホールド 5.11 高卒→社会人5年目(26歳) 

(抑え)
澤村拓一 13試合 3勝 0敗 7セーブ1ホールド 1.26 大卒6年目 (28歳)