So-net無料ブログ作成
検索選択

4月28日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第3講「『性』と社会を考える(2)ーセクシュアリティ論の基礎ー」 [お仕事(講義・講演)]

4月28日(木) 雨ときどき曇り  東京  15.4度  湿度99%(15時)

11時、起床。
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
朝食は、アプリコット・デニッシュとコーヒー。
IMG_7386.JPG
13時、化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
黒と錆朱の有松絞りのショール。

14時、家を出る。
小雨の中、武蔵小杉駅まで歩く。

武蔵小杉駅構内の「讃岐うどん」で昼食。
IMG_7387.JPG
↑ かけ(並)+鶏天+れんこん天(590円)。

JR南武線14時34分発の南武線快速に乗車。
15時14分、立川駅に到着、15時14分発(4分延発)のJR中央線に乗り換え。
15時27分、国分寺駅で下車。

雨なので、疲労を考慮して、タクシーで大学へ。

15時35分、国分寺の東京経済大学に到着。

講師控室でレジュメを印刷(32部)。
名簿が届き、履修者は30名。

14時20分、講義開始。
まず、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを片付ける。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (4)ジェンダー概念の問題性
-------------(ここから)-------------------------
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り40分で、第3講「『性』と社会を考える(2)―セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。
1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性 
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

大きく積み残し
第2・3講が残ってしまうのは、毎年のことで織り込み済だが、もう少し進みたかった。
17時50分、終了。

講師控室で後片付けをして、18時10分、辞去。
IMG_7388(2).jpg
↑ 今日は高湿度と低気圧のせいか身体が辛かった。

JR中央線国分寺駅18時23分の高尾行き(4分延発)に乗る。
立川駅でJR南武線18時42分発川崎行に乗り換え。
なんとか座れた。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

家族を呼び出して、自宅最寄り駅前前の「ふくや」で夕食。
天せいろそば&大せいろを注文して、家猫さんと半分こして食べる。
IMG_7393.JPG
↑ 左、普通のせいろそば、右、大せいろそば。
IMG_7392.JPG
海老天、大きい。

20時40分、帰宅。
疲れてしまい、2時間ほど熟睡。
0時、起きだして、お風呂に入り温まる。

夜中、東京「連れ込み旅館」広告のデーターベースの増補作業。
今まで1953~56年(昭和28~31)だったのを、1957年(昭和32)までに拡張。

就寝、7時。