So-net無料ブログ作成
検索選択

5月17日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月17日(火)  雨のち曇り  東京  20.5度  湿度100%(15時)

8時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の洋梨のデニッシュとコーヒー。
IMG_7892.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はよくブローしてにあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、裾にラインストーンが入った黒のレギンス(5分)、黒網のストッキング、黒のサンダル、焦茶のトートバッグ

10時35分、家を出る。
幸い雨は小降りに。
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入って、神保町駅へ。
歩いて駿河台下の明治大学へ。
IMG_7896.JPG
11時50分、講師控室に到着。
レジュメは360部を印刷。
コンビニで買ったお握りで腹ごしらえ。
12時25分、教室へ。
レジュメをセットして、パワーポイントセッティング

文学部事務室で履修名簿を印刷してもらう。
なんと384名。
360部刷っても、残り少なくなるはずだ。
職員さんに「大人数で大変ですね」と同情される。
だったら、2分割にしてよ。

13時、講義開始。

大量に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」を解説。
1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1) 身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
------------------(ここから)------------------------
   d ホルモンの性  
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2) 「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3) 性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation

残り25分で、ようやく第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。
1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 L/G/B/Tをめぐる諸問題
 (1)L/G/B/Tとは?
 (2)同性パートナーシップ/同性婚とは?
 (3)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (4)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (5)性別移行の「脱精神疾患化」

14時30分、終了。
頑張って遅れをかなり挽回。

講師控室に戻って、まず残りレジュメの整理。
続いて、コメント票を仕分けして、出欠を記入。
これだけで1時間20分、ほぼ1コマ分、サービス残業していることになる。
16時、辞去。
IMG_7895.JPG
遅い昼食は、駿河台下の「丸亀製麺」へ。
IMG_7897.JPG
↑ かけうどん(並)+鶏天+アスパラカス天(290+130+160円=580円)。
大きな1本揚げアスパラカス天、少し高かったが、好物なので・・・。
なかなかおいしかった。

その後、「すずらん通り」の「サンマルクカフェ」でコーヒーを飲みながら、前回の出欠記入。
(続き)