So-net無料ブログ作成
検索選択

LGBTに広がる友情婚 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月15日(日)

「LGBTに広がる友情婚」って、『薔薇族』が創刊された頃(1971年)の話かと思った。
同編集長の伊藤文學さんが、「親のため」「世間の冷たい視線を逃れるため(世間体)」にゲイとレズビアンの「友情結婚」を盛んに勧めていたことを思い出す。

「結婚」の形は、基本的に個人の自由だから「友情婚」をするな、とは言えない。
しかし、それが「婚活オフ会」のような形で、斡旋・推奨されることには、かなり違和感を覚える。

伊藤文學さんの「友情結婚」推奨は、1981年、同性愛者から厳しく批判された。
なのに、それから35年以上経っても、同じようなことが行われている。

記事の中で永易至文さん言っているように、同性愛者が不本意な結婚をしなくてもよい社会を目指してきたはずなのに。

社会状況的に、また当事者の意識という面でも、あまりに変化がないことが哀しい。
--------------------------------------------
【特集】LGBTに広がる友情婚 新たなスタイル、批判も

「友情結婚」という言葉を聞いたことがあるだろうか。「同性愛者だけど親を安心させたい」「将来の不安を解消したい」といった理由で、「愛情」ではなく「友情」に基づき異性と行う結婚だ。LGBTと呼ばれる性的少数者の間で静かな広がりをみせている。ただ「実態は偽装」といった批判もあり、離婚を巡りトラブルになるケースもある。

 ▽婚活オフ会
3月の週末。東京都内のレンタルキッチンスペースで、ある友情婚サイトで知り合ったメンバーが実際に顔を合わせる「オフ会」が開かれた。同性愛者や性的欲求を持たないノンセクシャルの男女22人。年齢は20代前半から40代前半。お菓子作りを通し友情婚相手を探す“婚活”だ。4年前に活動を始めた「ひで」さんによると、会を重ねるごとに参加者は増えている。

出来上がったお菓子とお茶を囲み会話が弾む。「友情婚の条件は?」。自分の性別に違和感を持つ女性「syo」さんは「一緒に住むこと」。「バイセクシャル(両性愛者)のレズビアン(女性同性愛者)寄り」と自己紹介したYさんは「普通の結婚の性的なことがないバージョン」と答えた。ゲイ(男性同性愛者)のMさんは「ぼくたちの関係を一番にすることを理解してくれる人」と隣のパートナー男性の手を取った。

「相手に同性パートナーができたら?」。通常の結婚でもある浮気、不倫の問題だ。ゲイのTさんは「外で性欲の発散はあってもいい。最後は家庭に戻ることが条件」。ノンセクシャルの女性「てん」さんは「友情婚して人工授精で子供をつくりたい。ただ相手にパートナーができ家庭をおろそかにされないか心配」と漏らした。

 ▽不本意
同じLGBTからは戸惑いも。LGBTの生活支援のNPO「パープル・ハンズ」の永易至文事務局長(49)は「かつては親や世間体のため不本意ながら女性と結婚するゲイが大半だった。私たちは自分に正直に生きたいと思い始めた最初の世代として、そんなことをしなくていい時代を目指してきたんだけど…」と首をかしげる。「ぼくらのようにゲイ・アイデンティティーを振り立てる生き方が彼らには暑苦しいのかな」と苦笑い。レズビアン支援のNPO「coLLabo」の鳩貝啓美代表理事(50)は「社会がそうさせている面もあるので一概には否定できないが、私たちは同性との人生をありのままに生きたい」と話した。

冒頭の「ひで」さんは「LGBTの権利拡大に努めてきた人からは『逆向き』との指摘もあってしかるべき」としつつ「友情婚は自分の性的指向を前向きに捉え、新たなライフスタイルを歩む積極的な選択肢」と強調した。

▽渡る世間は…
LGBTの友情結婚問題に詳しい福岡県行政書士中橋優さんは(41)は「友情婚に関する相談は増えているが、ほとんど解消に関するもの」と明かした。「しかも複雑にもめる」。話し合いや調停の過程では、そもそも隠したかった性的指向などが暴露されるリスクもある。

友情婚の後に本当に好きなパートナーと出会った場合も問題だ。かつてゲイ男性と友情婚関係にあった関西地方のレズビアン女性から「本当に好きな女性パートナーができたから離婚したい」という相談があった。男性が拒否し、離婚話が進展しないうちにパートナーに去られた女性は「愛情の証し」と遺書を残し自殺した。

当人同士や親の扶養や介護、相続といった問題もあるが「そこまで考えてないケースがほとんど」と中橋さん。基本的に友情婚はしないように勧めている。ただ「じゃあどうすればいいの」という当事者たちの思いも分かる。

中橋さんの答えはこうだ。「酷なようだが、自分に正直に生きてとしか言えない。日本は過渡期。LGBTを受け入れる制度ができて社会は変わっていく」。当事者たちにはどう響くか。東京のオフ会参加者の何人かは口をそろえていた。「制度は制度。世間は違う」。(共同通信=松村圭)

「共同通信」2016年5月9日 16:00
http://this.kiji.is/102299165863544317

宝塚市の同性パートナー制度、6月1日から [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月14日(土)

6月1日から同性パートナーシップ制度を実施する兵庫県宝塚市(要綱)は、東京都渋谷区(条例)、同世田谷区(要綱)、三重県伊賀市(要綱)に次いで4例目。

こうした「要綱」による同性パートナー制度(世田谷区方式)は、「条例」によるもの(渋谷区方式)より、さらに法的実効性を持たない。

渋谷区方式ですら「地域振興商品券」(一応、お金の代わりに使えるが地域限定)と似たようなものだが、世田谷区方式はもっと通用性が低い。
子供銀行券」のようなものと言うと、また叱られてしまうが。

それを欲する同性パートナーの方にとっては重要なものだろうが、社会制度としての位置づけは客観的に言ってかなり低い(行政サービスとではあるが、社会制度と言えるかどうかはギリギリ)。

ところが、一般の人たちは、こうした報道がなされる度に、法的な実効性をもつ同性パートナー制度があちこちの自治体に広がっていると誤解してしまう。
たとえば「渋谷区に行けば同性でも結婚できるんだって」のような認識である。
ある意味、詐術的な効果と言えなくもない。

本当に法的実効性がある同性パートナーシップ制度を求めるならば、立法府(国会)と行政(内閣)にやる気がない現状では、「法の下の平等」を掲げて司法の場(裁判所)に訴えることが、いちばん早道だと思う。
しかし、なぜか誰も手を挙げないのが不思議だ。

いつも言うことだが、世の中、いつまでも「追い風」とは限らない。
勝負するなら、「追い風」の間に急ぐべきだと思う。
---------------------------------------------
兵庫)宝塚市の同性パートナー制度、6月1日から

宝塚市は13日、同性カップルを公的に「パートナー」と認定する制度を6月1日から始めると発表した。性的少数者(LGBT)への支援策の一環で、多様な生き方を認め合い、誰もが自分らしく暮らせるまちづくりをめざす。

市によると、同様の制度の実施は昨年11月からの東京都渋谷区と世田谷区、今年4月からの三重県伊賀市に続いて、全国4例目。7月には那覇市も開始を予定しているという。

宝塚市は、制度を条例化した渋谷区方式ではなく、「要綱」として定めた世田谷区方式を採用した。対象となるのは、互いを人生のパートナーとする20歳以上の独身の同性カップル。2人とも宝塚市在住か、1人は市在住で、もう1人が市への転居を予定していることなどが条件となる。

認定を希望するカップルは、市の担当職員の面前で署名した「パートナーシップ宣誓書」を、独身証明書など所定の添付書類とともに市長あてに提出。市長名の受領証が交付される。

市は今後、受領証を交付した同性カップルの市営住宅への入居応募を可能にするため、関連条例の改正を検討する。民間の不動産業者にも賃貸住宅への入居ができるよう働きかける。

市によると、最近は同性カップルを支援する企業が増えており、受領証を持つことで、携帯電話の家族割引や生命保険の受取人指定などが認められる可能性もあるという。

中川智子市長は「この制度は、性的少数者であることを家族や友達にも打ち明けられず苦しんでいる人たちに、一緒に生きていこうというメッセージになる」と話している。

■LGBT支援事業に賛否の声 市、広報誌・HPで啓発方針

宝塚市が本格化させる性的少数者(LGBT)への支援については、賛否の声が寄せられているという。市は広報誌7月号でLGBTの特集を組むほか、反対意見への回答を今後、広報誌やホームページに載せ、理解を求めていく方針だ。

市は昨年11月、新年度から取り組むLGBT支援事業を発表した。その後「差別や偏見がない国への第一歩となる」などの賛成意見や、「家族や結婚の制度が崩壊する」などの反対意見も寄せられているという。

市議会は今年3月、新年度予算案を予算委員会が可決した際、LGBT支援事業について「執行にあたっては事前に議会へ報告し、議論を経て決定するよう求める」との付帯決議をした。

今月12日の市議会の会派代表者会では、6月からパートナー制度を始めるとする市執行部の説明に対し、「反対意見がある中、啓発を進めて理解を深めてから始めるべきだ」「将来への不安から自殺も起きている。速やかに行動すべきだ」などと、議員の意見も分かれた。市執行部は啓発を同時に進めることを約束した。(鈴木裕)

『朝日新聞』2016年5月14日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASJ5F3FC1J5FPIHB008.html

渋谷「大向通」・「大映通」 [性社会史研究(連れ込み旅館)]

5月14日(土)

また、1950年代の渋谷のことを調べていたのだが、通りの名前が今と違いすぎで、戸惑うことが多い
「国際通り」が現在の「井の頭通り」(西武デパートA館とB館の間の道路)であり、その由来がA館の場所にあった「渋谷国際(映画館)」であることは、以前にも書いた。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2015-11-09

では「大向(おおむこう)通り」は?
渋谷(ホテルエコー・19531126).jpg
↑ 「ホテルエコー」の広告(1953年)
道案内に「大映先 大向通」とある。

これは、現在「東急百貨店・本店」(1967年開店)がある場所が、1960年代半ばまで「渋谷区立大向小学校」(その後、宇田川町に移転し、1997年に統合に伴い神南小学校に改称)だったことを知らないとわからない。

大向小学校は、高級住宅街の松濤と花街(かがい)の円山町の子供が一緒に学んでいた小学校で、大正期までは、周囲に「大向田んぼ」と呼ばれる水田が広がっていた。

つまり、「大向通り」は、現在の「文化村通り」の一部に相当する(「文化村通り」になるまでそ間は「東急本店通り」と言っていた)。
現在の「文化村通り」は東急本店のY字路で左(西)に折れるが、その部分は「栄通り」と呼ばれていた。
「大向通り」は、Y字路からさらに北西に進み、以前は「大向通り」に沿った両側が松濤町・神山町と宇田川町の間に細長く割り込む「大向通」という町だった(現在は松濤・神山・宇田川に分割して組み込み)。

その由来は古い字(あざ)名なのだが、現在、「大向」という地名がほとんど残っていない(渋谷区地域交流センター・大向と区立大向保育園くらい)ので、なかなか推測がつかない。

SCN_0155 (3).jpg
↑ 1961年頃の住宅地図「渋谷区立大向小学校」とその周辺。
学校の周囲には「連れ込み旅館」がたくさんあった。
左上部に広告の「ホテルエコー」が見える。

ところで、同じころの広告に「大映通」という名称も見える。
渋谷(ホテルニューフジ・19550624).jpg
↑ 「ホテル ニューフジ」の広告。
道案内に「大映通 消防署隣」とある。

稚拙な地図だが、「消防署」は1961年頃の住宅地図に見える「渋谷消防署栄通出張所」のことで、「大映通」が現在の「文化村通り(栄通り)」であることがわかる。
ちなみに、「ホテル ニューフジ」の場所は、住宅地図の左端「ホテル石亭」のある場所。

つまり「大向通り」=「文化村通り(栄通り)」=「大映通り」であり、「大映通り」は「大向通り」の異称ということになる。
先に紹介した「ホテルエコー」の広告に「大映先 大向通」とあるように、「大向通り」のランドマークは「渋谷大映(映画館)」だったので、「大映通り」という異称が生じるのは当然だった。

「国際通り」にしろ「大映通り」にしろ、1950年代の都市における映画館の重要性がよくわかる。

道玄坂下(1963)(6).jpg
↑「渋谷大映(映画館)」の場所(前掲の住宅地図の右隣)。
最近まで大型パチンコ店「マルハンパチンコタワー渋谷」があった(2016年1月17日閉店)。